FC2ブログ
 

ローズミンタラ

トング礼賛?

トングと言っても、韓国ドラマの名前ではありません。

茹でたパスタなどを取り出すのに使う あの 「 トング 」 です。

プチ湯治の折、札幌で仕入れてきました。






左は料理用トング、 右は園芸用

近くのストアにもあるのですが、30㎝程度。

今回、仕入れたのは40㎝。

本当は 50㎝程度の丈夫なのが欲しかったのですが、無かった。

これを 「 バラの園芸作業 」 に使うと、とても便利なのです。

何と言っても 「 トゲ 」 に煩わされない 優れた園芸ツールです。





①バラの枝集めに

選定した枝を、かがまずに、しかも、トゲを気にしないで集めることができます。

もう、それだけで、随分と楽になった気がします。



②落ち葉拾いに

 バラの根元に落ちた葉や小枝を拾うのは、とても厄介。

トゲで手が傷つくのを覚悟しなければなりませんが、トングはその心配ゼロ。

ちょっと遠くても、トングで引き寄せて拾うことができます。







挟むのに便利

③虫も無視

ナメクジや毛虫の類を、手で摑まえるのは遠慮します。

そんな時に、トングは威力を発揮するんです。

虫を気持ち悪いと思っている間もありません。

「 トングの先で、ちょいとつまんで、ポイ 」 で、おしまいです。




④濡れているものに

濡れ落ち葉や腐ったものを手づかみするのは、

薄手のゴム手袋を履いていても嫌ですが、トングがあれば大丈夫。

いやな手触りを感じることなく、ゴミ袋へ直行です。






移植ゴテ

⑤移植ゴテの代わりに

移植ゴテとして使うときは、片方だけ

チョットした植替えなら、これでOK

ただし、深く耕したいなら、それなりのモノでないと 曲がってしまいます。




⑥コケや小石を取り除くのに

庭には、綺麗なものだけが 生えてくるとは限りません。


いらないものがあったり、生えたりもします。

コケや小石は小さいので、取り除くのには、指先に頼ることになるのですが、

トングを使うと、仕事のあとで指先が痛くなる ということから解放されます。







火ばさみ

「 火ばさみ 」 ならもっと長くて丈夫なのがあるのに・・・と

思われたかもしれません。


でも、火ばさみはモノを挟むところが平板なので、細かいもの、

ぬるぬるするものを挟むには適していないのです。


園芸を楽しまれているお方は、一度、トングを試してみてはいかがでしょうか。
















PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)