FC2ブログ
 

ローズミンタラ

打って変わって(その2)

 

先週にさかのぼってのお話になります。

レンタカーで、大垣から高野山を目指していました。

「山」と言うからにはぐにゃぐにゃ道路は承知の上ですが、雨が降ってきました。

可児市の花フェスタ記念公園や関ヶ原の視察のときは、「晴れ」

ところが、打って変わったお天気になってしまいました。


雨が降りしきる中、ライトをつけて走ります。

高野山は標高が高いせいか所々で雲が湧いてきます。

つづら折りで先が見通せない。

ん~、これも高野山の修行の一つか? 

 

午後6時前、海抜820mの平地に到着。

ここは1000m級の8つの峰に囲まれた東西5㎞、南北1㎞の平地で「八葉の里」と呼ばれています。 この地とハスの花をダブらせたのでしょうか。

s-1009-1.jpg 

宿坊は、九条家菩提寺の一乗院。

 

お寺に泊って「精進料理」を頂くなんぞ、そうそうできることではありません。

是非、やって見たかったのです。

当然のことながら、肉、魚、無し。

s-1009-2.jpg 

物足りないかな?と思っていたのですが、十分でした。

和室でしたが、小綺麗。

 

今回の旅行では、ここのトイレが印象的でした。

引き戸を開けると、自動で電気がつきます・・・これくらいは当たり前か。

次に洋式トイレの蓋が「どうぞ」とばかりに自動で開くのです。

用を足して立ちあがると「あらよっと」 自動で流れて行きます。


試しに蓋をせずに出てきました。

しばらくすると、蓋は閉まっているのです。

自動開閉でした。

古いというイメージの寺院に先進的なトイレ!

そのギャップが印象的だったのですが、流し忘れが無くていいのかもしれません。

 

お風呂もチョイス。

残念ながら、温泉ではありません。

でも、結構広いお風呂を独り占めしてきました。

折よく、だ~れも入っていなかったのです。

 

翌朝、午前630分から勤行(ごんぎょう)がありました。

本堂には椅子が用意されていたので、50分間でも足がしびれることはありません。

ところが、この日の外気温は9℃。

本堂に暖房は無く、震えるほど寒い!

ダウンジャケットを着込んでいる人もいたのに、シャツ姿で参拝。

う~ん、甘かった!

 

朝食も精進料理

s-1009-3.jpg 

温かい湯豆腐が身に沁みます。

夕食の精進料理は、消化が良くて朝食が待ち遠しかった。

 

部屋の窓から中庭が一望できます。

s-1009-4.jpg 

池の錦鯉を眺めながらの朝食。 贅沢なひとときでした。

 

さて、高野山の見どころはどこですか? 

案内所がありました。

まずは、近くの金剛峯寺へ

s-1009-5.jpg 

広い寺院の中を見ることもできるのですが、すでに宿坊で多数の仏画、仏具、仏様にお会いしているので、内観はパス。

 

そのまま進むと檀上伽藍につきます。

s-1009-6.jpg 


ここも広い。一周して、次はいよいよ弘法大師の御廟があるという奥之院へ。

一の橋から歩いて登ると2㎞、中の橋の駐車場からだと800m

一の橋から登ると、歴史の著名人の碑を見ることができるのですが、足に自信がない。

中の橋から歩きました。

s-1009-7.jpg 

入口(スタート)

雨が凄かったのか、石畳の外は水が流れ、ところどころ大きな水たまり。

 

800mでも不安だったのですが、「見たい」と言う「欲」ですかねぇ?

歩き切りました。

s-1009-8.jpg 

(ゴール目前)

この橋から先は、撮影禁止。

空海さんは恥ずかしがり屋さんなんですね。

雨にたたられた高野山でしたが、数日後には台風21号が猛威を振るった紀伊半島です。

撥水コート程度で対応できたのでこれでヨシとしなければならないのでしょう。

 

中の橋会館で昼食をとって、さあ次の目的地、志摩へ。

伊勢志摩サミットの会場を見てくるつもりです。

 

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

雨の高野山詣でというより、あのくねくね道の雨中走行はとても大変だったことでしょう。その分ご利益(何の?)もきっと大きいでしょう。
先年バス旅行で暑い頃に日帰りで参詣しましたが、全部は周り切りませんでした。奥の院のものすごい数のなんでもありみたいなお墓が雨では困難でしたでしょう。
でも宿坊体験は素晴らしいことでしたね。朝の勤行にも出られて。
傘もささずに同行した気分です!

takarinn | URL | 2017/10/27 (Fri) 21:48 [編集]


Re: タイトルなし

雨の高野山詣では、歩くのが無理かな?と思っていたのですが、「歩けた」だけでもご利益があったというものです(笑)
念のため防寒防水コートを持って行ったのが良かったです。 寒くて驚いてしまいました。
ここは真言宗の聖地だと思っていました。
ところが親鸞さんの墓碑があり、著名企業の碑があり、ありありのなんでもあり。 心の広い聖地でした。
杉の大木が印象的でした。
墓碑は苔むすものだけではなく、鉄さびで茶色になったようになものもありました。もしかして、あれは杉の花粉で茶色に?
晴れていたらもっと良かったのに、と思うと、チョット悔しい。


大福 | URL | 2017/10/28 (Sat) 08:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)