FC2ブログ
 

ローズミンタラ

目まぐるしい春

福寿草が咲き、水仙が咲き、チューリップが咲き、桜が咲き、梅が咲き、次から次へと花が咲き競います。

大福は、ラティスを塗り、設置し、バラを植え替え、消毒し、剪定して開花を待ちます。

豆福は、植木鉢を植え替え、新たな鉢花を用意し、吊り鉢やハンギングの飾りに余念がありません。

 

今日のローズミンタラの様子を ご紹介します。


【におい水仙】

s-1068-2.jpg 

花径810mm程度の小さな水仙

小さな花なのに、とてもいい匂いがします。

数年前に通販で購入したもの。

暖地の花だったようで、葉先が凍害を受けやすいのが玉に瑕。

でも、増えてきたので、この地に馴染んできたのかもしれません。

 

【原種チューリップ】

s-1068-1.jpg 

原種チューリップの一種ですが、球根は小豆大。

あまりにも小さいので、植え替えようとすると土の塊に紛れて区別がつかなくなります。

植え替えたい気持ちを抑えて、そ~っと、そ~っと、そのままにしています。

分からないのは、植えたはずのないところでも咲いたということです。

花が終わったら、花柄はぜ~んぶ切り落とすので、種ができるはずもないのに。

どうして離れたところで咲いたのか・・・不思議。

写真の右奥の白い花はジューンベリーです。

 

【ジューンベリー】

s-1068-3.jpg 

寒さに耐え、病気に強く、害虫にも負けない。

そして、実がなる庭木・・・そんなのあるはずがない。

ところがこの木は、それに合致したのです。

ジューンベリーというからには6月に実がなる筈ですが、北海道では一月遅れの7月に実を付けます。

7月に実をつけるので、ローズミンタラでは「寿来ベリー」と名付けました。

 

【クリスマスローズ】

s-1068-4.jpg 

クリスマスローズというからにはその時期に咲いても良さそうなものですが、あいにく北海道はその時期は雪の中。

咲けるわけがありません。

待ちに待って、やっと咲き始めたのです。

名前の華やかさとは裏腹に、控え目で、うつむいて咲くので、正面から御尊顔を拝することは難しい花です。

写真を見て、あらためて感じたのですが、黄色が無い。

幼苗の絵札を見て黄色だと思って買った株は残念ながらハズレだったのです。

今年は、黄色を探してみましょうかね。

 

 


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)