FC2ブログ
 

ローズミンタラ

冬至


昨日(22日)は、冬至。

昼の時間が一年のうちで最も短い日。

「 冬至 冬中 冬はじめ ( とうじ ふゆなか ふゆはじめ ) 」と言う言葉は、暦の上では冬のさ中だけれど、冬の厳しさはこれから始まるぞ、という脅し文句?

 

それでも冬至を過ぎると、これ以上昼が短くなることは無いので、何とはなしに一山(ひとやま)超えた気分になります。

 

冬至は、定番の「南瓜」

えびすの終業式で、かぼちゃスープを飲んだばかりですが、こんどは、お汁粉。

「お団子の粉を買い忘れたんだけど、お団子無しでもいい?」

あずきは、昨日から水でふやかしていました。

「それじゃあ、ぜんざいにしようか?」

出来上がった「ぜんざい」は、コレ!

s-1032-1.jpg 

こちらでは汁気のあるのを「お汁粉」、汁気のないを「ぜんざい(善哉)」と呼ぶのですが、関西では、こしあんを使った汁気のあるものを「お汁粉」、粒あんで汁気のあるものを「ぜんざい」と呼ぶのだそうです。

そして、汁気のないものは「亀山」や「金時」と呼ぶのだそうですが・・・聞きかじりなので正確性は???。

 

仕上げは、これも定番の「ゆず湯」

s-1032-2.jpg 

一個を半切りにしてプッカプカ。

足りない分は、入浴剤で補うことに・・・えっ、入浴剤も無い?

 

「無い袖は振れぬ」

むかしの人はうまいことばを残してくれたものです。

団子が無くても、お腹は十分に満足、入浴剤が無くても身体はポッカポカ。

あっという間に夢の世界に飛び込んで行ったのでした。

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)