FC2ブログ
 

ローズミンタラ

痛くも痒くもなかったのですが

秋のがん検診で、精密検査となりました。

その結果は、S状結腸がん!

痛くも痒くもなく、なんの予兆もなかったのですが、じっと潜んで悪さをしていたんですね。

二人に一人ががんになる時代ですが、わが家では二人が二人ともがんの経験をする羽目になってしまいました

豆福は手術後の抗がん剤で苦しみましたが、今は元気にしています。

 

ボクのことを書きますが、野菜が大好き。

運動は苦手だけれど、週に3回ほど体操教室やラボに通っている。

野菜不足、運動不足には無縁。

それでも、がんになるの?

大腸カメラの画像を見せられなければ、信じられないことでした。

写真で見ると、スタンプの坊主がべーっと出した舌を大きくしたような形です。

s-1202-1スタンプ

ひとを馬鹿にして、今に見ておれ、切り取ってやるから!

まあ、住民検診で早めに見つかってよかったと思うしかありません。

 

地元の砂川市立病院で切除することにしました。

s-1202-2入院案内

CTだ、MRIだ、血液だなどの検査で、胃にはピロリ菌が棲んでいて、胆嚢には石が転がっているのも見つかりました。

この年ともなると、からだのいろんなところにガタが来ていたようです。

足は不自由だけれども内臓は大丈夫と高をくくっていたのですが、よる年波には勝てなかった。

胆石は、いつ転がって痛みが出るか分からない時限爆弾を抱えたようなものです。

まず、ピロリ菌を退治して、次にS状結腸がんと一緒に胆嚢も切除することにしました。

s-1202-3ひまわり表紙

(砂川市立病院の広報誌「ひまわり」)


我儘ですが、薔薇の冬囲いが終わるまでは入院できません。

でも、年内にかたをつけてしまいたいので、12月のいい日(11日)に手術をしてもらうことになりました。

腹腔鏡(ふくくうきょう)下の手術というもので、お腹を膨らませて切るのですから、まな板の鯉ではなく、ベッドの上のカエルのようなもんです。

 

腕のいい先生たちのおかげで手術は無事終了し、6階西病棟の親切なスタッフに支えられて、19日に退院してきました。

検体検査の結果は、ステージ「Ⅲb」 

ちょっと進行していましたかね。

「Ⅲb」というと、「Ⅲ年B組金八先生」と似た語感なので、ダジャレができそうなものですが、今回はダメでした。

リンパ節転移が1個あったので、年明けから半年間、術後抗がん剤を飲む予定です。

でも、元気にしていますので、ご安心ください。

 

「ひまわり」を読んで、手術をしてくれた横田部長の話が身にしみました。

s-1202-4ひまわりp6

 

がんのことは、黙っていようかとも思ったのですが、がんはひそやかに悪さをします。

痛くも痒くもないのです。症状が出ないのです。

早期に発見するしかありません。

たまたま住民検診で発見されたので、早期治療に結びつきました。

あとは修復するだけ(?)となりましたので、「がん検診は受けたほうがいいよ」と言いたくてブログに載せた次第です。

 

これからは冬眠している薔薇姫たちが目覚めたときに笑って報告ができるように、リハビリに務めるつもりです。

「どうしん川柳」に手術後のことを的確にうたった句が載っていましたので、ご紹介します。

北斗市の庄子保幸さんの句です。

s-1202-5どうしん川柳


「手術後の余生はすべて腹八分」

「すべて」というところが憎いネ!

来年は、薔薇姫の手入れも腹八分で我慢してもらうことになるのかもしれません。

 

ちょっと早いのですが、今年はこれで冬休みにしたいと思います。

新年用の省エネ門松を添付します。

A4の用紙に印刷して、縦半分に切り分けてご利用ください。

s-1202-6省エネ門松

どうぞ良いお年を!

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)