FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ニューイヤー コンサート

ニューイヤー コンサートといえば「ウィーン・フィル」

オーストリア・ウィーンで元旦に奏でられるお正月の風物詩。

チケットをとるのに10年以上かかるとも言われるプレミアムな演奏会です!

ニューイヤーコンサート2018

https://www.youtube.com/watch?v=eDZT4tm62g0

 (視聴時間:16分48秒)

 

遅ればせながら、こちらはローカル版のニューイヤーコンサート。

今年で6回目になります。


s-1039-1.jpg 


「ウィーン・フィル」を現地で視聴することは夢のまた夢ですが、「ゆう」のニューイヤーコンサートならチケットをとるのに10年もかかりません。

 

今回は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの弦楽四重奏(?)

札響会員13名による演奏。

プログラムで演奏者の写真と名前を見て全員が女性だと思っていたのですが、チェロの奏者、一人が男性でした。


s-1039-2.jpg 


男性の中に女性が一人のときは、「紅一点」と言われるのですが、さて、このように女性の中に男性が一人のときは、何と表現したらいいのか・・・・・?

 

思いついたのが、「玄一点」

「玄」は「黒」という意味なのです。

そして、今回は弦楽四重奏の「弦」に語呂合わせをして「玄一点」ということに。

 

妙な思いつきですが、演奏に浸りながら想像の世界にさまようと、こんなことになります。

コンサートを聴いているので、思いついても、その場では言いません。

格式高いところで最低限のマナーは、守ってきたつもりです(苦笑)

 

第一部は、ちょっと格調高く。

第二部は、懐かしの映画音楽に載せた演奏。

別室では、ワインバーがオープン。

開演前、休憩、終演後には賑やかに出入りしていました。

あっ、休憩時間には演奏者もバーにいました。

お正月の特権ですね。

 

アンコールは、「マイフェアレディ」より、“踊り明かそう”

YouTubeに映画のサントラ盤がありました。

弦楽の味わいとは違うのですが、懐かしのメロディです。

マイフェアレディ

https://www.youtube.com/watch?v=T9ieW9v4k_s

 (視聴時間:3分58秒)

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

女性の中に只一人の男性演奏者ならさしずめ「黒一点」でしょう。でも反対を「紅一点」というなら、大福さんの「玄一点」の方がいいのでは?と思いました。「黒一点」に対するなら「赤一点」になるでしょう?「玄」は弦楽器の「弦」に通じるし・・・まあ人それぞれの語感の問題か単なる拘りか??
音楽の話から逸脱してしまいました。
今年もご健筆?を期待しています。よろしくお願いします。

takarinn | URL | 2018/01/19 (Fri) 11:07 [編集]


Re: 紅一点

単なるこだわりなのでありますが、色ごとはすべからく難解なのであります(笑)
「春夏秋冬」と「青赤白黒」の色がリンクして「青春、朱夏、白秋、玄冬」と表現されるように、♪ドレミの七音と虹の七色がリンクすると面白いのではないかと思うのですが・・・こちらの表現は未解決。
本年も叱咤激励をよろしくお願いします。

大福 | URL | 2018/01/19 (Fri) 21:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)