FC2ブログ
 

ローズミンタラ

冬の薔薇

雪が降り積もって、庭の薔薇姫に こき使われることはなくなりました。

薔薇姫は雪の布団にくるまれ始めたのです。

来春まで、ゆっくりと眠ります。

薔薇の手入れが一段落し、忙しさから開放されたので、楽ちん、楽ちん。

 

ところが、楽ちんも度をすぎると、贅沢なことに退屈の虫がうごめき始めるのです。

読書三昧でも・・・と洒落込んでみましたが、豆福のように本の虫になることができません。

そこで始めたのが、冬の薔薇遊び。

 

秋に取り入れた薔薇は乾燥させてあるのです。

手始めに、自然乾燥させたドライフラワーをご紹介。

【ドライフラワー】

s-1121-6.jpg 

薔薇とラベンダーのドライ。

ドライフラワーは軽いので、花瓶でなくてもOKです。

プリザーブドフラワーと違って退色するので、毎年、作り替えます。


次は、シリカゲルで乾燥させた薔薇とホップです。

【シリカゲルで乾燥】

s-1121- 1 

この花を使って、ポプリなどをつくります。


【ドライポプリ

s-1121-3.jpg 

ドライポプリは英国風のポプリとも言われています。

ドーバー海峡を超えた対岸の半生の塩蔵ポプリは、モイストポプリと呼ばれ、フランス風のポプリとも言われます。


【ドライポプリ(mini)

s-1121-2.jpg 

薔薇とハーブのドライポプリです。

蓋をすると、バラの花は潰れてしまうのですが、潰れる前に一枚パチリ。


【ハイブリッドポプリ

s-1121-4.jpg 

向かって左側がハイブリッドポプリです。

右側は、ハイブリッドポプリの上にドライポプリ(mini)を載せたダルマ型

「花盛」という名をつけました。

花の盛り合わせと、花を守るという意味を持たせました。


ドライ+塩蔵のポプリで、ヒマラヤの岩塩と日本の海塩を使っています。

香りが薄くなったら、瓶から出して撹拌すると花材は壊れますが、新しい香りと出会うことができます。

好みの精油を数滴垂らすと、楽しくなります。 

バスソルトとして使うときは、中身を布か不織布で包んでお使いください。

循環式のお風呂でのご使用はNGです。


【ハーバリウム

s-1121-5.jpg 

最近、もてはやされているハーバリウムもつくってみました。

ハーバリウムオイルは、透明度と安定性を確保したくてシリコンオイルを使いました。

ハーバリウム専用のLEDを当てると光のインテリアにもなるといいます。

次は、それを入手せねば。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)