FC2ブログ
 

ローズミンタラ

プチ旅行

電話だけで繋がっていた根室の知人に会いに行くことにしました。

根室と砂川は400km以上離れているので、気軽に会いに行くには遠すぎる。

ボクの体力では、日帰りは無理。

でも、思い切らなければ、いつまでも「声だけの知り合い」です。

踏ん切りをつけて会いに行くことにしました。

 

毎日が日曜日の生活なので、GWだろうと連休だろうと関係ないようなものですが、イベントは休日がメイン。

道路は休日のほうが大型トラックが少ないので走りやすいのです。

飼い猫のアーチは、餌と水とトイレを置いておけば一泊程度は大丈夫。

 

6日に南回りで出発して、厚岸の「牡蠣まつり」会場で昼食。

s-1109-1.jpg 

根室で知人と逢って、別海町のペンションで一泊。

翌日は北回りで帰ってこようと云う一泊二日のプラン。

 ぐるりと一周900㎞です。

 

【一日目】

6日の朝5時に出発。まだ薄暗い。

1時間も走ると明るくなってきましたが、天候は薄曇り。

途中、道の駅に寄ったり、コンビニでチープな朝食をとったりしながら10時半には厚岸の道の駅コンキリエに到着。

s-1109-2.jpg 

ここで焼き牡蠣や蒸し牡蠣のテントも出ていましたが、ランチにするには早すぎる。

イベント会場の「子の日公園(ねのひこうえん)」に向かいました。

 

炭付きのコンロを借り、牡蠣を20個、シシャモ10匹を仕入れてきました。

事前にコンビニで仕入れた塩むすびは、焼おにぎりに変身。

s-1109-3.jpg 

「Oh! 箸と紙皿を忘れてきた」

「本部で聞いてくるね」

本部テントに行くと、箸と皿はセットで売っていました。

それどころか、敷物、軍手、炭、網、箸、皿、etc

手ぶらで来ても大丈夫なのでした。

 

お腹も満たしたし、もうひとっ走りしますか。

どうせなら、霧多布湿原の方をまわってGO

s-1109-4).jpg 

霧多布は名前にたがわず「霧だらけ」

霧の摩周湖だとか、霧多布湿原だとか、ほんにこちらは「霧」が多いんですね。

このときは、翌日も「霧」や「雲」に悩まされるとは思ってもいませんでした。

 

約束の午後3時に杉山水産カニ直売所に到着

s-1109-5.jpg 

声優のWさんとご対面(笑)

豆福の声の友達と会うことができました。

 

根室の杉山水産に来たのはこれが2度目。

はじめて来たのは30数年前。

観光案内書を頼りに訪問して、それ以来、水産物はここを利用してきました。

Wさんが勤めたのが25年前だといいますから、25年間、声のお付き合いだったと云うことになります。

(活カニ水槽)

s-1109-6.jpg 

しばし歓談のあと、エールを交換して豆大福は別海町のペンションを目指しました。

午後5時頃に到着して、かけ流しが自慢のモール塩泉に直行。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉というのですが、熱い黒ビールの趣です。

露天風呂で芯から温まって、呑んでもいないのに身体がほてっていまいました。

 

【二日目】

翌朝は、台風25号が温帯低気圧に化けて北海道を襲撃。

この日は、第40回別海町パイロットマラソンが予定されていました。

雨天決行のハズでしたが、さすがに、台風には勝てず、「中止!」

 

これは、自宅に戻ってから知ったことですが、このマラソンに豆福のネコ友がエントリーしていたのです。

野付半島の付け根に妹さんと二人で宿泊していたというのです。

ペンションからは5060km離れています。

でも、道東の距離感で云うと、「目と鼻の先」

もう少し早く連絡すればよかった・・・残念! 

豆福が悔しがりましたが、アトノマツリです。

こんな、こともあるんですね。

 

帰路は台風25号くずれの影響が気になり、予定を早めて午前8時前に出発。

美幌峠の麓では大雨。

美幌峠のてっぺんは「霧」

石北峠の頂上は「雲の中」 思うようにスピードが出せない。

でも、結果的にはこれが慎重な運転に繋がったかも知れません。

峠以外は雨風ともに思っていたよりも穏やか。

台風くずれは、どこを通過していったのでしょうね。

 

北見では通称:山の水族館(淡水魚の水族館)で一休み。

s-1109-7.jpg 

(この画像はイトウではありません。滝壺の●●●、スミマセン忘れちゃいました!)


淡水魚水族館と云うと地味なイメージですが、幻の魚イトウが群れを成す姿は圧巻。

アマゾンのコーナーでは、なぜ北海道で熱帯魚が?????と訝ったのですが、温根湯の温泉水を使っていることを知って納得。

 

ここまで来たら、近くのつるつる温泉で「入浴+ランチ」と欲張りたくなりました。

豆福は湯疲れを懸念してランチのみ。

ボクは欲張って入ってきました。

透明な単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)でした。

入ってみると、床も滑る。 確かにつるつるです。

 

ここで運転は豆福と交代。

交代するなら、湯上がりにビールを飲んでもよかったのに、忘れていました。 

残念!

 

その後は、雨も小ぶりになり順調に帰宅。

台風は、温帯低気圧になり、通り過ぎたようです。

アーチは、元気か?

薔薇たちは大丈夫か?

 

気ままなアーチは甘えん坊になり、薔薇は多少傷ついていました。

でも、大丈夫。 まだ、まだ、咲きます。 香ります。

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

プチどころか、ビッグな旅行じゃありませんか!!豆大福さんコンビはいつもフットワークいいですね!
昨秋のこちらへの雨晴らしながらのドライブ思い出してしまいました。

takarinn | URL | 2018/10/10 (Wed) 14:26 [編集]


Re: 重い腰

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
強力な晴れ女がお二人もいらっしゃったので、秋のバラ園を堪能することがでたのを思い出しました。
今回は、重い腰をやっと上げての根室行きだったのです。
毎年のように「今年は行こうか?}、「今年は行こうか?」と言いながら、行けずにいたのですが、これ以上先延ばしすると、体力がおぼつかなくなる。
やっとのことで踏ん切りをつけて行ってきたのです。 
帰ってくると、楽しい思い出となって、また、行きたくなる。ゲンキンなものです。

大福 | URL | 2018/10/12 (Fri) 12:17 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)