FC2ブログ
 

ローズミンタラ

クリスマスツリーとラセン階段


「 一年とは、地球が太陽の周りを一周する期間 」 とされています。

( 違う定義もあるようですが、それは置いといて・・・ )

時間が経つのは一定なのですが、ブログに載せたように

「 年をとるほど時間が早く経つように感じる 」 

師走

これが ジャネーの法則なのですが、

どうしてそう感じるんだろう?

クリスマスツリーを見ていて、思いついたことがあります。

ツリーにらせん階段が付いている図を想像しました。


s-376らせんツリー②

ツリーを一周すると、一年です。

ラセン階段なので、一周すると一年前よりも、ちょっとだけ上の方にいます。

また、一周すると、また、一年経ちます。

そうして、少しずつ、すこしずつツリーの頂上を目指すのです。



頂上に近くなるほど、ツリーの径は小さくなるので、

登る速度が一定であれば、一周する時間は短くなるはずです。

こんなふうに、「 上に行くほど ( 年をとるほど ) 一年が早く経つように感じる 」 

のではないかと思うのですが、これは、迷想でしょうかね。



ps.

迷想ついでに。

s-376螺旋階段とバベルの塔

ツリーを頂上まで上り詰めたら・・・

きっと、クリスマスツリーの星のように、「 ★ 」 になるんです。

まれに、途中で 「 ★ 」 になることもありますが、

皆~んな 「 ★ 」 になります。

昼は見えなくとも、「 ★ 」 は、またたいています。

遠くとも、小さくとも、 「 ★ 」 はいます。

ビッグバン以来、空間は、広がリ続けているのですから

「 ★ 」 のきらめく場所は、いくらでもある。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうか!螺旋状🎄と考えれば、納得できました。そして最後はお星さま★ですか!

本当にことしもツリーのどのあたりの年なのか、あっという間に過ぎて行きました。

その間何度大福&豆福コンビのブログで癒されたことでしょう。ありがとう。そして、早めのメリー🎄!!

takarinn | URL | 2013/12/20 (Fri) 13:00 [編集]


Re: らせん

昨夜は、月と木星とオリオンがよく見えました。
ツリーは、時間とともに成長するので、ラセンも伸ばしていかないと、★まで届かなくなりそうです(笑)。
これを相対性原理と・・・・・言うわけないか。
そのうち、時間と空間について考えてみます。
クリスマスには、大きめの靴下を用意するのが、いいのだそうですよ。
ボクは、欲張って、新聞紙を広げて作ることにしました。

大福 | URL | 2013/12/20 (Fri) 20:49 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)