FC2ブログ
 

ローズミンタラ

花も だんごも

この時期は、寄植え用の花材を求めて札幌方面の園芸市などへ出かけるのが恒例だったのですが、コロナ騒ぎは「札幌へはコロナ(来るな)、札幌からはデルナ」とのお達しとなり、遠出は自粛。

とりあえず手持ちの材料と地元の花材でつくりました。

 

【パンジーの花冠】

s-20200524-1.jpg 

「おくやま農園」のパンジー苗です。

豆福作品の花冠(はなかんむり)は、つくりたてのホヤホヤ。

水やりに難儀するので、後日、ペットボトルの給水器を取り付ける予定。

 

【ネモフィラ】

s-20200524-2.jpg

「片桐農園」の苗です。

国営ひたち海浜公園のネモフィラの映像を見ると圧倒されます。

気温30度になるとだめになり、6月中には植え替えなければならないのだそうです。

さて、その後は何を植えようかな?

 

【ふくろうカート】

s-20200524-3.jpg

商店街の産業遺産だったのですが、再び活躍することになりました。

ローズミンタラの南西を守護します。

にぎやかな商店街を離れ、閑静な住宅地の一角に住まうことになりました。

https://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-1153.html

 

【糸葉芍薬】

s-20200524-4.jpg

十数年前は2~3芽だったのですが、こんなに増えました。

歳月というのは凄い仕事をするものです。

赤い八重の芍薬ですが、葉に特徴があります。

もしかして、この芍薬は「葉を愛でるもの」なのではないかと思い始めています。

 

【ブルーベリー】

s-20200524-5.jpg

花は、釣鐘状です。

ツツジ科の植物で、ドウダンツツジに似た花をつけるだけあって秋の紅葉も見事です。

7月には小さいけれど甘い実をつけるので、楽しみ。

大きさはプロにはかなわないので、ブルーベリー狩りは、『三谷果樹園』です。

 

【ハスカップ】

s-20200524-6.jpg

筒状の花です。

挿し木が大きくなって、自家用のジャムを作れるほどの株になりました。

身が柔らかく酸味が強いので生食には向きませんが、加工すると逸品になります。

「よいとまけ」(三星)、ハスカップジュエリー(もりもと)、ドラキュラの葡萄(ホリ)」などのお菓子、飲料などに利用されています。

実が熟するのが楽しみ。

 

バラが咲くのは、もう少し先。

果実がなるのも、もう少し先。

いつ咲くんだろう? いつ熟すんだろう? 

咲いた花を愛でるのは楽しい。実をほおばると美味しい。

まだかまだかと想像しながら、待ち焦がれている今も、こころ踊ります。


 

 

PageTop