FC2ブログ
 

ローズミンタラ

目にはさやかに

寒暖の変化が大きくて、しかもそれを繰り返すので身体がきしみ始めるようになりました。

気持ちは若造のつもりでいても、身体は正直です。

 

古今和歌集の「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」は、「秋が来たと、はっきりと目には見えないけれど、風の音で秋の到来に気づきました」という移りゆく季節を詠ったものですが、当地では目に見えてやってきました。

s-1096-1.jpg 

吊り鉢のオレガノケントビューティの紫色が濃くなり始めると、それは「秋風」の到来なのです。

 

先日は、これでもかと言わんばかりに大雪山連邦の黒岳で初雪が降りました。

s-1096-2.jpg 

山頂では、「もうすぐ冬だ」という予告編なのでしょうが、平地ではまだ秋を堪能しておりません。

冬将軍様、平地を雪景色にするのは、もう少々お待ち下さい。


夜になるとキリギリスの「ギーッ、ギーッ」という鳴き声とコオロギの「コロ、コロ」という鳴き声がするのです。

夏と秋のせめぎあいなのか、夏の虫と秋の虫が合奏して田舎の庭は真夏よりも賑やかになります。

 

【ガーデンオブローゼズ】

s-1096-3.jpg 

咲き始めの花と全開の花では、同じ花とは思えないほどに変化するバラです。

 

【アンクルウォルター】

s-1096-4.jpg 

つるバラなので横に誘引して咲かせるのですが、来年用のシュートはそのままにしています。

すると、気分良く縦に伸びて、ホウキのように咲きました。

背伸びしても花を見ることはできなくなってしまいました。

 

【秋バラの芽】

s-1096-5.jpg 

元気に秋バラの芽が伸びています。

今年は、元気が良すぎて一本の枝に上下2つの花芽が出てきたのがあるのです。

雪が降る前に咲いてもらうには、どちらか一方だけにします。

さあ、もうひとふんばり。来月末には咲いてよ!

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この猛暑に黒岳の初冠雪のニュースはびっくりを通り越して、異変を感じてしまいましたよ。
「古今集」の歌の風情を感じるどころではない、連日の猛暑に「もう、いい加減にして!!」と叫びたい思いです。でも、確かに陽の暮れは早くなり、庭の虫もすだき始めていますが・・・
冬が来る前に薔薇さん達もう一花咲いてくださいね。

takarinn | URL | 2018/08/29 (Wed) 15:32 [編集]


Re: 猛暑お見舞い申し上げます

そろそろ、「残暑お見舞い申し上げます」と言ってもいい頃だと思うのですが、今年は・・・
「猛暑お見舞い申し上げます」と言った方がいいのかも。
こちらの朝夕はすっかり涼しくなりました。
送れるものなら、涼しさを送ってあげたい。
最近の気象はヘンテコリンですね。
どうぞ身体をいたわってご活躍ください。

「秋花を見ずして、薔薇を語るなかれ」と言われています。
バラのことは語り尽くせないので、もう一花しっとりと咲いてもらおうと思っています。

大福 | URL | 2018/08/29 (Wed) 21:37 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)