FC2ブログ
 

ローズミンタラ

秋の夕餉

秋は、嬉しい季節です。

センチメンタルになることもあれば、近くの山の綾錦にうっとりすることもあります。

美味しい山の幸、海の幸、里の幸を堪能することもできます。

でも、北海道の嬉しい秋は短いのです。

早め、早めに秋色の景色や秋の味を堪能しないと雪の季節に移ってしまいます。

 

【栗おこわ&渋皮煮】

先日、義弟と知人から「栗」が届きました。

栗おこわと、栗の渋皮煮をつくることにしました。

 

s-1112-1.jpg 

この手間のかかるお仕事は、豆福です。

お手伝いをしようかと声をかけたのですが、渋皮に傷をつけてしまうので、体よくお断りされてしまいました。

 

s-1112-2.jpg 

渋皮煮は、砂糖と香り付けの醤油で煮込みます。

味がしみて柔らかくなれば出来上がり。

栗が崩れないようにゆっくりと煮るのがコツです。

 

s-1112-4.jpg 

出来上がった渋皮煮は瓶詰めにして脱気して保存。

贅沢な箸休めになります

 

s-1112-3.jpg 

おこわは、もち米をセイロで蒸してつくります。

蒸したもち米をボールにとって、味付汁をかけ、再度蒸します。

この2度目に蒸すときに栗も一緒に蒸すのです。

 

s-1112-5.jpg 

この日の夕餉は栗おこわと崩れてしまった渋皮煮。

鮭の香草パン粉焼き、さや豆とじゃこ天の煮浸し、オクラのおひたし。

秋の贅沢です。

 

 

【いくらの醤油漬け】

某日、生筋子を買ってきました。

s-1112-6.jpg 

若い筋子は、卵が小さく柔らかくてつくるのがやっかい。

大きく熟した卵は、つくりやすい半面、卵が固くて食感がよろしくない。

いくらの醤油漬けは、程よい柔らかさが身上です。

 

s-1112-7.jpg 

こちらも豆福のお仕事。

味醂とお酒を煮切ったところに醤油を加えて、煮立てたものを冷まします。

これをバラバラにした筋子に加えて、一晩冷蔵庫で寝かせて出来上がり。

美味しい「いくらの醤油漬け」の完成です。

 

s-1112-8.jpg 

この日の夕餉は、いくらの醤油漬け、ニシンの干物、春菊の胡麻和え、玉葱と厚揚げの味噌炒め。

好物ばかり。

年とともに和食系が多くなってきましたが、美味しい秋の夕餉です。

天高く馬肥ゆる秋を実感する季節でもあります。

 



 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)