FC2ブログ
 

ローズミンタラ

薔薇姫の夏休み

薔薇は「♪春(高楼)の花の宴」を終え、夏花(2番花)の準備を始めました。

休まずに、早くも咲いている花もあるのですが、多くは蕾です。

短い夏休みをとります。

この時期は、花数が少なくなって寂しくなるのですが、勢いをつけてくるのが豆福ガーデンの「球根ベゴニア」です。

s-20200727-1.jpg

この花が咲き始めると、とても賑やかで、薔薇の花数の少なさを補います。

これからが球根ベゴニアの盛り。

温かくて半日陰が好きな花です。

 

豆福の大鉢も花盛りになってきました。

s-20200727-2.jpg

チョコレートコスモスを植えるはずだったのですが、今年は入手できずに断念。

チョココスに似た色のキンギョソウ(向かって右上)を植えました。

白いクリサンセマムが予想以上に大量に咲いたのには、びっくりです。

 

萌樹工房さんの木製の三日月型釣り鉢

s-20200727-3.jpg

オレガノケントビューティーも色づいて大きく育ちました。

この釣り鉢は風通しがいいので、花が健康に育ちます。

 

薔薇の足元をカバーしてくれるのが、ジプソフィラ。

s-20200727-4.jpg

(小さな花なので、一部を拡大してみました)


薄いピンクがどこからか飛んできてローズミンタラで増殖したのです。

そのうち、濃いピンクが現れ、今年は白も現れました。

s-20200727-5.jpg

調べてみると、『カスミソウ(ジプソフィラ) ジプシー シリーズ』らしい。

普通のカスミソウは、背丈が高く、独特の臭気があるのですが、これは矮性で匂いが無いので、ローズミンタラの一員に加えることにしました。

サカタのタネでは、ジプシー ホワイト、ジプシー ピンク、ジプシー ディープローズの三色が紹介されていますが、いつの間にかぜ~んぶ揃ってしまいました。

ラッキーですね。

 

ピエール・ド・ロンサールは返り咲きの準備です。

s-20200727-6.jpg

新芽(新芽は赤く見えます)がピヨンピョン伸びて、花の準備中です。

いつ咲くかな~?

楽しみです。

 

2番花が咲いてしまったものもあります。

驚くほど背丈が伸びたレッドクイーン。

s-20200727-7.jpg

背丈が高くなるのは承知していたので、強めに剪定していたのですが、それにめげずに伸びました。

2m弱というところでしょうか?

こんなに背が高くては、ご尊顔を拝することができません。

そんなに高いところで、誰に見せるというの?

 

他にも咲いているのですが、春の物量に比較すると少ない。

s-20200727-8二番花

夏休みでも、「少ないながら、何かは咲いている」のが多種類ある強みでしょうか。

小さな庭ですが、いつの間にか50種類ほどのバラの庭になっていました。


 

 

 

PageTop

ブルーベリー狩り

今年も豆福とブルーベリー狩りに行ってきました。 

今月18日のことです。

 

行き先は、りんごの森「三谷果樹園」です。

この果樹園は、りんごがメインなのですが、今の時期はブルーベリー狩り。

ブルーベリーは10種類、約1000株が栽培されています。

s-20200723-1.jpg

“パソコンサークルえびす” がリンゴの木のオーナーになっているので、入園料が割安になりました。

 

ブルーベリーの「はしり」でしたが、実はたわわ。

s-20200723-2.jpg

晩生(おくて)の品種が熟すのはもう少しでした。

 

品種ごとに味が違うので、味見をしながら、品定め

s-20200723-3.jpg

23個、味見をしては次の木に移動。

味が違うので、いくつでもほおばることができます。

これが赤ちょうちんだったら・・・はしご酒ですかね。

 

甘酸っぱくて、香りのある実を見つけました。

これは、お気に入り。

こうなったら、はしご酒は中止。

ここでじっくりと付き合います。

s-20200723-4.jpg

ブルーベリーは、恥ずかしがり屋が多くて、葉の陰に隠れています。

枝先をつまんで持ち上げると、驚くほど実っているではありませんか。

 

レジャーシートを敷いて、ピクニックがてらに来たご家族もいました。

なるほど、それもいいね。

ボクたちは試食につづく試食で口の中が甘くなってしまいました。

お持ち帰りは、ヨーグルトのトッピング分があればOK

小一時間ほどで帰路につきました。

s-20200723-5.jpg

 

1Kgくらい採ったかな~?

量ってもらうと、わずかに届かず、900g

s-20200723-6.jpg

今回は、はしりの味だったのですが、これからが本格的なブルーベリーの季節になります。

また、違う味が楽しめるに違いありません。

ブルーベリー狩りは、8月中旬頃まで楽しめそうです。

 

PS

「りんごの森」は、次のところです。

三谷果樹園:砂川市北吉野232番地

電話:0125-54-2036

営業時間:午前9時~午後5時

入園料:小学生以上500円(税別)、リンゴの木のオーナーは300円(税別)

時間制限なし、食べ放題。

持ち帰り:180/100g(税別)

販売:250/100g(税別)

 

 

PageTop

花ボラ

今日は、北海道子どもの国の花ボランティアの日でした。

s-20200721- (1)

到着すると、レストハウスの前は草刈りの作業中。

花ボランティアとは聞こえがいいのですが、今日は草取りボランティアでした。

 

これは、一年草花壇。

s-20200721- (2)

春に植えたベゴニアとマリーゴールドですが、ボリュームが出てきました。

この花壇の中にも雑草はあるのですが、目立たないので、無視!

 

大御所は、宿根草花壇なのであります。

s-20200721- (4)

南から見ると“大草原の小さな花壇”として整っているように見えます。

 

「これらが雑草ですから、抜いてくださいね」

s-20200721- (5)

ベテランのK女史が見本を並べてくれました。

この見本の草だけだといいのですが・・・

 

北側から見ても、ちょっと見には “イングリッシュ・ガーデン” ぽい景色。

s-20200721- (6)


ところが、足元を見るとスギナ、スイバ、シロツメクサ、タンポポの群落。

s-20200721- (7)

花の間に雑草があるなら、まだ、可愛い方で、ここは雑草の中に花があるのでした。

今日のボランティアは、やりがいがあるぞー!

 

お昼まで悪戦苦闘したのですが、5人のボランティアでは戦力不足。

10m四方の宿根草花壇2ヶ所の雑草は退治しきれませんでした。

s-20200721- (8)

8~9割り程度は終えたかな~?

でも、中途半端で達成感が味わえない!

「子どもの国で、もう少し積極的にボランティアを募集してくれるといいのに!」

雑草を取り切れなかった悔しさに、つい、愚痴が出てしまいました。

 

PS.シーフォーム】

子どもの国の花壇の一つにシュラブ系バラのシーフォーム(海の泡)が咲いていました。

s-20200721- (3)

打ち寄せる波のうねりに見立てて名付けられたのでしょう。

 

ローズミンタラにも挿し木のシーフォームがあります。

s-20200721- (9)

K女史によると「こんなに狭いところで、可哀想に」ということになるのですが、こちらにも事情がありまして・・・(苦笑)

これを庭に下ろすと、子どもの国のバラ並みに大きくなってしまう!

他のバラが海の泡に飲まれて、海の藻屑となっても困るのです。

シーフォーム様には、このままお過ごし頂きますよう、伏してお願い申し上げます。


 

 

PageTop

ガーデンカフェ

19日のことです。

これぞ “夏!” と言わんばかりの烈日でした。

やっと、北海道にも が来た。

s-20200720- (1)

庭の花がらを片付けたあとは、パラソルの下で小休止。

 

にわかづくりのガーデンカフェで、ハスカップソーダとお供のお菓子。

s-20200720- (2)

”スカッと爽やかコカコーラ” はキャッチコピーですが、ハスカップも負けず劣らず爽やかな味。

甘いのが苦手な方には、アイスコーヒーかアイスティーがおすすめ。

ゆったりと時間が流れます。

 

そういえば、「ガーデンパーティ」が2度目の花をつけたのでした。

s-20200720- (3)

ガーデンパーティは、三人娘の仲間が乾杯(チンチン)をしなくとも、踊る(リオサンバ)ことがなくとも、先に宴(ガーデンパーティ)を始めてしまいました。

 

よくよく見ると、頬を染めて、ほろ酔い気分。

s-20200720- (4)

とても強い薔薇で、地下茎を介して思わぬところからベーサルシュートを出します。

放っておくと、敷地全体がガーデンパーティに占領されかねない勢いなのです。

占領されないように調整して、程々の敷地で我慢してもらっています。

 

薔薇がパーティをしていることでもあり、今宵は「居酒屋笑門庭」を開店しましょうかね?

s-20200720- (5)

開栓し忘れていた赤ワインがあります。

今宵は、赤ワインでBBQとしましょう。

 

コンロに火をおこし、焼き鳥、焼き魚、焼き野菜、ホタテ、ウインナー・・・

s-20200720- (6)

大好きな仙鳳趾の牡蠣もあります。

牡蠣だとキンキンに冷えた白ワインが美味しいのですが、そんな贅沢は言いません。

赤ワインでもそれなりにおいしくいただけます。

 

虫もおらず、程よい暑さで、BBQ日和でした。

酔うほどに時間の感覚が遠くなります。

s-20200720-.jpg

暗くなって、街路灯が点いたのは分かるんですよ。

足元がおぼつかなくなる前に、撤収しましょうかね。

まずは、木炭を消壺に入れて、火の用心!

 

ああ、うまかった!

BBQは、ちょっと手間ですが、夏の醍醐味ですね。

 

 

 

PageTop

不老長寿の実

ハスカップが実をつけました。

s-20200718-1ハスカップ

挿し木なのですが、実るまでに成長したのです。

誰が付けたのか「不老長寿の実」と崇め奉られている(?)小果樹。

 

ハスカップは、定番のジャム、シロップ、塩漬け、などに使うことができます。

いろいろ試したいのですが、それほどの量は採れません。

今回は、シロップに挑戦することにしました。

s-20200718-2ハスカップシロップ

某小冊子に「漬け込んだハスカップは濾してジャムとして活用できます」と書いてあるではありませんか(黄色の線で囲った箇所です)。

これだとシロップとジャムの両方を味わえることになります。

欲張ることにしました。

ガラス瓶にハスカップと同量の氷砂糖を交互に入れ、常温で一週間寝かすと、ハスカップシロップが出来上がりました。

 

さて、シロップを濾した実は?

ん~?
シワシワになって、干しぶどうのようになってしまいました。

s-20200718-3干しぶどう?

(左の小さな瓶が干しぶどうのようなハスカップの実、右はシロップ)

これでは、ジャムをつくれそうにありません。

ところが、そのまま食べてみると、「うん、これはいける」味なのです。

不老長寿の小果樹は、シワシワの干しぶどう味になっていました。

これが不老長寿の味なのかも。

 

いつものようにローズミンタラをご覧いただきましょう。

s-20200718-4ホルデウムユバツム

ホルデウム・ユバツム(別名:リスのしっぽ)が穂をつけ始めました。

風に揺れる柔らかい穂先

麦の穂にも似ているので、穂が出ると秋になってしまったかのようです。

夏の暑さを十分に味わっていないのに秋?

いくら夏が短い北海道とはいえ、もう少し夏らしい気分を味わいたい!

 

宿根草のアスチルベ

s-20200718-5アスチルベ

(明日散るべ  いや、いや、散らないよ)

すぐ、こういう駄洒落が出て来るのが困ったところ。

 

枯れた花がらは、当たり前ですが、花の数だけあります。

毎朝、ガーデンを一周。

s-20200718-6花がら摘み

花がらはバケツに2~3杯になります。

そして、夏は、ゴミ袋と水道代が冬の2~3倍になります。

 

プランターの挿し木が花をつけました。

プリンス・ドゥ・モナコです。

s-20200718-9プリンスドゥモナコ

バックにラベンダーがあると、香りまで伝わってきそうです。

 

南側では遅咲きのハッピートレイルがやっと咲き始めました。

s-20200718-10.jpg

まだ、つぼみだらけなので、6分咲きというところでしょうか。

花数が多いので、散りだしたら厄介です。

散らないうちにカットして整枝するのがコツですかね。

 

今日も一休みは、ガーデンカフェで。

s-20200718-8.jpg

「時間(とき)を忘れる庭」と称して針のない時計を飾っているのですが、

緑の中のお茶時間は、それを実感します。

 

ガーデンカフェで、ハスカップソーダ

s-20200718-7.jpg

ハスカップシロップ大さじ23に冷たい炭酸を注ぎます。

濃い紫が一気に若返ります。

シロップと炭酸の比率によって色が変わるのです。

スカーレットやパープルピンク。

爽やかなすっきり味を楽しめます。


冷凍した生のハスカップをフロートして酸味をプラス。

庭は花がらが片付けられてスッキリしました。

薔薇姫はご満悦。


薔薇姫の笑顔を見ながらのハスカップソーダは「笑門(庭)来福」の味かな?

( 笑門来福 = 笑う門には福来たる )


 

 

PageTop

初恋の味

「カルピスは初恋の味」のキャッチコピー、この謳い文句は秀逸です。

このコピーで甘酸っぱいカルピスを何人の人が飲んだことか!

 

先月、倅が無農薬の国産レモンを貰ってきたので、豆福がレモンシロップにしました。

ガラス容器にスライスして種を除いたレモンと同量の氷砂糖を交互に入れます。

氷砂糖が溶け、レモンシロップが出来上がるのです。

シロップ大さじ1~2杯とレモン一枚をコップに入れ、冷たい炭酸を注ぎます。

すると、爽やかな「レモンスカッシュ」となります。

s-20200715- (1)

飲み残り1/3程度になったところで、レモンを食べると、

これは噛むほどに、甘くもほろ苦い大人の味。

こちらは「遠い初恋を思い出させる味」なのかもしれません。

 

庭仕事の一休みはガーデニングパラソルの下。

s-20200715- (2)

花に囲まれ、汗ばんだ体に日陰の風が心地よい。

春の薔薇の最盛期は一段落。

今は、遅咲きや2番手の薔薇が咲き始めています。

ちょっと庭を覗いてみましょうかね。

先日PSでお知らせしたクレマチスです。

s-20200715- (3)

画像の上からピンクの「プリンセス・ダイアナ」、白の「白雪姫」、そして一番下に青い「風来坊のクレマチス」が一輪。

ここで増えたら、それはそれで面白いのですが、それにしても不思議ですねェ。

 

額縁は豆福が夏仕様に植え替えました。

夏に強いベゴニアです。

s-20200715- (4)

パンジーは寒さに強いのですが、暑さには弱いのです。

花のリングは乾燥しやすいので、給水器を取り付けました。

サイフォンの原理で水が供給されます。

 

これもベゴニアのハンギングバスケットです。

s-20200715- (5)

例年は豆福が数種類の花材でつくるのですが、今年は新型コロナウイルス騒ぎで花材を仕入れに遠出することができませんでした。

手近で調達できる花材でつくったのですが、これはこれで、いいか!

 

ハニーブーケの2番花が咲きました。

s-20200715- (6)

ころっとした形。

蜂蜜色のグラデーション。

この薔薇を見ていると、穏やかな気持になれます。

 

おまけにもう一つ。

名前のない薔薇?

s-20200715-7.jpg

正確には、名前を忘れてしまった薔薇です。

親株がだめになり、挿し木が鉢バラになっています。

わずかにフリルがかった花弁。

きりりと丸まった芯。

オレンジの花色。

これもいいな~!

花が咲く都度、名前を書いておかなかったことを後悔するのですが、後の祭り。

名前をご存じでしたら、ご一報をお願いします。

 

 

 

PageTop

梅塩麹&塩麹梅

ややっこやしいタイトルだな~!

ところで、あの話はどうなった?

遅ればせながら、今回、ご報告します。

「きょうの料理」のことです。

s-20200714-1きょうの料理6月号

テキストでは、「梅の塩麹」(楕円印)でした。

 

これの「予告編」は527日にアップしました。

https://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-1242.html

 

梅は1kgあったので、半分は「梅ジャム」にしました。

甘酸っぱくて、夏のトーストに合う味でした。

これは「うめ~噺」として614日にアップしました。

https://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-1248.html

 

今回は、残り半分の「梅の塩麹」のお話です。

出来上がるまでに約1か月の時間を要しました。

ホウロウ製のタッパに梅を500g入れ、塩麹を被せ、冷蔵庫で1か月寝かせていたのです。

s-20200714-2.jpg

 

中身の梅を取り出してみると、

s-20200714-3.jpg

シワシワになったけれど、皮は柔らかくなった気がしません。

 

先日の夕餉のメインディッシュに使いました。

テキストに載っていた「梅塩麹から揚げ」&「梅タルタルソース」

シェフは豆福、アシスタントは大福です。

s-20200714-4.jpg

テキストに従って材料2人分を用意しました。


【から揚げ】

鶏もも肉:300

梅塩麹:大さじ2

片栗粉:大さじ4

揚げ油:適量


【タルタルソース】

塩麹梅:1個

ゆで卵:1個

玉ねぎ:20g(みじん切りにし、水に晒し、水気を切る)

マヨネーズ:大さじ2

こしょう:少々

パセリ:適量(みじん切り)

 

※ レシピで、分からないのが、この「少々」とか「適量」とかいう分量です。

  目くじら立てることではないのでしょうが、初心者にとっては「???」


【つくり方】

1.鶏もも肉は8等分に切って、梅塩麹を絡め、冷蔵庫で1時間ほどおく。

2.梅タルタルソースをつくります。

  塩麹梅の種を除き、みじん切りにし、ボウルに入れる。

  ゆで卵もみじん切りにし、玉ねぎ、マヨネーズ、こしょう、パセリを加え、ボウルでよく混ぜると梅タルタルソースの出来上がり。

3.フライパンに揚げ油を1cmの深さに入れ、170℃に熱する。

  鶏もも肉は汁けを切って片栗粉をまぶし、全体がカリッとするまで返しながら揚げる。

4.揚がったら、油を切って器に盛り付け、梅タルタルソースをかけて完成です。

 

梅タルタルソースの酸味が効いて、さっぱり系のから揚げになりました。

夏向きの味です。

塩麹のから揚げでも十分美味しいのですが、梅味が加わることで食欲が増進されるような気がします。

 

さて、残った梅塩麹と塩麹梅は、瓶詰めにして冷蔵庫へ。

s-20200714-5.jpg

左の瓶には、塩麹梅が入っています。

入り切らなかった梅塩麹は中瓶に、比較のためにヤクルト(80cc)を右に置きました。

さて、次はテキスト通りに「夏野菜の白あえサラダ」かな?

 

PS:クレマチス】

ローズミンタラには、風来坊ならぬ風来植物が花を咲かせることがあります。

今年は「クレマチス」でした。

s-20200714-6.jpg

2種類のクレマチスの近くで咲いているのです。

白い「白雪姫」とピンクの「プリンセス・ダイアナ」の近くからこのクレマチスが一輪だけ。

なぜ?

①風来坊説:ご近所から飛んできて、たまたま、クレマチスの間に居着いた?

②交配説:白雪姫の薄い花弁とダイアナの十字形の遺伝子が合体した種から芽生えた?

よく分かりません。

 

花弁の一枚に切れ込みが入り、ハートのような形もあります。

面白そうなので固定したいのですが、枝が細すぎて挿し木で定着させる自信がありません。

どうしよう?

①種ができたら蒔いてみる。

②ダメ元で挿木してみる。

③何もせず、来年まで様子を見る。

さて、どうしましょう?

 

 

PageTop

衣替え

7月1日を期して衣替えをしました。

あっ、ボクのことではありません。

花壇を夏・秋仕様にしたのです。

ベゴニアのように春から秋まで咲くオールマイティーな花もあるのですが、

連作障害が出てしまい、株が大きくなれないのです。

 

【ネモフィラの花壇】

今年は、カクテルの前面は「ネモフィラ」の花壇にしていました。

s-20200702-1.jpg

ブルーが映えて涼しそうに見えるのですが、暑さには弱いのだそうです。

6月末にはダメになるよ」と言われていました。

なるほど、6月末には株が間延びしてして、茫々になっていました。

植え替えよう!

と、勢いづいたのですが、はて?何を植えようかな~?

 


とりあえず、ネモフィラを取り除かねば

s-20200702-2.jpg

(ネモフィラを取り除きました)

30数株あったのですが、さほど時間を要せずに取り除くことができました。

根が浅いのです。

こんなに根張が浅ければ、長生きできないはずです。

 

ネモフィラを取り除くと、カクテルの手入れが待っていました。

ちょっと拡大してみましょうか。

s-20200702-3.jpg

花は散り、花弁が積み重なっています。

これは、剪定しなければなりません。

 

カクテルの剪定を終えたところで全景を見ると

s-20200702-4.jpg

いやー、殺風景になってしまいましたね。

賑やかだっただけに、一挙に寂しくなってしまいました。

 

【ガザニア】

ネモフィラの後にはガザニアを植えることにしました。

s-20200702-5.jpg

まだ、小さいのですが、夏の暑さにも強いはずなので、順調に育ってくれると、株が広がり、ボリュームが出ると思うのです。

次は、パンジーの鉢を衣替えしなければなりませんね。

 

PS ベルサイユのばら】

晩生(おくて)の薔薇です。

漫画ベルサイユのばらにちなんだ花。

作出したバラ園は商売が上手で、最初はこの黒赤の薔薇だけだったのですが、売れると見るやシリーズで売り出しました。

s-20200702-6.jpg

 

いまのところ、オスカル フランソワ(白)、王妃アントワネット(ピンク)、アンドレ グランディエ(黄色)フェルゼン伯爵(藤色)、ロザリー ラ モリエール(桜ピンク)などですが、登場人物全員の薔薇ができるかもしれませんね(笑)

 

 

PageTop