FC2ブログ
 

ローズミンタラ

パソコンに翻弄されて

新型コロナ禍でサークル活動でも集まることがはばかられます。

パソコンサークル「えびす」では、去年の秋からzoomを使ってオンラインでサークル活動を始めました。

s-20210128-1.jpg


三密にならずに、参加者全員が顔を合わすことができるのですから、便利です。

メンバーは頭が固くなった熟年が多いので目を白黒させながら参加しているのですが、若い先生とサポーターさんが気長に(我慢して?)指導してくれるので、助かっています。

 

ところが、使っているノートPCが不安定になってしまいました。

内蔵カメラの画像が映ったり、映らなくなったり・・・

ディスプレイの角度によってはカメラ以外の画像もチラつく。

外付けカメラを使ったところ、カメラ機能そのものは大丈夫だということが分かりました。

一定の角度では、ディスプレイも大丈夫。

ということは・・・PC本体とディスプレイをつなぐヒンジの接触不良か?

これは厄介だねぇ。

やむなく、zoomには、豆福のパソコンを借りて参加していました。

 

パソコン本体とディスプレイが分離できるといいのに! 

ふと、骨董品のipad-2があることを思い出しました。

IOS9.3.5からバージョンアップできずに、お蔵入りになっていたのです。

(ちなみに現在のIOS14.3です)

s-20210128-2.jpg

これを使うと、PCとディスプレイの分離ができることになるのではないか?

調べてみるとspacedeskと言うフリーソフトをPCipadに入れるとミラーリングできることが分かりました。

久しぶりに充電して試してみると・・・映りました。

ところが、ところが、映るのは映るけれど約3秒遅れでカクッ・カクッ・カクッとしか動きません。

パントマイムのロボットの動きです。

骨董品はディスプレイとしても骨董品、現役として使うにはムリがありました。

 

次に思いついたのが、TVPCの画面を投影するという方法。

客間に22インチのTVがあります。

最近はお客が泊まることもないので、これを使おうか。

10年前の製品ですが、幸いなことにHDMIの受け口があります。

HDMIケーブル(1.5m)は100均で購入(330円)してきました。

さて、映るか?

s-20210128-3.jpg

(左側のシルバーがノートPC、正面がTV)

繋いでみると「Oh!ミラーリング成功!」

画質はPCよりも低いけれど、大きく映るので迫力があります。

 

ところが、ところが、ところが、目が慣れていないせいかワードを使うにはワイドすぎ。

デザイナーやユーチューバーはもっと大きなモニターを使っているのですが、ブログをアップする程度では、この横幅は持て余し気味。

画面はTV側でモードの切替で調整をすることができました。

これでワードはOK! 快適、快適。

 

ところで、Webはどうじゃ? メールはどうじゃ?

ん~! 逆にWebもメールも横幅が入り切らないことになりました。

また、切り替えなければなりません。

なかなか面倒だということが分かりました。

 

豆福からは「諦めて、直しに出すか、新しいのにしたら?」

ありがたいお言葉ですが、330円じゃあ直しも買えもしないからね。

手持ち品の有効活用で、どこまでできるのか試したいのです。

これで満足したわけではないけれど、しばしこれで遊んでみます。

「薔薇がいなくなったら、パソコンですか?」

豆福は、呆れ顔です。

 

Q&A

ノートPCをデスクトップPCとして使うには、天板を閉じないと邪魔です。

閉じて使うには、いくつかの課題がありました。

 

Q①:ノートPCを閉じても電源が落ちないようにするには?

A①:Windowsロゴ(スタート)から「設定」を開き→システム→電源とスリープに進みます。

s-20210128-4.jpg

後は、「画面」も「スリープ」も「なし」に変更すればOK

 

Q2:閉じているノートPCをどうやってONにする?

これは難問でした。

A2:難問はパソコンの専門家に聞くに限る。

ボクのPCdyanabookなので東芝にメールで尋ねると

「あんしんサポート」センターからメールで返信が来ました。

s-20210128-5.jpg

ちょっと操作が面倒でしたが、コンセントの電源のON、でPCのスイッチが入るようになったのです。これで難問解決

閉じたPCのキーボードは、ipadで使っていたBluetoothキーボードを流用。

テンキーは、ThinkPadx200で使っていた無線テンキーを流用

マウスはdyanabook付属の無線マウスがある。

かくして、ノートPCはデスクトップへと変身したのです。

 

今回は「放浪記」ならぬ「パソコンに翻弄され」た「翻弄記」でした。

PageTop

りんご園3号通り、排雪完了!

雪が降り続いて道幅は狭くなり、団地内の四つ辻には雪山ができて、見通しが悪くなりました。

交差点の横通りが見えないので、車での通行はビクビクもの。

玄関から通路の雪は庭に飛ばしていたので、うず高くなりました。

s-20210116-1.jpg

もう除雪だけでは間に合いません。


「そろそろ、排雪に来てほしいなぁ!」

中心街に近いところから排雪が始まるのですが、今年の雪量はなんせ多い。

「田舎の団地まで来るには、まだ先かな~?」と思っていました。

 

ところが、2、3日前からこの団地にも排雪車が入ってきたのです。

「いつ、来てくれる?」

近くに来ていると思うと、期待が高まります。

ついに、今日の午後、「りんご園3号通り」に来ました。

往路

s-20210116-2.jpg

例年とは来る方向が逆だったので油断しました。

危うく撮り逃がすところでした。


【復路】

s-20210116--3.jpg

ローズミンタラの地先も排雪。ありがとうございます。


【排雪して残った雪は除雪車で集めます

s-20210116-4.jpg

重機の排土(雪)板は、V字になったり逆V字になったりするスグレモノです。

 

例年は、一往復の排雪で道幅を確保できたのですが、今年は2往復でした。

それだけ雪が多いのです。

ここに降る雪の原料は「日本海」にあり!

春になれば溶けて流れて「日本海」に戻る・・・それなら来なくてもいいのに?


夕方5時ギリギリまで稼働して「りんご園3号通り、排雪完了」

これで、安心して交差できます。

お疲れさまでした、そして、ありがとうございました。

 

明日は4号通りと5号通りか? 

それとも、3号通りと5号通りをつなぐ縦通りか?

今年は、除雪の業者さんも大忙しです。



PageTop

またしても、雪おろし

今季の雪はどうなっているのでしょう?

昨冬は雪が少なくて驚いたのですが、今季の積雪は早くも倍返し。

春になるまで、何倍返しになるのやら?

s-20210111-1.jpg

これは窓から庭を撮ったもの。

おにぎりのような、おそなえ餅のような雪山の中には、イチイの木があります。

丸太で冬囲いをしているので、大丈夫のハズ!

その右側の雪山は、お隣の家の車庫

スチール製なので耐えてますが、近々雪下ろしをしないと・・・

今冬の雪は半端ない。

 

先月末に雪おろしをしたばかりなのに、5060cm積もってしまいました。

半月で、またしても雪おろしです。

s-20210111-2.jpg

今季は何度、雪おろしをすることになるのでしょうか?

 

下ろした雪は家庭用の除雪機で庭に飛ばします。

s-20210111-4.jpg

薔薇姫の雪布団は厚くなる一方。

昨冬は雪が少なくて凍傷になるのではないかと気をもんだのですが、この冬は多すぎます。

最近のお天気には、「丁度いい」ということは、まれですね。


(除雪後)

s-20210111-6.jpg

倅が屋根から雪を下ろして、豆福が雪塊を壊して、大福が除雪機で庭に投雪。

三人がかりで1時間半。

ちょいと疲れましたね。

 

友人が今年の冬をこう表現していました。

「もさもさ降らなかったら

がっちり冷え込む今日このごろ

どっちもいらんわ」

そうなんです。 どっちもいらんわ!

ガッチリ冷え込んで、風除室のガラスに模様ができました。

s-20210111-7.jpg


s-20210111-8.jpg

ツルが飛んでいるような模様。

模様としては綺麗だけれど、ガラスは???かも。

こんど温かい日に、ガラス拭きをしようっと!

 

PageTop

寒いね~!

寒の入り(小寒)を過ぎたので、当たり前なのですが、寒い!

年末年始寒波が居座っているのか、毎日が真冬日。

一日中マイナス気温なのですからたまったものではありません。

s-20210107-1.jpg

「たまったものではありません」とは言ったものの、マイナス気温は溜まって来たような気がしています。

夏の暑さは地面のアスファルトやビルのコンクリートに溜まって、熱帯夜になるではありませんか。

同じように寒さも溜まるような気がするのですが、気のせいでしょうか?

気象情報モニターによると最低気温マイナス17.5℃、最高気温マイナス10.2℃でした。

 

庭の雪も積雪と玄関前投雪とがあいまって、人の背丈ほどになってきました。

s-20210107-2.jpg

平地の積雪は6070cmと言われていますから、大したことはないはずなのです。

それが堪えるようになってきました。

寒さのせいで雪質はサラッサラのパウダースノー。

スキーヤーは喜んでいるでしょうね。

今晩から明日にかけて「荒天」の予報が出ています。

荒ぶる神様、どうぞ心静かに「好天」に転じますよう、お願い申し上げます。

 

PS

「大晦日の赤い薔薇」で

『玄関などの涼しいところ飾ると、一週間程度へいちゃらで持ちます』と

書いたので、その後の様子をお知らせします。

s-20210107-3.jpg

一週間後の赤い薔薇です。

寒いのに、徐々に花弁が開いてきました。

この様子を見ていると、「寒い!」と言うのが気恥ずかしくなります。

さあ、カラ元気でも出して、寒さを乗り切りますか!



PageTop

お正月

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくおねがい致します。

 

お正月様をお迎えする準備がととのいました。

s-20210101- 1

( ようこそ )


今年の玄関花飾りはこれです。

s-20210101-2.jpg

豆福によると大王松と黄色の薔薇が欲しかったのですが、どちらも入荷していなかったので、オンシジュームと松にしたとのこと。

いわれによると、お正月様は松の枝でお休みになられるそうなので、まあ、これでもいいか!

ピンクのバラで春を待ちます。

 

今年の神棚の飾りは、質素にしました。

新型コロナウイルス(Covid19)様にそ~っと退散願うようにです。

s-20210101-3.jpg

初詣は「三密を避けよ」ということでしたので、前倒ししました。

元旦は、リモート初詣かな?

 

お供えのお餅は おんちゃんちで ついてくれたものです。

お米とお塩も供えてお正月様の食卓ができました。

お神酒は豆福が求めてきたのですが、医療従事者にエールを送るブルーボトルのお酒です。

s-20210101-4.jpg

砂川市立病院は498床のベッドを持ち、この地域としては大きな病院です。

小さな町で異例とも言える高度な医療を受け持っているので、職員の奮闘ぶりには目覚ましいものがあります。

昨年の新型コロナウイルス(Covid19)蔓延のさなか、医療従事者に対して応援メッセージが寄せられ、それにたいして病院ではHPでお礼が述べられました。

とてもうれしいことです。

高度医療を担っていると、他の医療機関から新型コロナウイルス感染者も転送されてきます。

担当部署の職員だけでは足りず、他部署から応援が必要になりました。

注意していたのでしょうが、病院関係者にも陽性反応が出てしまいました。

すぐに対処して、経過観察後、収束したのですが、相手は見えない敵です。

神経は張り詰め、その心労は如何ばかりであったか計り知れません。

驚くべきことは、この病魔と戦ってくれている人を非難中傷する人がいるということです。これは、残念なことです。 

でも、落ち込まないでほしい。

その人は、「自分をコントロールできない、心の弱い、可愛そうな人なんだ」と、思うことにしよう。

大勢の人は、応援している。 エールを送っている。 だから、平常心でいてほしい。

 

お~っと、この勢いで書き進むと、話が終わりそうにない。

むかし昔、同僚としてお世話になっていたことがあるので、つい、力が入ってしまいました。

お許しを!

 

 

今年の年賀状の画像は、こんな風でした。

s-20210101-5.jpg

薔薇に囲まれた中心には丑年にちなんで「赤べこ」と「疫病退散」の炎。

「赤べこ」には、魔避けの効果があり、平安時代に蔓延した疫病を追い払った赤い牛の伝説、会津地方に天然痘がはやったときに赤べこの人形を持っていた子どもは病気にかからなかったという伝承もある」のだそうです。

 

「紅蓮の炎」は護摩焚きの炎です。

s-20210101-6.jpg

護摩焚きをするときのご本尊は不動明王が多い。

不動明王は、密教でもっとも重要な仏さまである大日如来が姿を変えて現れた仏さま。

見るからに怖い顔では、煩悩を決して許さないという意味を持っているのだそうです。

燃え上がる炎は「天の口」であって、その口から供物をいただきます。納めた護摩木は、供物として焼かれ、煙が天に届くことで、天は供物をいただき、人に福を与えるとされています。

 紅蓮の炎で新型コロナウイルス(Covid19)を焼き払い、平穏が戻ることを切に願うものです。

 

丸の中に黒文字のRmは「ローズミンタラ」のロゴです。

RROSE(薔薇)の頭文字、mはmintar(庭)の頭文字です。

なに、なに? mに見えないって?

解説しますね。

「M」の両足をすぼめてくっつけます。

すると、ハーとになるではありませんか。

s-20210101-7.jpg


次に、ハートの中にアイヌ文様の渦巻を二つ描きます。

モレウ(渦巻)は、アイヌ語の「モ(ゆっくり) レウ(まがる)」

渦の文様には「パワー」があるといいます。

こうして、知恵の神様シマフクロウになったのです。

s-20210101-8.jpg

 

赤べこや炎を取り囲む薔薇には棘(トゲ)があります。

アイヌ語の「アイウシ(棘)」は、アイ(矢) ウシ(突く)からなっています。

棘の文様は「いばら」などの棘を意味し、外敵や病気などから身を守る「魔よけ」の意味が込められているといいます。

 

画像の枠外には「今年は佳き年になりますように」と青文字で記しました。

ここにも医療関係者へのエールを込めました。

 

「笑門来福」(笑う門には福来たる)の「笑門庭」

応援すること祈ることぐらいしかできない豆大福ですが、今年も笑顔と福の花咲くローズミンタラの四季をお伝えしようと思っています。

皆様のところに、福の花が咲きますように!



PageTop