FC2ブログ
 

ローズミンタラ

夏が来た!

昨日(728日)の話です。

【いきなりの猛暑】

季節は、いきなり夏になりました。

午前中に薔薇の手入れをしたのですが、炎天下では汗が目に滲みて痛い!

早々に退散です。

s-1163-1風除室39℃

日中の外気温32℃。 風除室内は39℃。 異常な温度です。

これはたまらん、ついにエアコンのスイッチON。

酷暑は年間数日しかないのですが、その数日が我慢できなくなりました。

加齢のせいか我慢の許容度合が低下して、古希の年に設置してしまったのです。

怠け者のエアコンですが、働くと気持ちいい風が吹き抜けます。

何よりも、暑がりの接待部長(猫のアーチ)が気持ちよさそうです。

s-1163-2.jpg

こちらも釣られて、眠りこけそうになるのですが、エアコンの力を借りて豆福ガーデンをご紹介しようと思います。

 

【アップルブロッサム】

この時期は、豆福ガーデンの鉢花が見頃を迎えます。

夏はバラの花数が少なくなるので、鉢花の存在は嬉しいことです。

s-1163-3.jpg

《アップルブロッサム(八重咲きのインパチェンス)》

これは別名「カリフォルニアローズ」とも呼ばれ、ミニバラに似た花形をしています。

でも、薔薇と違って、日向は好みません。

半日陰がお気に入りのデリケートな花です。

この鉢に5株植えています。

 

【焼物の大鉢】

コルジリネレッドスターを中心にした寄植えです。

s-1163-4.jpg

瀬戸物の鉢なので、用土を入れると重くて動かせません。

置き場所は、イチイの木のそばが定位置です。

 

【プラの大鉢】

こちらは花が大きくなって、庭と一体化した鉢です。

s-1163-5.jpg

緑のプラ鉢ですが、鉢が目立たなくなりました。

 

植えた当初は、こんなふうでした。

s-1163-5-2.jpg

景色に溶け込む位置を探すのがポイントなんですね。


【白のペチュニア】

新入りの大椅子に乗ったペチュニアです。

s-1163-6.jpg

5株植えたところ、鉢からあふれるほどになってきました。

椅子に乗せて花の位置が高くなると、手入れしやすくて病気にもかかりにくくなりました。

風通しが良くなるからでしょうかね。

 

【ウエルカムボード付近】

ウエルカムボードと一体化した籠です。

s-1163-7.jpg

赤い台座は五郎さんの作品。

小さなバスケットはダールブルクデージーとベゴニア

 

【三日月型の釣り鉢】

ダールブルクデージーといえば、寄植えしたオレガノケントビューティが色づいてきました。

s-1163-8 (2)

この三日月型の釣り鉢は、萌樹工房さんの作品。

ガーデニングは、花だけでなく工作物も大きな役割を果たします。

木工音痴の大福ですが、木工作家が身近にいてくれることは幸せなことです。

 

【ふくろうカート】

木工作家といえば、もう一人

s-1163-9.jpg

ふくろうカートの作者もいたのでした。

白ふくろうの周りにクレマチスが咲いて、いい雰囲気になってきました。

目指すは「白ふくろうの杜」ですかね?


【リング】

リング状の寄植えです。


s-1163-10_20190729230408260.jpg

ワイヤーのリングに水苔で寄植えしたのです。

鉢と違って保水力が弱いので、ペットボトルで給水しています。

 

【ハンギングバスケット】

ハンギングバスケットも豆福の作品です。

s-1163-11.jpg

67号程度のスリット鉢に1516種類の株が入っているのですが、そうは見えません。

そんなに入ると、蒸れてしまいそうなのですが、風通しがいいからでしょうか、元気です。

s-1163-12.jpg

 

【球根ベゴニア】

懸崖の球根ベゴニアです。

s-1163-13.jpg

種類も多くて、咲くと華やか。

薔薇にも引けを取らない華麗さです。

惜しむらくは、寒さに弱い。

豆福はベゴニアの根塊を床下で越冬させています。

 

豆福ガーデンは、まだ、いくつかあるのですが、今回はこのへんで。

 

 

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)