FC2ブログ
 

ローズミンタラ

マーマレードの季節

採りたての甘夏が届きました。

皮の厚い「川野」という品種です。

これがマーマレードに最適。

ほろ酸っぱくて甘い、春の味。

ポットハウスに注文していた甘夏、これが届くのを心待ちにしていたのです。

s-1050-1.jpg 


熊のパディントンはマーマレードが大好き。

大福もパディントンに負けず劣らずマーマレードが大好き。

 

惜しげなく食べるには、パディントンのルーシーおばさんのように自分でつくるのが一番。

自分でつくるには、よく切れる包丁が必要です。

今までは、砥石を使ってボクが研いでいました。

簡易研ぎ器なんぞ問題にならん。

よく切れるぞ。 

と ほくそ笑んでいたのです.

(研ぐ前の包丁)

s-1050-2.jpg 


去年、狸小路の「宮文」で包丁を研いでもったところ、めちゃめちゃよく切れる。

しかも切れ味が長持ちする。プロとアマの差が歴然。

というわけで、先日、札幌へ出かけた一番の目的はこの「包丁研ぎ」にあったのです。


研ぎ上がるまでに時間がかかるので、その間に棟方志功展を観に行ったという次第。

マーマレードを一年分つくるので、一丁の包丁でスライスすると、切れ味が落ちてきます。

それで、包丁を交代しながら使うのです。

ポットハウスのHPによると、スライサーでも大丈夫なようですが、うちではまだ試したことがありません。

(研ぎ終えた包丁)

s-1050-3.jpg 

プロの腕は、確かです。

見ただけでも、ピカピカ光って、いかにも切れそうです。

包丁の刃を指で挟んで、スーッと引いても一つも当たるところがありません。

食材がスパッと気持ちよく切れます。

 

料理の腕が上がったように感じますが、甘夏を薄くスライスする技はボクの手におえません。

豆福の匠の技の出番です。

ボクは、下ごしらえに専念することにします。

さあ、今年もマーマレードづくり開始です。

 

ブログを見て、ご自分でも作った方がいらっしゃいました。

「自作したけど、ほんとに美味しかったよ!」との声。嬉しかったです。

今回も作り方は、前回とほぼ同じなので、2015年3月18日 のブログをリンクしておきます。

よろしければご覧ください。


甘夏マーマレード

http://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-635.html

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)