FC2ブログ
 

ローズミンタラ

スタンプラリー

いつの間にか、「暑いですね」が挨拶代わりになってしまいました。

ほんに、暑い!

散ってしまったバラの剪定や散り花拾いは、朝の涼しいうちにと思うのですが、この時期はお日様も元気よく昇ってきます。

木陰で風がそよ吹くところはまだしも、陽射しを背に受けて庭作業をすると、目に汗が流れ込んできます。

塩水が目に入るのですから海水浴と思いたいのですが・・・これは目が“痛い”

 

【夏のバラ】

夏の薔薇は小ぶりで色が淡く咲くようになります。

s-1165-1.jpg

特徴的なのが「リオサンバ」

ほろ酔い三人娘の一員で、名前から想像すると夏に強く、サンバのリズムで踊りだしそうなものですが、夏花は淡い黄色で始まります。


先日、趣味の園芸(NHK)で薔薇の特集号のアンケートがありました。

「夏の薔薇は色薄く小ぶりに咲く」と応えては、あまりにもつまらない。

「春のバラは賑やかに、夏の薔薇は軽(かろ)やかに、秋の薔薇はしっとりと大人の色で咲く」と応えました。

小ぶりだということは軽やかだということだからです。

 

冬の寒いモノトーンの世界を耐えてきたからこそ、春のバラは弾けるように一斉に咲いて賑やかに見えるのでしょう。

秋の薔薇は、夏の小ぶりで軽やかな花を見たからこそ、しっとりと大人の色として感じることができるのに違いありません。

 

夏バラもちょっと時間が経つと色が濃く変わります。

s-1165-2.jpg

 

【スタンプラリー】

前置きが長くなりすぎましたが、砂川市でもスタンプラリーが行われています。

s-1165-3.jpg


前半戦は終わったのですが、ローズミンタラは後半に参加しました。

s-1165-4.jpg

スイートスタンプラリーなのでお口に美味しいお店が登録対象なのでしょうが、

ローズミンタラは目に美味しい施設として登録されたに違いありません。

 

スタンプラリーに参戦するちびっこさんが、お母さんと一緒に見えられました。

と言っても、もう、お姉ちゃんです。 

s-1165-5.jpg

花に興味があったようで、庭をご覧いただきました。

「おじさんね、ブログしているんだけど、載せさせてもらってもいいかな?」

小さい声で「い・い・よ」

「いいですよ」

お母さんの承諾も頂きましたので安心です。

「リスのしっぽ」の穂を飛ばしているところをパチリ。


あっ、本物のリスの尻尾ではありません。

s-1165-6.jpg

ホルデュームというグラスの一種なのですが、麦に似た穂先がリスのしっぽのように見えるではありませんか。

 

スタンプラリーは今月末までです。

台紙は、観光協会事務局などにあります。

参加店&施設は70カ所あります。

スタンプを集めて、豪華景品をゲットしましょう!!

 

ps

スタンプラリーのおねえちゃんへ

s-1165-7.jpg

気にしていたムラサキの花は、「こどもの国」のプランターでも咲いています。

こどもの国のあたらしいプールに水あそびにいったら、ごらんくださいね。

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)