FC2ブログ
 

ローズミンタラ

シュート

5月に入って日差しは暖かくなったのですが、風が冷たい。

バラの成長はどうかな~?

 

去年の冬は、雪が少なくて雪かきは楽だったのですが、バラは凍害を受けました。

今年は雪が多くて冬枯れした株はありません。

もっこり積もった雪で潰され、枝折れした株はありましたが、凍害は免れました。

芽が動いているのを見るとほっこりします。

「よく無事だったね~。今年も綺麗に咲こうね。」

バラに話しかけます。

誰と話しているんだ?と訝られると困るので、小さな声で話しかけます。

 

もうシュートが・・・・・

シュートと言っても球技のシュートのことではありません。

バラのシュートとは、新しく伸びた枝のことです。

 

【ベーサルシュート】

特にバラの株元から出てくる勢いの良いのをベーサルシュートと呼びます。

今年はベーサルシュートも元気です。

s-1066-1.jpg 

株を更新していく上で大事で、将来の主役になる可能性を秘めています。

ベーサルシュートが出るのが遅いと、秋までにしっかり固くなれません。

軟弱な枝は冬越しできないのです。

今年は、この時期に出てきたのですから秋までには硬い枝になることでしょう。

期待してしまいます。

 

【サイドシュート】

枝の途中から伸びてくる枝はサイドシュートと言うのだそうです。

花を咲かせる枝です。

s-1066-2).jpg 

春先、バラの芽が動き出すと内側の芽は欠き落とします。

内側に枝が出ると、枝と枝が交差することになります。

交差すると、風に揺れて互いを傷つけてしまうのです。

外側の芽は温存し、団扇の骨のように外へ外へと広がるように工夫するのです。

 

言ってしまえば簡単なことなのですが、絵に描いたようにはうまく行きません。

毎年、あれこれ試行錯誤の繰り返しです。

今年も花の咲く時期が近づいてきました。

花が咲くまで、指折り数えて待つ今は、花を愛でる時期に負けないほど楽しい時期です。



 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)