FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ラッキー・セブン

今年のお天気は何という激しさなのでしょう。

先月、西日本で豪雨被害があったと思ったら、8月は東日本で雷と豪雨、そして西日本は猛暑。

北海道では寒さが収まらず、やっとお天気に恵まれたと思ったら晴れっぱなしで水不足。

s-1095-0.jpg 

そして、又しても雨が降りっぱなし。

自然を相手にしていると「風神、雷神」様には、お引取りいただいて、「天照様、竜神様」には程々にご活躍いただくようお願いするばかりです。

 

ローズミンタラのバラは夏の花が終盤になり、秋の花の準備に入りました。

s-1095-1.jpg 

もう秋バラの芽が伸び始めたのがいます。

ふつうは、花を切った直下の5枚葉の付け根から芽が伸びるのですが、このバラ(エル)は、直下ではなく、次の葉の付け根から芽が伸び始めました。

なかなかこちらの思い通りにはなってくれないものです。

 

園芸種のバラの葉は、花の直下から一枚葉(包葉)、三枚葉、五枚葉と続くのです。

s-1095-2-5枚葉 

(クイーンエリザベスの夏花)

 

ところが、今年は七枚葉のバラが数多くありました。

7枚葉はオールドローズ、つるバラ、原種のバラに多いのです。

s-1095-3ピエール・ドゥ・ロンサール 

ピエール・ド・ロンサールはローズミンタラの新人ですが、つるバラです。

これに7枚葉があるのは、まあ、順当というところでしょうか。

 

周りを見るとHT(ハイブリッド・ティー)やFL(フロリバンダ)にも7枚葉があるではありませんか!

s-1095-4-7枚葉 

左側の上からガーデンパーティー、サムライ、チンチン、真ん中がランドラ。

右側は花をカットしていますが、ベルサイユのバラ、ヘンリー・フォンダ、ハニーブーケです。

 

Oh! 七枚葉が7種類も! これはラッキーセブンですね。

耐寒性が弱いヘンリー・フォンダにまで7枚葉があったことには、小躍りしそうになりました。

他の株も探せば7枚葉がありそうなのですが、キリのいいところで切り上げです。

 

今年のお天気の激しい変動にもかかわらず、今のとこ丈夫に育っているようです。

こうなると欲深くなり、秋の花宴を期待してしまいます。

秋の薔薇が楽しみ。

“秋の薔薇は大人の色でしっとりと咲く”

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)