FC2ブログ
 

ローズミンタラ

りんご狩り

9月29日は、パソコンサークルえびすの「りんご狩り」の日でした。

えびすでは三谷果樹園のリンゴの木のオーナーになっているのです。

今年は、「つがる」と「ハックナイン」のオーナーになりました。

s-1180-1.jpg

今日収穫する品種は「つがる」

 

9時に「りんごの森」に集合。

豆福と10分前に駐車場に到着。


みっちい先生とまつりさんの車はあるのですが、姿が見えません。

「どこかいな?」

見回していると、りんごの森の奥で手を振っている人が見えました。

遠くて、誰かは分からなかったのですが、とりあえず手を振り返して、そちらに向かうことにしました。

 

着いてみると、早くもりんごの収穫作業中ではありませんか。

s-1180-2.jpg

脚立も出て、高いところが残るのみ。

エーッ!集合時間を間違えたか?

と思いましたが、隙間恐怖症のマグロ先生は今日のスケジュールにまたしても別用をプラスして、作業時間を早めていたのでした。

びっしり動いていないと気がすまない、パワフルな人です。

 

s-1180-4.jpg

「つがる」は「ゴールデンデリシャス(母)」「紅玉(父)」の交配種。

青森で生まれた早生りんごの代表格です。

酸味が少なく甘みが強いのが特徴。

 


「ポリ袋に4個ずつ小分けしてね」

「はい、はい」

s-1180-3.jpg

実すぐり、収穫作業のお手伝いメンバーは各自一袋がもらえます。

希望者には実費で販売予定。

 

収穫を終え、駐車場までの道沿いに、ハックナインの木があります。

「えびすの木はどこかいな?」

s-1180-6.jpg

 ハックナインは晩生種なので、まだ熟しきっていません。

10月の下旬に収穫する予定です。

「ハックナイン(「HAC-9)」は、「ふじ(母)」「つがる(父)」の交配品種

北海道産りんご品種の第一号です。

品種名の「ハックナイン」は系統番号HAC-9(Hokkaido Apple Clone 9)の英語読みの響きが良いことから、命名されたのだそうです。

 

「りんごが赤くなると医者が青くなる」という諺があります。

りんごには血圧を下げ、「医者いらず」と言われているのです。

ちなみに「トマトが赤くなると、医者が青くなる」は、ヨーロッパの諺の

A tomato a day keeps the doctor away.」(1日1個のトマトは医者を遠ざける)を意訳したものなのだそうです。

 

さあ、りんごを食べて、もうひと頑張りしますか。

 

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そろそろ当地にも長野産の「信濃スウィーツ」なる早生品種がでできました。「つがる」は知っていますが、「ハックナイン」ははじめて聞く名前のリンゴです。道産品種第一号と聞いては、見つけたら絶対買って食べたいと思いました。そして元気になりましょう。

takarinn | URL | 2019/09/30 (Mon) 12:49 [編集]


Re:

ハックナイン(HAC-9)は今月末ころに出回るのではないでしょうか。
みずみずしく、日持ちがする人気者です。
砂川は、スイートロードの街としてお菓子屋さんが元気なのですが、ナカヤのアップルパイやほんだの林檎畑の7日間などがりんご菓子の売れ筋かな。
おいしいのですが、食欲の秋の体重増加とのバランスが悩みの種です。

大福 | URL | 2019/09/30 (Mon) 20:57 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)