FC2ブログ
 

ローズミンタラ

小樽あめ物語

 

今日から「小樽ゆき物語」。

来年の2月18日まで小樽の冬のイベントです。

 

今日と明日は「小樽しゃこ祭」

「しゃこ」は「ガサ海老」とも言われる食材。

外見はエビに似ていますが、別物です。

 

このお祭りがあるというので豆福と小樽へ。

明日もお祭りがあるのですが、明日は別用があって行けない。

 

小雨の中、出発しました。

札幌周辺になると「雨と風」が強くなり、

小樽が近づくと「雨も風も一段と強くなった」のです。

 

会場に着くと、「ん? 人がいない!」
お祭りのテントがたたまれている! ではありませんか。

FB(フェイスブック)を開くと


s-1013-1小樽しゃこ祭 

/www.facebook.com/otarushako

イベントは中止。

いやはや、「小樽ゆき物語」ではなく「小樽あめ物語」になってしまいました。

 

悔しいので、ランチは会場近くの「小樽運河食堂」内で「シャコとシャケの親子丼」

s-1013-2.jpg 

 

雨風が強くては街歩きもままなりません。

小樽芸術村で、似鳥(ニトリ)美術館、旧三井銀行小樽支店、ステンドグラス美術館の3館を観ることにしますか。

 

s-1013-3.jpg 


似鳥(ニトリ)美術館の1階はショップと受付。

4階に日本画、3階に洋画、2階に棟方志向と高村光雲、地階にはアールヌーヴォー&アールデコのグラスギャラリーでした。

s-1013-4.jpg 

旧・三井銀行小樽支店は、建物自体が石造りの古美術品。

室内では、吹き抜けの天井一面に15分ごとにプロジェクションマッピングが投影されるのです。

見終えると思わず拍手してしまいましたが、天井を見続けたせいか首が疲れました。

 

ステンドグラス美術館は、小樽運河沿いでした。

19世紀~20世紀のイギリス教会の窓を飾ったステンドグラスが140点。

こちらの生活ではなじみがないので、ちょっと遠い存在。

解説の音声ガイドは3館とも無料です。

 


小樽まで来たら、「かもめや」に寄らないで帰るわけにはいきません。

遅くなったのですが、今日は、女将さん居るかな~?

 

良かった! 居ました。久しぶりの再会です。

「コレ、何だか分る?」

s-1013-5.jpg 

「ん?」

「石なのよ」

「?」・・・何するんじゃろ?

 

珈琲を頂いているとマルコと息子さんが帰ってきました。

s-1013-6.jpg 

息子さんの言うことはよく聞きます。

「お座り」

「お手」

「はい、ごはん」

 

人が大好きなマルコ

喜んで、喜んで、全身で喜びを体現して、人に飛びついくる。

テーブルの脚にリードを縛るのですが、力持ちなのでテーブルごと引っ張ってくる。

それで、重石を風呂敷に包んでテーブルに載せているのだと分かりました。


s-1013-7.jpg 

 


女将さんもマルコを躾けています。

s-1013-8.jpg 

「お座り」

「お手」

「はい、ごはん」

女将さんの言うことも聞くのですが、少々手こずり気味かな?

 

楽しいひとときでした。

「次に来るときは、重石をお土産に持って来ます」(笑)

そう約束して、「小樽あめ物語」を締めくくったのでした。


ps.

明日、「小樽しゃこ祭」に参加予定の方は、FBか、電話0134-22-5133(小樽市漁業協同組合)で様子を確かめてから行動されてはいかがでしょうか。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そういえば、毎年この頃に小樽の蝦蛄祭りの事が「かもめや」さんのブログにアップされていましたね。
本ブログを拝読して、何と残念なこと!と他人事ならず同情してましたが、「かもめや」に立ち寄り、女将さん&息子さん&マルコ君に会えてよかったよかった!と安堵しました。テーブルの重石!見たわよ私も。マルコ君の馬鹿力?に対抗するためだとか。でも裸石でなく紫の風呂敷に包んでいるあたり、女将さんのセンスと云うかさりげない粋さを感じましたね。

takarinn | URL | 2017/11/13 (Mon) 10:40 [編集]


Re: タイトルなし

ホントに悔しいったらありゃしない。
11日と12日のお天気が入れ替わるか、用事が入れ替わると、良かったのですが・・・そうそううまくはいきませんでした。
女将さんと息子さんとマルコに逢えたのが最大の収穫。
アポなしで訪問したのに、逢うことができたのですから!ラッキー!
来春は、重石探しから始まりそうです(笑)

大福 | URL | 2017/11/13 (Mon) 23:32 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)