FC2ブログ
 

ローズミンタラ

泣きっ面に蜂

【風神来襲】

 台風21号がくるというので、「来たら許さん!剪定バサミでちょん切るぞ!」 

竹槍でB29に向かうようなバカげたことをほざいていたが、相手が悪かった。

「切れるもんなら切ってみろ」とばかりに本当にやってきてしまった。

5日の未明のことです。

 

前日の4日は、「嵐の前の静けさ」

風もなく、穏やかな日差しでした。

s-1098-1.jpg 

この穏やかなお天気を見ていただけでは、翌日に嵐が来るとは思えなかったのですが、

念の為、薔薇が風で倒されないように支柱を立てました。

s-1098-2.jpg 


ちょうど秋バラの芽が伸び、つぼみをつけ始めているので、風にはめっぽう弱い。

伸び始めは柔らかいので、支柱に縛り付けるときに傷を付ける恐れがあります。

どこまで縛るか? 悩みながらくくりつけていました。

 

「春暁」には「夜来風雨の声、花落つることを知んぬ多少ぞ」という句があります。

同じ句でも「秋暁?」の場合は、暴風雨でした。

風が通り過ぎてみると・・・案の定というべきか、葉が塩もみされたように縮れ、若芽が折られ、茎同士が擦れあって傷つき、残念な状態。

s-1098-3.jpg 

風で若芽が折られてしまいました


s-1098-4.jpg 

球根ベゴニアは、鉢ごとひっくり返され、


s-1098-5.jpg 

ラティスの吊り鉢は、振り落とされてしまいました。


今年は、思ったよりも秋バラの生育が順調だと思っていたのですが、ぬか喜びでになってしまいました。 悔しいね。

でも、残った薔薇は、ドレスアップする気満々なので、精一杯そのお手伝いをしようと思います。

 

 

【大鯰(なまず)大暴れ】

 庭の片つけを終え、疲れて眠っていた6日の午前3時過ぎ、

キュー、キュー、キューというサイレン音と「地震です。地震です」という緊急地震速報。

サイレン音が先だったのか、地震の揺れが先だったのか、よく分からないのですが、目を覚ますには十分な揺れでした。

台風が過ぎ去ったと思ったら、次は地震だ! 泣きっ面に蜂が刺すとは、このこと。

s-1098-6.jpg 

(こんな新聞の割付は、初めて見ました)


「北海道胆振東部地震」と名付けられた震度7の地震。

北海道では記録に残る限り最大規模の震度です。

砂川は震度4。普段、地震がない地域なので、驚きました。

 

詳細はTVや新聞、ネットでご承知でしょうが、参ったのは、全道規模の停電でした。

もちろん、ウチの冷蔵庫、冷凍庫もただの箱となり果てました。

地震と停電に伴い交通網もズタズタ。

お店の棚もカラッポが目立ちました。

s-1098-7.jpg 


北海道には水力発電が3箇所、火力発電所が6箇所あるのですが、

地震発生時の需要電力は310万キロワット。

これに対する震源地に近い苫東厚真火力発電所の供給は165キロワット。

実に半分以上をこの発電所に頼っていたことになります。

s-1098-8.jpg 

電力は受給のバランスで成り立っているのだそうです。

地震で苫東の火発がアウトになると、受給のバランスが崩れ、周波数が乱れ、この影響による機器の損傷を避けるため、他の火発も自動的にアウトになったというのですから効率重視の一極集中が災いしたことになるのではないでしょうか。

 

交通信号も国道12号と道々115号の交差点はおまわりさんが手信号で交通整理

s-1098-9.jpg 

 手信号で交差するのは久しぶりです。ドキドキしました。


6日の午後、砂川の発電所が発電を開始したという報道がなされました。

これは、すぐに電気が点くに違いないと期待していました。

ところが、夕刻、市の広報車がまわってきたのです。

「こちらは砂川市です。停電が長引くので避難所を総合体育館に開設しました」と放送している。

ということは、今夜は復旧しないということか?

s-1098-10.jpg 

そのとおりでした。

キャンプ用の蛍光灯とローソクで一夜を過ごしました。

結局、復旧したのは43時間後の7日の午後10時過ぎ。

電気が無い不便さをまざまざと感じさせられた43時間でした。

 

8日現在で、全道99%の電力が回復したのだそうです。

地震と停電で打撃を受けたインフラの復旧は、緒についたばかり。

一日も早い復旧と被災地の復興を心から願うものです。

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この度はブログの通り台風そして、思いがけない未明の大地震、お見舞いいたします。幸いと云うか家屋の倒壊やらの被害が無くて良かったと思いました。本当に停電が思いのほか長引いたことによる不自由は、現代の生活がすべて電気に頼っていることの現れですし、電気は自家発電機を持つ以外に、災害時用に水やらガスボンベのような備蓄が出来ない代物ですから、厄介ですよね。

蝋燭の灯りで読書なぞ風情があってなどと言ってられませんよね。
物流も滞っているようで、日常を取り戻すには時間を要すると思いますが、お大事にね。

takarinn | URL | 2018/09/09 (Sun) 20:46 [編集]


Re: 盛りだくさん

先週は、台風、地震、停電と盛りだくさんで、目まぐるしい週でした。
水は大丈夫だったし、ガスは、プロパンなので煮炊きは支障ありませんでした。
電気も復旧したのですが、物流が復帰していないようで、お店は、カランカランの品薄です。
ケセラセラと思うしかありません。
ご心配いただきありがとうございました。

大福 | URL | 2018/09/10 (Mon) 12:25 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)