FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ブリジストン美術館展

先日、札幌へ出かける用事ができました。

着いてしまえば5分もかからない用事なのですが、電話やメールでは済まないものだったのです。

その用事を足すことだけに往復2時間以上も運転に時間を取られるのは悔しい。

前々から気になっていた「ブリジストン美術館展」を用事に組み入れました。

s-1079-1.jpg 

この展覧会は、北海道立近代美術館で624日(日)まで。

もうすぐ締切。

s-1079-2.jpg 

418日付の新聞の切り抜きを持っていたのですが、なかなか札幌へ行く機会がなかったので延び延びになっていたのです。

 

いざ、出発。

札幌までの途中、岩見沢サービスエリア寄ると、小洒落たガーデンがありました。

s-1079-3.jpg 

こんなところで、お茶かランチをするのもオシャレかも。

 

小洒落たガーデンの樹の下には、これまた不思議なオーナメントがあったのです。

s-1079-4.jpg 

帽子を被った きのこ? がいるではありませんか。

これは一体 何?

・・・・・・・

砂川のサービスエリアにはコロポックル(蕗の下の神様)がいるのですが、このきのこは・・・・・ご存知の方はご一報ください。

 

美術館展はブリジストン美術館が改築中なので、近美が所蔵作品を拝借して実現したもの。

来年の秋以降に新美術館がオープンするとのことですから、地方での美術展は来秋以降は見込めません。

s-1079-5.jpg 

例によって例のごとく この先の撮影はNG。

これから先は、乏しいボキャブラリーで書くしか無いので、想像力を駆使してお付き合いをお願いします。

 

【すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢】

人だかりが一番していたのは、ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」

舌を噛みそうな名前ですが、おしゃまなジョルジェットです。

やや暗めの部屋を背景に少女を明るく輝くように描かれた作品は近美の薄暗い展示室の中でも目立つものでした。

この作品は、下記からご覧いただけます。

http://event.hokkaido-np.co.jp/bridgestone/works/index.html

  

【少女】

先の「すわるジョルジェット・・・」の数歩先には同じくルノワールのパステル画

「少女」です。

こちらの少女は、東洋的な顔立ちで、画風も控えめなのです。

いっその事、「すわるジョルジェット・・・」と「少女」の2対を対比して展示したら面白かろうに。

ちょっと意地悪なことを考えてしまいました。

 

【雪の中を駆ける鹿

立派な角の雄鹿が雪原を駆ける、クーベの作品です。

エゾシカの被害が取り沙汰されて久しいので、残念なことにはボクの鹿を見る目は曇ってしまいました。

駆ける姿を、雄姿として、芸術作品として捉えることができなくなっているのです。

どうしても、害獣にみえてしまう。

見る人の実生活によって芸術作品の観方、受け取め方が大きく変わる。

と感じたものです。

 

【睡蓮】

もう一つ、印象的な作品がありました。

睡蓮といえばモネと言われるほどの芸術家ですが、今回の作品には睡蓮の花が見えないのです。

もしかして、睡蓮の作品を多作しているので、気まぐれに花のない作品を・・・とうがった考えが浮かんだのですが・・?

先日、北海道子どもの国で「睡蓮」を見てきたばかりなので、花は咲いていたほうが絵になると感じた次第です。

s-1079-6.jpg 

 

ミレー、マネ、モネ、ルノワール、ゴーガン、セザンヌ、マティス、ゴッホ、ピカソ

etc

三岸好太郎美術館での展示も含め84点の作品群です。

ボクは近美の56点だけを観てきたのですが、楽しいものでした。

 

外に出ると、芝生の中に本郷 新の「嵐の中の母子像」がありました。

s-1079-7.jpg 

子どもを抱きかかえ、もうひとりをオンブしようとしている像。

この「嵐」とは自然現象の嵐のことなのだろうか?

それとも・・・・・?

「嵐の中の母子像」は、北海道立近代美術館だけではなく、広島市平和記念公園、長万部町平和祈念館、京都の立命館大学国際平和ミュージアムにもあるのだそうです。




 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)