FC2ブログ
 

ローズミンタラ

クリスマスの「お餅」


クリスマスにはケーキが定番

ところが、今年は、お餅!

 

昨日、おんちゃんから電話があったのです。

「例年、28日が餅つきだけれど、今年は明日にしようと思うんだけど?」

お正月用のお餅つき。

その日は家族が揃わないので、前倒しにしようというのです。

勿論OK。

 

年末年始にかけては、いろんな行事が立て込みます。

冬至カボチャ、クリスマスケーキ、お餅つき、年越しそば、元旦お雑煮、初詣、お年始、etc

細かいものをかぞえたら、まだまだありますが、これだけあったら一つや二つ重なってもノープロブレム。

 

イチゴを持っていきました。 もう、餅つきの最中。

s-1033-1.jpg 

(小学校5年生のユッキと3年生のヒナがお手伝いをしているところでした)

 


「イチゴ大福は、何餅でつくるの~? 白餅?、豆餅?、草餅?」

小学生2人のリクエストは“豆餅!”でした。

s-1033-2.jpg 

白い餅でなく、豆餅をリクエストするなんぞ、これは「通(つう)」の領域です。

 


豆餅のイチゴ大福だけでは物足りないので、草餅の大福も作りました。

s-1033-3.jpg 

赤いイチゴに緑のお餅、クリスマスカラーになりました。

 

ヨモギ草が入っているので、いちごは透けて見えません。

ほろ苦さも加わって、大人の味です。

 


白餅完成、豆餅完成、草餅完成!

いよいよお昼用のお餅です。

お昼は、お雑煮。

s-1033-4.jpg 

「おじさん、何個食べるの?」

小学校5年生のユッキが、おさんどんです。

餅は丸めるし、お雑煮をよそうこともできる。

食後のお片付けもユッキとヒナがお手伝い。

二人ともずいぶんと大人になったもんです。

 

つきたての餅は、納豆餅がおいしい。

s-1033-5.jpg 

左の皿は、食べ過ぎ対策の?大根おろし。

納豆嫌いの関西人にとっては、耐えられないものかもしれません。

こちらでは、つきたてのときにだけ味わうことがでる貴重品。

しかも、ネギ入り。

これが肝(きも)なのです。

ネギのない納豆餅なんぞ、考えられない。

 

おいしくいただいて、神棚のお供え餅、お正月のお雑煮餅などをいただいて帰りました。

おいしかったよ~。 

クリスマスの餅つきも悪くないね。どうもありがとうございました。

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)