FC2ブログ
 

ローズミンタラ

知ったかぶりのおすそ分け

立秋にかけて来襲した台風8号は大陸に抜けていったのですが、温帯低気圧となって北海道へ戻ってきました。

しかも、寒気を引き連れて!

あまりの寒さに驚き、暖房を入れようかと思ったくらいですが、季節は8月、さすがに我慢しました。

 

そうこうしているうちに、今度は台風10号が北上してきたのです。

予想では猛烈な風雨。

北海道へは、勢力を保ったまま温帯低気圧に変わる」という。

同じ勢力なのに、かたや「台風」と呼び、かたや「温帯低気圧」という?

その違いは何じゃ?

詳細は

気象庁:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/conf/TY-ENQ2006/tropextrop.html 

秋田地方気象台:https://www.jma-net.go.jp/akita/Q&A/qandanew_taihuu.htmのページをご覧いただくとして、大まかにお裾分けすると、次のようになります。

 

台風:亜熱帯や熱帯の海から大量の水蒸気が上昇することにより大気が渦を巻き、風速が 17.2m/s を超える低気圧を台風という。

   風速17.2/s以下は、熱帯低気圧です。

   台風や熱帯低気圧は暖かい空気だけで出来ているので前線が出来ません。

ところが

温帯低気圧:北の冷たい大気と南の暖かい大気が渦を巻いて出来る低気圧です。

冷気と暖気がぶつかりあうので、寒冷前線と温暖前線が出来ます。

そして、この風速が 17.2m/s を超えても台風とは呼びません。

風速17.2/sと寒冷前線・温暖前線の有無が決め手なんですね。

台風から温帯低気圧に呼称が変わったからと言って油断するなということなのでしょう!

 

ローズミンタラは割と高台なので、雨による被害は考えにくいのですが、風には???。

16日夕刻から17日未明にかけて台風崩れが襲来するというので、その前に薔薇に支柱を立て、豆福ガーデンの鉢たちは安全地帯へ避難しました。

ところが、ところが、ところがですよ、静かに過ぎて行ったのです。

雨は降りましたが、暴風は吹かず、気が抜けるほど穏やか!

防風の対策やそれを元に戻すことで、てんてこ舞いでしたが、こんな「肩透かし」なら、大歓迎です

そして、また、暑さが戻ってきたのです。

 

 

と、ここまでブログの下書きをして、ちょっとサボっていたところ、またしても季節が激変。

今日(820日)は、雨となり、気温は17℃、肌寒くなってしまったのです。

s-1167-1.jpg

画像はウェザーニュースから拝借しました。

https://weathernews.jp/onebox/tenki/hokkaido/01226/

 

薔薇は、夏の終わりを告げる花と秋の蕾が同居中。

てんてこ舞いのバラをご覧いただきます。

s-1167-2.jpg

 

 夏の薔薇はちょっと小ぶりです。

本州では夏剪定と称して秋薔薇のために蕾のうちにマルガリータにするバラ園もあるようですが、ここは涼しい(「寒い」かな?)ので、丸刈りにはしません。


s-1167-3.jpg


夏はグイッと背が伸びます。

夏バラが咲き、秋薔薇の蕾が同じ株で同居しています。



s-1167-5.jpg

 普段は背の低いフリージアも、今年は背が伸びました。

勢いがついて、脇芽がバンバン出て、どう処理したらいいもんかと迷っているうちに手の施しようがなくくなってしまいました。(白の楕円の中)

ここまでなったら、「ケ・セ・ラ・セラ」

どんなふうに咲くのか試すしかありませんね。





 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)