FC2ブログ
 

ローズミンタラ

花の見頃

今日はとても肌寒い日でした。

南西風なのに、外にいると手がかじかむほど。

4月下旬に桜前線が北海道に上陸して、札幌までは特急列車だったのですが、その先はどうやら鈍行に代わったようです。

5月に入ってから寒かったせいでしょうかね。

砂川では、やっと櫻の見頃を迎えました。

 

この近くでは、美唄の東明公園、奈井江のにわ山公園が桜の名所です。

ツルちゃんの櫻も見頃を迎えたようです。

s-20210504-1.jpg

薄ピンクのソメイヨシノもいいけれど、ツルちゃんの櫻のピンクは目を惹きます。

でも、今年の桜は記憶している桜より花数が少ない。

記憶の中で、櫻の絵が徐々に美化されているのかな?

s-20210504-2.jpg

 

庭の草花も咲き始めました。

定番の水仙、チューリップ、ヒアシンスなどです。

そう、そう、今年は、クリスマスローズの葉を剪定してみました。

クリスマスローズは葉が常緑のまま越冬するのですが、花が咲く頃、雪に痛めつけられた葉は、ボロボロになっているのです。

モノの本によると、光合成のため、この葉は取らないほうがいいと言われているのですが、

どうにも見苦しい。

s-20210504-3.jpg

花が咲くと同時に、新しい葉も出てきているので、古い葉を取り除いてみました。

クリスマスローズは種ができやすいので、株を温存するのに花が終わったら花弁の剪定をして、新しい葉を養生すればいいのではないかと思ってのことです。

 

ネズ公に食いちぎられたヒアシンスも咲きました。

花芽が痛めつけられた株は駄目ですが、まあ、他の株がそれなりに咲いてくれましたよ。

s-20210504-4.jpg


球根を食べられてしまった原種チューリップも残った株が咲いています。

s-20210504-5.jpg

食べられていないところは、華やかに咲きました。

 

全体を見ると

s-20210504-6.jpg

ネズ公の被害を知らない人が見たら、まあ、それなりかもしれません。

実態を知っている、自分たちとしては、「もっと密集していたはずだ」

「悔しいな~」なのです。

まあ、所詮、「欲」なんですけどね。

「とは思えども・・・」と、なかなか達観できません。

 


PageTop

土木工事?

51日と2日は、庭の造作工事。

雨が降って、芝が勢いを増してきたので、芝の目土を入れることにしました。

まずは芝にスパイクで孔(あな)を開けます。

雪圧で固くなった土に空気が通りやすくなるように孔を開けるのです。

これは豆福が活躍。

大福がやると大雑把ですが、豆福がやるとマメに孔を開けます。

ブログネームのせいでしょうかね。

 

ホームセンターで目土と砂を買ってきました。

s-20210502-1.jpg

目土散布前


s-20210502-2.jpg

目土散布後

 

次はオベリスクの鉄筋工事です。

去年、台風崩れの大風でホップのオベリスクが曲がってしまいました。

買い換えようかとも思っていたのですが、思うようなものがありません。

組み立て部品を取り出し、豆福が直してしまいました。

怪力です!

s-20210502-3.jpg

いや、いや、そうではありません。

テコの原理で直したのです。

これは、「怪力」ではなく、「快力」と言うべきでしたね。


よくよく見ると、まだ曲がっているところもあるのですが、ホップが巻き付いたら、目立たなくなることでしょう。

うまいこと直したものです。

 

園路のレンガとワイン瓶の沈下したところを直しました。

どちらも雪囲いの丸太や脚立が立っていたところなのですが、雪が重くのしかかっていたので、部分的に沈下してしまったのです。

s-20210502-4.jpg

この直しも豆福でした。

レンガ1ケ所が沈下すると、周囲のレンガを含めて4~5枚外さないと地盤がうまく整地できません。ワインの瓶、然(しか)りです。

s-20210502-5.jpg

整地完了

こんな孔がいくつもあって、それを一人で直したのですから、脱帽です。

 

ここまで書くと、お前はナニもしなかったのか? と咎められそうです。

大福は冬囲いの脚立の修理と新しい脚立を作っておりました。

s-20210502-6.jpg

修理と制作で12脚ほど作りましたが、塗装までは手が回らず、これは後日。

 

いかにも仕事ばかりしていたようですが、さにあらず、桜見物もしてきました。

先日は雨模様だったので、晴れた日に見直そうというわけです。

s-20210502-7.jpg

砂川の一番ザクラは、満開を過ぎるところ。

ここまで咲いても葉が出ないところはソメイヨシノに似ているような。


s-20210502-8.jpg

ツルちゃんの櫻は、56分咲き。

こちらは、エゾヤマザクラの系統なのでしょうか、葉も出始めていました。

s-20210502-9.jpg

もうすぐ満開です。

 

 

PageTop