FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ホップ

昨夜(ゆうべ 9/13)のことです。

NHKBS「ビール物語 麦やホップに夢を託し・・・」を見ました。

s-1172-1TV番組NHK

 

北海道開拓使とビールの醸造、民話の里と思っていた遠野が実はホップの特産地でもあることなどが紹介されました。

ご当地ビール、夢のビールを目指す京都なども紹介され、ちょいと地ビール製造に惹かれる番組でした。

s-1172-2 新日本風土記


確か、酒税法に触れないアルコール度数1%未満のビール製造キットが市販されているはず。

そのキットのホップの代わりにローズミンタラのホップを使うと、何ちゃらビールが出来上がるのではないでしょうか。

「ローズミンタラビール」とでも命名しましょうかね?

出来上がったビールは、そのまま飲んでもよし。

アルコール度数が足りない向きには甲類のリカーを補完すれば、第三か第四のビールと呼べるのではないか?

などと想像しながら見ていました。

 

ところが、もっと簡単に新鮮なホップを味わう方法が紹介されたのです。

これは、試してみなければなるまい。

庭のホップは盛りを過ぎているけれど、少しだけ活きのいいのがある。

s-1172-3.jpg

 

それでも自作ビールを作るには十分なホップの毬花(まりはな)。

s-1172-4.jpg

 

採りたての毬花を半分に割ります。

s-1172-5.jpg

中の小さく黄色い粒がルプリンと言って、ビールの苦味の元となるフムロンという物質が入っているのだそうです。

 

テレビを真似て、半割したホップを茶漉しに入れ、その上から市販のビールを注ぎます。

s-1172-6-1.jpg

注いでみると、泡だらけ。

小さいコップに注ぐと「ら抜き」の「泡だけ」になってしまいそうです。

 

大きめのコップで、やり直し。

s-1172-7.jpg

番組では「ホップましましビール」と呼んでいました。


さ~て、肝心のお味は?

飲み比べてみると、新鮮なホップの香りが増したような・・・

苦味も「ましまし」になるのではないかと懸念したのですが、それはなし。

ホッとしました。自作(?)は「おいしい」。

今宵、揚げたての春巻きとの相性がピッタリでした。

 

PS

この新日本風土記は920日(金)の午前8時から再放送される予定です。

 



 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)