FC2ブログ
 

ローズミンタラ

薔薇の冬支度完了!

今日は、気温一桁の予報でした。

寒い!

寒いと言われても、何と言われても、冬囲いは、しなければなりません。

豆福と着ぶくれて、モコモコになって、いざ出陣!

 

ところが、 陽が出てくると汗ばむほど。

お天道様の力は偉大です。

太陽と豆福の叱咤激励を受けて作業が進み、薔薇の冬支度は完了しました。

s-1193-1.jpg


バードテーブルにつけていた薔薇の看板も取り外して冬支度。

s-1193-2.jpg

(時間(とき)を忘れる庭のシンボル)

冬支度が完了したので、嬉しいはずなのですが、

庭も、バードテーブルも素っ気なくなって、ちょいと寂しい。

 

時間に余裕ができたので、バックヤードの牡丹、紫陽花、ブルーベリーの冬囲いも完了

s-1193-3.jpg

明日、ラベンダーを始末すれば、冬支度はすべて完了かな?

 

※ これから先は、パソコンサークル「えびす」の愉快な仲間達に試読いただいたものですが、ご指導を受け加除したので、ご覧いただきたいと存じます。

 

s-1193-4.jpg

(寿来ベリーの紅葉です)


秋に聞こえてくるのはイブ・モンタンの「枯葉」

今年は、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見たせいでしょうか。

TV映画で「サウンド・オブ・ミュージック」を見たせいでしょうか。

いつもと、違う歌が聞こえてきました。

 

「サウンド・オブ・ミュージック」の背景は、第2次世界対戦前夜。

ところは、ナチス軍によるオーストリア併合が迫るザルツブルグ。

ミュージカルは、トラップ・ファミリーがアルプスを越えてスイスに亡命するお話。

ザルツブルグの祝祭劇場で、主人公の家族がドレミの歌やエーデルワイスのあと、So long Farewell(さようなら、ごきげんよう)」を歌いながら一人、二人、三人と・・・舞台から消えて行くシーンの歌です。

これが、薔薇を剪定していくときに聞こえて来るのです。

ちょっと切ない。

 

薔薇は、一株、二株、三株と・・・剪定されて行きます。

花や葉が茂っていた株が段々と消えていきます。

この時季、あのシーンが思い出されるのです。

ちびのバラ園が名作と肩を並べるようで恐縮なのですが、「So long Farewell(とても長い別れ)」の歌声が聞こえて来るのです。

薔薇姫は、眠りにつきます。

雪ぶとんを羽織り、来春まで「夢見る眠り姫」となるのです。

So long Farewell(とても長い別れ)

See you again(またね~)

 

s-1193-5.jpg

(小さなバラは、テーブルフラワーに)

PS.(追記)

【実話がありました】

この映画には実話がありました。

トラップ・ファミリーはオーストリアから亡命し、1938年にアメリカに渡り、「トラップ・ファミリー合唱団」として1956年までアメリカ各地で公演活動をしたとのことです。

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)