FC2ブログ
 

ローズミンタラ

プレ・オープンガーデン(2)

昨日のお話続きです。

昨日は、三人娘が酔わないうちに踊り狂い宴を始めてしまいました とお知らせしたのですが、今日になると、もう、チンチン(乾杯)が咲いているのです。

 

【チンチン(乾杯)】

s-1080- (4) 

一日違うと、こうも違うものか!

毎年見ているはずなのに、バラの咲き方には驚きがいっぱいです。

 

【ニコロ・パガニーニ】

s-1080- (3) 

ローズミンタラの赤系統のバラは黒バラ系と朱バラ系がほとんどになりました。

今頃気づいたのですが、こんな色が好きなのかもしれません。

そういえば、黒バラの色は小豆(あずき)の色に似ています。

もしかして、ブログ名を「大福」としたこととなにか関係があるのかしらん。

大福には、小豆色あんこがつきものですからね。

無責任ですが、自分のことって分かっているようでいて、分からないことが多いです。

 

【ラバグルート】

s-1080-11.jpg 

小ぶりの房咲き。

バラらしくない? ころっとした形のバラです。

 

【ピエール・カルダン】

s-1080- (1) 

フランスの有名デザイナーと同名のバラです。

ソフトピンクをベースに、ローズピンクのスポットをちりばめた花弁。

肉食系の花だと思っています。

 

【ニコール】

s-1080- (2) 

白に薄いピンクの覆輪。

妖精に出会ったかのようです。

葉は照葉でこちらも綺麗。

 

【エル】

s-1080-13).jpg 

今年は早くからベーサルシュートが出てきました。

花茎も太くて、丈夫そう。

将来が楽しみなバラです。

 

【ラルサバビロン】

s-1080-16.jpg 

不思議な一重の花です。

花の色がすぐに変わるのです。

茎のトゲが細長くて硬くて、痛い。

まるで「寄らば刺すぞ!」と言っているみたいなのです。

刺されたくないので、庭の奥で咲いてもらっています。

 

 

これから先は、豆福ガーデンの一部をご紹介します。

豆福ガーデンは、鉢植えです。

 

【コルジリネの寄せ植え】

s-1080-17.jpg 

茶色の長い葉の鉢です。

茶色の葉のコルジリネの周りに野ぶどう、ツタ、花を配しているのですが、庭の中に置くと鉢が一体化してしまいました。

 

【そどおり姫】

s-1080-18.jpg 

緑を加味した白い花

そどおり姫は、弱いので地植えには向きません。

かつて、スタンダード仕立てにしたのを豆福が貰いました。

30数年経って、スタンダード部分が駄目になってしまいました。

画像は挿し木の「そどおり姫」です。

スタンダード仕立てにしたいのですが、その技がないので鉢植えにしています。

 

【朱色のチンチンとピンクのロイヤルボニカ】

s-1080-19.jpg 

バラの種類によって鉢を選ぶとうまくいくようです。

この鉢は30cm角なので、この鉢に植えると環境が狭いせいか株も小型になります。

FL(フロリバンダ)系、ブッシュ系、ミニ系のバラならこの鉢でもOKでしたが、HT(ハイブリッド)系は背が高いので、これよりも大きな鉢が必要です。

 

【コーヒーオベーション】

s-1080-20.jpg 

茶系のバラです。

このバラも弱くて、地植え向きではありません。

鉢に植えてやっと咲くという気難し屋さんです。

 

【レッドミニモ】

s-1080-21.jpg 

ちょっぴり蛍光色が入った赤色のミニバラ。

黒点病に弱いので、手がかかるのですが、なぜか手をかけてしまいます。

 

【成長する絵画】

s-1080-22.jpg 

今年も豆福が涼しい絵を描きました。

白い背景に青い花。

今年は背景の天井に穴を開け、日がさし、雨が当たるように工夫をしました。

うまく成長するといいな。

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ブログ上ガーデン散策堪能しました。ありがとうございます。ほぼ満開ですね!豆福さん段々腕上げてますね!そういえば先日は、鉢植えの先生をなさってましたわね。【成長する絵画】とても素敵!
質問一つ 【そどおり姫】って和歌の神様と言われているあの「衣通姫」と同じでしょうか?日本的なネーミングですね。

takarinn | URL | 2018/06/26 (Tue) 17:43 [編集]


Re: 衣通姫

「そどおり姫」って、そうなんです、和歌三神の一人と言われているあの「衣通姫」なんです。
<日本的なネーミングですね。>の感想は、的中しています。
このバラは、外国人ではなく、日本の小野寺透さんが作出したものなのです。
小野寺さんは、きっと、古代の美女、玉津島明神(衣通姫)をご存知だったのでしょう。

大福 | URL | 2018/06/26 (Tue) 22:14 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)