FC2ブログ
 

ローズミンタラ

冬支度を始めました

今年の秋薔薇は、天候不順だった割には見事に咲いてくれました。

何が功を奏したのか、今頃になっても葉の色艶がいいのです。

すると、どんどん成長して背高ノッポになりました。

背丈より高い花は、見るのが大変です。

花つきが良くて、まだつぼみがたくさんある。

お盆には追肥を止めているので、そろそろ落葉し始めてもいいのに、不思議です。

 

【ピース】

s-1111- 1 

ピースがヒトの背丈にも伸びたのは、初めてです。

秋は色が濃くなり、つぼみのときはリオサンバと見間違うほどです。

 

【カリネラ】

s-1111-2.jpg 

朝露と朝の寒さで花びらにシミができてしまいました。

でも「あばたもえくぼ」と云うではありませんか、惚れた弱みで、「模様があるのも一興」と悦に入っているのです。

 

【アプリコットネクター】

s-1111-3.jpg 

セクシーなリップです。

秋は美味しそうな色合いが一段と濃くなりました。

 

【バイランド】

s-1111-4.jpg 

いつもと変わらぬ多花性の薔薇です。

朝晩、寒くなったので、色が濃くなり開花が長持ちしています。

 

【カクテル】

s-1111-5.jpg 

春のバラのイメージがあります。

返り咲きするのですが、秋の花数は春の一割程度でしょうか。 数が少ない!

秋はちょっと淋しげです。

 

ラストダンスを楽しんでいるのに、もう、冬じたく?

秋薔薇から叱られそうなので、薔薇から見えないようにバックヤードから冬支度を始めることにしました。

 

【手入れ前】

s-1111-6.jpg 

芍薬、牡丹、ぶどう、ハスカップの葉が黄変し始めました。

葉をつけたまま冬囲いをすると、春には、蒸れたり、病葉の雑菌が悪さをしたりするのです。

落ち葉もそのままにすると、雑菌や虫の餌です。

面倒でも葉を取り、落ち葉を拾い集め、ごみ収集に出すのがBetter。

 

【冬支度を始めました】

s-1111-7.jpg 

手前の原種バラは剪定しました。

今年はローズヒップの成りが悪くてモノになりませんでした。

残念。

 

芍薬の3株は根元から切り、春先に芽を踏まないように目印として黒い棒を立てました。

牡丹は三角錐のように支柱を立てました。もう少し後に寒さ避けの菰(こも)を巻くつもりです。

 

牡丹は、伸びすぎたので、思い切って長い枝を間引いて、短めの枝だけにしました。

花芽も相当切ったので、来年の花数は期待できませんが、徐々に復活するはずです。

その奥の茶色の三角錐は、ハスカップ。

今年は、実付きがイマイチでした。来年に期待しようと思います。

 

ラティスに絡ませたブドウも外しました。

紅富士という晩生種なので、熟すのが遅い。

実の数も少ないので、つくるのを止めようかと思ったのですが、豆福のOKが出ない。

食べ物に関しては豆福が主導権を持っているのです。

ここは豆福の云うことを聞いておくことにしましょう。



 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゆく秋を惜しむかのように美しく薔薇さんたちが咲いていますね。
でも、一足づつ近づく冬の気配に冬支度もせねばならず・・・来春に綺麗に咲いてもらうためには!
beforeとafterの違いを拝見してその御労に頭が下がりました。何でも下拵えと云うか下準備は大事なんですよね。

takarinn | URL | 2018/10/15 (Mon) 15:06 [編集]


Re: タイトルなし

秋は、好きな季節です。
「♪枯葉」舞う小春日和であれば、景色が綺麗で、楽しくて、嬉しくなります。
でも、そんな日は、冬支度に専念。
冬が来るのが遅ければ、もっと秋を堪能できるのに・・・。

大福 | URL | 2018/10/16 (Tue) 21:45 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)