FC2ブログ
 

ローズミンタラ

牡蠣パ&たこパ

 

パソコンサークルえびすで恒例になった(?)パーティです。

昨年は、牡蠣を取り寄せたのですが、今年は牡蠣パーティに加えて たこ焼きパーティもしようという欲張りな企画。

略して「牡蠣パ&たこパ」です。

s-1017-1えびす牡蠣パ&たこパ 

 

18日当日、早朝に仙鳳趾(せんぽうし)まで「みっちい」先生が牡蠣を仕入れに行ってくるという強行スケジュール。

仙鳳趾までは、片道350~360㎞、夏道でも車で5時間ていど。

今は冬道で、しかも荒天なので、かかる時間は「みっちい」ではなく、未知数。


みっちい先生が命懸けで飛脚便のように韋駄天走りで運んでくれた牡蠣はコレ!

大袈裟な表現をしたのには訳があります。その訳は、psで。

s-1017-2牡蠣 

活きが良くて、プリッ プリ。

 

会場は「ゆう」の食品工房。

s-1017-3.jpg 

食品工房は、料理教室にも使われるだけあって料理道具はほとんど揃っています。

 

それでも「タコ焼き機」は無いので、メンバーが持参。

s-1017-4.jpg 

たこ焼き担当は、nonohagiさん、Hさん、OBのAさん、そしてみっちい先生でした。

 s-1017-4たこ焼き


参加者は12名ですが、持ち寄り&自作パーティの感があります。

豆福はメンバーが希望するパンプキンスープを持参。

OBの方は、新米のおにぎり、赤飯、漬物を持ってきてくれました。

s-1017-5.jpg 

 

工房では、アヒージョをつくって、カキフライをつくって、牡蠣を電子レンジでチンして

ワインを飲んで・・・

s-1017-6アヒージョ 

アヒージョ担当はみち姉さん。

Oh! 油が跳ねるのか腰が引けているけれど、味付けはバッチリ。

残ったオイルは、パンにつけるとおいしい。

 

カキフライを担当したのは、豆福。

s-1017-7カキフライ 

活きのいい大きな牡蠣をこじ開けて、洗って、衣をつけて、揚げる。

確か30個ほど出来たはずなのですが、みるみるうちにみんなの胃袋にすっ飛んでいきました。

 

レンジ牡蠣の担当はNさん。

牡蠣の大きさが分かるようにピンさんが手を添えてくれました。

s-1017-8レンジ牡蠣 

プリツ プリでしょう。

おいしくて、いくつでも食べられそうなんです。

 

飲んだワインは、この4本。

s-1017-9-ワイン1 

北海道をこよなく愛するメンバーがそろったせいか、飲んだのは、道産品。

ちょいと飲み過ぎた人もいましたが、きっと、おいしすぎたんですね。

 

〆は、恒例の「りんごの皮むき大会」

s-1017-10.jpg 

りんごは三谷農園の「昂林(こうりん)」

「フジ」の系統のリンゴで、甘みと酸味のバランスが絶妙。

 

制限時間は30秒、その間にリンゴの皮を長く剥いた者が勝ちです。

人数は、限定6名様。

s-1017-11ワイン2 

優勝者は、このワインの中からお好みの一本をゲット。


 

スタート!

s-1017-12.jpg 

あ~っと、まさかの、みち姉、脱落。

手が滑って、リンゴの皮に逃げられた。

 

s-1017-13.jpg 

ピンさんいい調子で頑張っています。

 

s-1017-14.jpg 

男性陣、健闘中。

 

s-1017-15.jpg 

判定の結果は、Hさんの優勝。


心優しい女性陣が、勝ちを譲ってくれたのでしょう。

「実力だよ」(と、陰の声)

Hさんは、ワインを寄贈してくれたのに、また持って帰らなければなりません!

せめて、持って来たのとは違う銘柄をお持ち帰りください。

 

皮むき大会に使ったりんごは皮を剥いて

s-1017-16.jpg 

食後のデザートとして皆でいただきました。

サッパリとしてさわやかな味です。

 

来年のことを言うと鬼が笑うというのですが、来年の話が出てしまいました。

来年は、「カキまつり」ならぬ「カニまつり」を仕掛けるもようです。

s-1017-17蟹 

さて、来年は、どんなパーティになるのか、楽しみですね~!

 

ps

仙鳳趾への買い付けは、遠距離である上に荒天だったのです。

高速の路上に雪が積もり、吹雪で視界が遮られ、風雨で滑りやすい。

しかも、わだちにハンドルが取られ、走りにくいことおびただしい。

疲れが倍加します。

仙鳳趾で生牡蠣をふるまわれたとき、活きがいいのに気分が悪くなったのは、牡蠣の塩分の強さに疲れが重なったからでしょう。

帰路も道の駅で休みながら帰ってきたのですから、つらかったはず。

「命がけの飛脚便」と書いたのには、こんなわけがあったのです。

 

それでも帰ってきたら、ケロッとして皆と一緒にワイワイできるのですから、そのタフさ加減には呆れるしかありません。

体力にはからっきし自信がないボクとしては、彼女の爪の垢でも煎じて飲まなければなりませんかね~?




 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えびす牡蠣祭り参加者の皆様方に、感謝します。

臨場感溢れ、更にユウモア溢れる文章に脱帽です。えびすの絆が更に強くなった様な心境になりました。何よりも、先生がご無事で、帰還されたことが、一番の想い出になりました。ありがとうございました!

nonojagi | URL | 2017/11/20 (Mon) 19:59 [編集]


Re: えびす牡蠣祭り

おいしい「たこ焼き」をありがとうございました。海老も入っていて、舌が踊りました。
先生は無茶するよね。
あのパワーだから何とかなるとは思っていても、悪天候だったので、落ち着かない。
食品工房で顔を見たときはホッとしました。
「断じて行えば鬼神も之を避く」とかや。

大福 | URL | 2017/11/20 (Mon) 21:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)