FC2ブログ
 

ローズミンタラ

脇役もそれなりに

ローズミンタラには、時季が来ると花をつける名脇役がいます。

はびこりすぎて、ときどき整理しますが、強いのですぐに復帰します。

 

【タイム】

先日、某ブログにこのような写真が載っていたので、真似をしてみました。

s-20200529-1.jpg

写真だけ見せられても、実物の大きさが分からないので、「???」ですよね。

花をデジタル拡大したものですが、正体は「クリーピングタイム」といいます。

 

s-20200529-2.jpg

このように写すと、大きさが分かっていただけるでしょうか?

先日は工作物の「CAT WELCOME」を載せましたが、今回は足元のタイムが主役です。

ボーダーガーデンのラベンダーとミニバラの間を埋めるハーブです。

 

s-20200529-3.jpg

通路の脇からレンガの上に侵入してきました。

丈夫なので、踏んで歩いてもOK

踏むとタイム特有のいい匂いが漂います。

 

【ツルニチニチソウ】

薔薇には青色がないので、補完するにはいい色合いです。

s-20200529-4.jpg

花言葉は、「楽しき思い出」「幼なじみ」など。

優しい花言葉にほだされますが、実に強い、強すぎる植物です。

ポット苗一株から、増えに増えて西の一角を占拠しました。

放っておくと、庭全体を占領されかねません。

 

【チャイブ】

まだ花は開いていないのですが・・・

s-20200529-5.jpg

これもハーブの一種で、薔薇との共生植物と言われています。

虫よけになるとのことで、薔薇の周囲に球根を植えました。

ネギ坊主のような花で、ピンクなのでそれなりに綺麗で食用にもなるのですが・・・

虫除け効果は期待はずれ、大きくなりすぎ、増えすぎ・・・で、今や規模縮小中です。

 

【キンポウゲ】

鉢ではなく、下側の黄色い花です・・・野良植物。

s-20200529-6.jpg

野良犬、野良猫、野良キンポウゲ

どこからか飛んできて、ローズミンタラに定着してしまいました。

野良植物が侵入してくる手口はこんな風ではないでしょうか。

(その一)

新参者は、新天地に着地すると周辺の植物を真似た形で生えて来ます。

植物が擬態をするかはなのですが、生え始めは周りと見分けがつきません。

一定期間経過すると、一気に大きくなり、自己主張を始めます。

「いつの間に、こんなところに!」と驚くことになるのです。

大概は庭にふさわしくないものですが、ときにはキンポウゲのような花も飛んできます。

(その二)

はじめから「私は選ばれし者よ」と言わんばかりの姿で生えてきます。

これは主に樹木が多くて、松、紅葉、ジューンベリーなどが自己主張して来ます。

放っておくと雑木林になりかねないので、早めに退散願っています。

 

【ビオラ】

花茎の大きいのがパンジー、小さいのがビオラと呼ばれているようです。

s-20200529-7.jpg

強健で一度庭に植えると、こぼれ種で毎年花を咲かせます。

種が弾け飛ぶので、思わぬところで咲きます。

労せずして薔薇の足元で次から次へと咲く名脇役の一員です。

 

さて、主役の薔薇はと言うと、状態のいい薔薇は、小さな蕾をつけ始めました。

冬の間、寒さに痛めつけられた薔薇は、徐々に復帰し始めました。

気温が上がってきたので、これからが楽しみです。

今年も順調に咲いてくれるといいな。

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)