FC2ブログ
 

ローズミンタラ

嵐が去って

札幌ドームで3日間 開催された【嵐】のコンサートが終了しました。

この3日間は、札幌ドームの内外ともに嵐が吹き荒れたました。

友人曰く、「ダブル嵐旋風」の到来。

なるほど、うまく言い当てています。

 

ドーム内のことはよく分からないのですが、ドームの外は雪が毎日降ってはいたものの、大荒れにはならずにホッとしたものです。

 

s-1196-1.jpg

(15日、朝の風景です)

一晩で、あたり一面を真白の世界に塗り替えてしまうのですから、「雪の力は凄いなー」と思います。

もし、塗装屋さんが白く塗るとしたら、一体、何人分の仕事をしたことになるんでしょうか?

人件費に換算すると、いくら?

 

s-1196-2.jpg

(16日朝の風景です)

10cm程度 積もったでしょうか?

予想では3050cmと言われていたので、この程度で「よかった!」

この冬、初めての除雪車が出動しました。

もしかすると、先の、「塗装の人件費は、除雪の人件費とイコール」という式が成立するのかもしれません。

 

s-1196-3.jpg

(17日朝の風景です)

降るには降ったのですが、わずかです。

【嵐】のコンサート終了とともに外の嵐も静まったようです。

ダブル嵐が過ぎ去りました。

積もった雪は、もう、「根雪」なんでしょうかね。

春までは、遠いな~!

 


PageTop

嵐が来た

今日は、札幌ドームで【嵐】のコンサートの日です。

全国から5万人が来たのだそうです。

でも、そのお話ではありません。

お天気の「嵐」のことです

 

道新の夕刊に「道内今夜から大荒れ」の見出し。

s-1195-1道内今夜から大荒れ20191114夕刊


昨夜から、その予兆がありました。

風が強く、起き抜けに窓の外を見ると脚立が風で倒されていたのです。

s-1195-2.jpg


この上に雪が積もられては、バラがぺちゃんこになる。

竹の支柱を持ち出し、大慌てで補強しましたよ。

s-1195-3.jpg


14日の18時現在、驚くような大荒れは感じられないのですが、

新聞記事によると

14日午前6時からの24時間降雪量は日本海側で最大40センチ、15日午前6時からの24時間降雪量は日本海側で最大70センチに上る見込み。・・・』などと、恐ろしいことが書かれている。

 

相当前の話ですが、雪が一晩に80cmも積り、物流が麻痺したことがあります。

電線着雪で停電なんぞになったら、暖房機が使えなくなり、致命傷です。

くわばら、くわばら。

ここまで脅かされては、寒いのが嫌いな大福は、ポータブルストーブ用の灯油を買いに行きましたよ。


s-1195-4.jpg

NHKの天気予報です)


予報通りに降ったら、一体どうなっちゃうのでしょう?

大嵐の障害が極小であることを願うとともに、【嵐】のコンサートに来道された方々が無事ご帰宅できることを願うものです。

【嵐】は来道していいけれど、「大嵐」は、いらない。


 

PageTop

メガネの言い訳

読書週間にちなんで、最近読んだ本を3冊ほどご紹介。

読書離れが取り沙汰されて、久しい。

ボクも老眼鏡を掛けるようになってから読書の量、スピードともに激減。

メガネで視野が狭まったから・・・と言い訳をしていました。

ところが、伴侶の豆福はメガネを掛けているのに、本の虫。

読書量、スピードともに太刀打ちできません。

 

今夕の北海道新聞の記事です。

s-1191-1.jpg

「読書量減 スマホが主原因」

なるほどね。

一日24時間の絶対量は決まっているので、スマホ時間が長くなると、その他の時間が少なくなるのは自明の理というわけですか。

ボクもこの新聞の画像はスマホアプリでスキャンしました。

 

初めにご紹介する2冊は、外山滋比古(とやま・しげひこ)さんの著書です。

s-1191-2.jpg

1983年に刊行された「思考の整理学」は、1986年にちくま文庫化されたものですが、東大・生協文庫の売上で幾度となくトップを獲得したと言われています。

それはどんなものじゃ?

遅ればせながら、読んでみると、

“これからの時代で必要とされるのは、先生と教科書に引っ張られて飛行するグライダーではなく、自力で飛び回れる飛行機人間である”とか、

“思考を整理するには、寝かせることが大事で、知識をいたずらに所蔵せずに、必要なもの以外は忘れてしまうべきだ“などという趣旨のことが満載。

どこかで聞いたような気もするけれど、整理して言われてみると、もっともだと納得する。

さすがに200万部以上も読まれている大ベストセラーです。

 

「知的な老い方」(だいわ文庫)は、第1章の「スタイリッシュ・エイジング・・・かっこよく年をとる」に惹かれて求めたものです。

年老いても、ライフスタイルでは “かっこよくありたい” ではありませんか!

 s-1191-3.jpg

この文庫本で一番気に入ったのは「文字の大きさ」です。

右が「思考の整理学」、左が「知的な老い方」

文字が大きいと、読みやすい。

スピードを感じながら読むことができる。

比較すると、雲泥の差でした。

 

ちょいと堅めの本をご紹介したので、3冊目は、知的は知的でも病垂れのついた本のご紹介。

s-1191-4.jpg

故・開高健(かいこう・たけし)さんの「知的な痴的な教養講座」(集英社文庫)です。

かつてサントリーのコピーライターとして勇名を馳せただけに “語彙が豊富”

ふだんはお目にかかれない「鎧袖一触(がいしゅういっしょく)」などという言葉が平気で出てくるのです。

しかも、狂養(?)講座であるだけに痴的好奇心も突いてくるのですから、文字は小さくとも一冊50章はあっという間でした。

 

これで分かったことは、文字が大きく、知(痴)的好奇心をそそる内容のものであれば、「メガネの言い訳はいらない」ということでした。

 

 

PageTop

雪虫が飛んだ

雪を知らせる妖精が飛びました。

俗説では雪虫が飛ぶと、12週間で初雪が降ると言われています。

砂川の雪虫は、今朝、飛び回りました。

風の穏やかな小春日和に雪虫は飛びます。

s-1185-1雪虫

(赤い実は、ローズヒップです)


ところが、今日は大型の台風19号が日本列島に向かっているので、暖かい空気が押し上げられて、小春日和+αの気温。

そのせいか、今日の雪虫は少し薄着でした。

いつもは、白いダウンコートで飛んでいるのですが、今年の雪虫は半袖やら、薄着やら、ダウンやらの混成部隊だったのです。

 

つい先日まで、暑い、暑いと言っていた筈なのに・・・妖精に急かされて雪の心配です。

タイヤ交換に冬囲い。

今年は、いつ始めようか?

 

雪虫

NHK NEWS WEB 北海道NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20191011/7000014358.html

 

 


PageTop

知ったかぶりのおすそ分け

立秋にかけて来襲した台風8号は大陸に抜けていったのですが、温帯低気圧となって北海道へ戻ってきました。

しかも、寒気を引き連れて!

あまりの寒さに驚き、暖房を入れようかと思ったくらいですが、季節は8月、さすがに我慢しました。

 

そうこうしているうちに、今度は台風10号が北上してきたのです。

予想では猛烈な風雨。

北海道へは、勢力を保ったまま温帯低気圧に変わる」という。

同じ勢力なのに、かたや「台風」と呼び、かたや「温帯低気圧」という?

その違いは何じゃ?

詳細は

気象庁:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/conf/TY-ENQ2006/tropextrop.html 

秋田地方気象台:https://www.jma-net.go.jp/akita/Q&A/qandanew_taihuu.htmのページをご覧いただくとして、大まかにお裾分けすると、次のようになります。

 

台風:亜熱帯や熱帯の海から大量の水蒸気が上昇することにより大気が渦を巻き、風速が 17.2m/s を超える低気圧を台風という。

   風速17.2/s以下は、熱帯低気圧です。

   台風や熱帯低気圧は暖かい空気だけで出来ているので前線が出来ません。

ところが

温帯低気圧:北の冷たい大気と南の暖かい大気が渦を巻いて出来る低気圧です。

冷気と暖気がぶつかりあうので、寒冷前線と温暖前線が出来ます。

そして、この風速が 17.2m/s を超えても台風とは呼びません。

風速17.2/sと寒冷前線・温暖前線の有無が決め手なんですね。

台風から温帯低気圧に呼称が変わったからと言って油断するなということなのでしょう!

 

ローズミンタラは割と高台なので、雨による被害は考えにくいのですが、風には???。

16日夕刻から17日未明にかけて台風崩れが襲来するというので、その前に薔薇に支柱を立て、豆福ガーデンの鉢たちは安全地帯へ避難しました。

ところが、ところが、ところがですよ、静かに過ぎて行ったのです。

雨は降りましたが、暴風は吹かず、気が抜けるほど穏やか!

防風の対策やそれを元に戻すことで、てんてこ舞いでしたが、こんな「肩透かし」なら、大歓迎です

そして、また、暑さが戻ってきたのです。

 

 

と、ここまでブログの下書きをして、ちょっとサボっていたところ、またしても季節が激変。

今日(820日)は、雨となり、気温は17℃、肌寒くなってしまったのです。

s-1167-1.jpg

画像はウェザーニュースから拝借しました。

https://weathernews.jp/onebox/tenki/hokkaido/01226/

 

薔薇は、夏の終わりを告げる花と秋の蕾が同居中。

てんてこ舞いのバラをご覧いただきます。

s-1167-2.jpg

 

 夏の薔薇はちょっと小ぶりです。

本州では夏剪定と称して秋薔薇のために蕾のうちにマルガリータにするバラ園もあるようですが、ここは涼しい(「寒い」かな?)ので、丸刈りにはしません。


s-1167-3.jpg


夏はグイッと背が伸びます。

夏バラが咲き、秋薔薇の蕾が同じ株で同居しています。



s-1167-5.jpg

 普段は背の低いフリージアも、今年は背が伸びました。

勢いがついて、脇芽がバンバン出て、どう処理したらいいもんかと迷っているうちに手の施しようがなくくなってしまいました。(白の楕円の中)

ここまでなったら、「ケ・セ・ラ・セラ」

どんなふうに咲くのか試すしかありませんね。





 

PageTop