FC2ブログ
 

ローズミンタラ

そんな高いところで咲いてどうするの!

雨上がりのローズミンタラ入り口です。

s-1086-1.jpg 

入り口のアーチにピンクのクレマチスが絡んでいるのですが、花の位置が目線よりも高い。

どこから見るのがいいのかな~?

 

家の中の居間から見ると・・・

s-1086-2.jpg 

ウ~ン、目線の高さだけれども、もうちょっと上から見たいな。

 

それでは、2階から見てみましょうか

s-1086-3.jpg 

Oh! この位置からだと全開の花を見ることができます

今度は、ちょいと下すぎですかね!

一体、誰に見せようとして咲いているのでしょう?

 

西日本では荒ぶる神が暴れて甚大な被害をもたらし、こちらでは天照大神が再び岩戸に閉じこもり、日照は閉ざされ、冷たい風が吹き荒びます。

ジリッ、ジリッと効くボディブロー。

もう少し穏やな気候であってほしいものです。

こんなに苛烈ですが、隙間を縫って花が咲きます。


ロイヤルボニカ】 

s-1086-4.jpg 

サーモンピンクの可愛いバラです。



ダブルノックアウト

s-1086-5.jpg 

病気に強く、虫にも強い。

ダブルで強いので、ダブルノックアウト。

それでも虫はつきます。

それこそ、「蓼食う虫も好き好き」なのですね。


ビブレバカンス

s-1086-6.jpg 

まだ花数が少ない。

これからが本番になります。


桜貝

s-1086-7.jpg 

淡いピンク、少し青みがあります。

花びらが薄く、茎も細いので、か弱い感じのするバラです。


バイランドとピンク・ラ・セビリアーナ

s-1086-8.jpg 

中心の濃いピンクがピンク・ラ・セビリアーナ。

薄いピンクがバイランド。

ピンク・ラ・セビリアーナと比較すると花弁が倍以上あります。

それで、倍ランドというのかしらん。


グリーンアイス

s-1086-9.jpg 

グリーン色になるミニバラです。

最初は、薄ピンク、次に白くなり、最後に薄緑になっていくバラです。


アスチルベ

s-1086-10.jpg 

明日散るから「明日散るべ?」

いえ、いえ、明日は散りません。

それでも名前は、「アスチルベ」

名前の覚えやすい花です。

何故か今年は元気がありません。

宿根草なので、株分けの時期が近づいたのかもしれません。

花後に、確かめてみましょうかね。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)