FC2ブログ
 

ローズミンタラ

気温の春

【春ボケ】

一気に温度が高くなり、3月のような陽気。

雪や氷がボケ始めました。

アイスキャンドルはクリスタル感が失せ、不透明なザラメ雪の塊になってしまったのです。

s-1134-1_201902241412504e9.jpg


ボケ始めたのは雪や氷だけではありません。

豆福・大福の二人とも陽気に浮かれて、ボケちゃいました。

春だ、春だ、元気でいるよとの便りを書いたのです。

ところが、まだ月なのに、日付を月と書いてしまったのです。

それに気づいたのは、ポストインしてから時間後。

あ~あ、もう、アトノマツリです。

便りが届いたご友人よ、お許しあれ。

もし、気づかなかったら、あなたも豆大福の二の舞ですぞ。ご用心、ご用心。

 

【春色】

TVのお天気キャスターが、春は「光の春→気温の春→音の春」の順に来ると言っていました。

音の春とは、川氷が溶け流れる音やウグイスの鳴き声なのだそうです。


そればかりでなく、「色の春」もあるような気がしています。

雪山の木々がうっすらと赤みを帯び始めるのです。

ちょうど今頃です。

木の芽が膨らみ始めたのではないでしょうか。

都会では春色のファッションが街を彩るのでしょうが、雪山では木々がひっそりと赤味をさして春の兆しを知らせてくれます。

 

【花の春】

春の香りに逢いたくて、花屋さんに行きました。

豆福の春の香りはフリージアです。

s-1134-2_20190224141251983.jpg 

最近は、室内に飾る花の匂いが嫌われて、香りのない花に改良?されることが多くなりました。

今回のフリージアは、まだ、香りがする方でした。

フリージアは、春の光の黄色と、春の香りを届けてくれます。

薔薇のような豪華さはありませんが、次から次へと咲いて長く楽しめるのです。

 

【赤い薔薇】

長く楽しめるといえば、先日アップした「赤い薔薇」です。

アップしてから一週間、買ってきてから10日はたちました。

花屋さんが仕入れてから一体何日たったのでしょう? 丈夫な薔薇です。

どれだけ育ったのかを比較したくて、前回と同じ薔薇を一本求めてきました。

s-1134-3_20190224141253765.jpg 

二本並べると、その差は一目瞭然。

前の薔薇は花びらが開くだけでなく、大きく育ってきたのです。

直径10cm超えの大輪になりました。

しかも、中心の花弁が開ききらないので、花の形を保っています。

 

驚くのは花ばかりではありません。

s-1134-4_20190224141254a37.jpg 

茎から新しい脇芽が育ってきたのです。

(黄緑色の三枚葉が脇芽です)

これにも驚きました。

いつもの癖で、「挿木してみようか?」と思ってしまうのですが、今の時期の管理と植える場所を考えると二の足を踏んでしまいます。

 

花の中心は、輝くような赤

s-1134-5_20190224141256a8b.jpg 


「春」が待ち遠しい

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さすが薔薇園のご主人様だけあって、花屋さんで調達した紅薔薇であっても観察が玄人はだし!そして、薔薇の生命力も大したものですね。脇芽が出てきたなんて!
お手紙の日付が2月なのに3月!そーんなご愛敬ご愛敬。春待つ心が気をはやらせただけですってば!ものの本に「人情の表裏に通じていることは、コミニュケーション能力に長けていることであり、活発なコミニュケーションが認知症予防につながる云々」とありました。
そしてそれは「粋」にも通じると・・・
豆大福さんは粋じゃないですか!
結論:ご夫妻はボケてなんかいません!そしてそれをスルーしてしまっていたこの私もまだです!

takarinn | URL | 2019/03/01 (Fri) 17:35 [編集]


Re: タイトルなし

赤い薔薇の生命力には感嘆するばかりです。
中心の花粉が見え始めましたが、まだ、元気に頑張っているのです。
ボケをスルーシてしまったとの寛大なお心遣い、ありがとうございます。
お気持ちに応えるためにも、今年も薔薇づくりに励みたいと思っています。

大福 | URL | 2019/03/01 (Fri) 23:04 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)