FC2ブログ
 

ローズミンタラ

予告編

6月は梅が出回る季節。

梅酒や梅干しを作られる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ボクもつくっていたときがありました。

梅酒は、おいしくつくっても数回飲んだだけで、もったいないことになることが多かったので、やめることになりました。

梅干しは、塩分20%の古式ゆかしいものをつくったのですが、ポタポタの美味しい梅干しに出会ってからこれもやめてしまいました。

つることが面白くて、利用することに疎かったのです。


【きょうの料理6月号】 

先日の新聞広告欄に「きょうの料理6月号」が載っていました。

今回は「梅・新しょうが・らっきょう」の特集です。

「今年は干さない漬けるだけ、梅の塩麹、しょうゆ、みそ漬け」との案内です。

「梅の塩麹」に目が止まりました。

「塩麹」はたっぷりあるので、すぐにでも「梅の塩麹漬け」をつくることができます。

今回は、豆福に叱られないように、「梅の塩麹」の利用方法も見極めておかねばなりません(笑)

 

まずは「いわた書店」で「きょうの料理6月号」(556円)を。

s-20200527-1きょうの料理

大急ぎで、予習をしておかねばなりません。

肝は「完熟した梅を塩麹につけておくだけ!(冷蔵庫で1ヶ月)」

テキストによると、梅の実は「塩麹梅」として、梅酢が出た漬け床は「梅塩麹」として使えるとのこと。


【梅塩麹の唐揚げ】

レシピに「梅塩麹の唐揚げ」と「梅タルタルソース」が載っていました。

s-20200527-2.jpg

旨そう!

この他に、夏野菜の白和えサラダ、トマトの梅塩麹あえ、梅塩麹ご飯なども載っていました。

これは、つくっても利用価値がありそうです。

 

問題は、「完熟梅」が手に入るか? ということなのですが、このへんじゃあ追熟するしか無いかな?

3つのスーパーがあるので、♪ そのうちなんとかなるだろう~とも思っています。

結果の報告は、7月頃になるのではないでしょうか(乞う、ご期待!)

 

放送はEテレで61日、午後9時から

再放送はEテレで62日、午前11時から

総合テレビでは65日、午前1015分からです。


 

PS、たっぷり塩麹】

「たっぷり塩麹」は、以前載せたレシピですが、参考までに載せておきます。

s-20200527-4.jpg

米麹(200g)+塩(180g+水(180㏄)+ごはん(2合のお米を炊いて常温に冷ます)

これを梅酒の瓶に入れて、毎日一回かき混ぜる。

一週間後には、たっぷり800㏄の塩麹が出来上がります。

これだけあれば、惜しみなく使えますね。

 

 

PageTop

花も だんごも

この時期は、寄植え用の花材を求めて札幌方面の園芸市などへ出かけるのが恒例だったのですが、コロナ騒ぎは「札幌へはコロナ(来るな)、札幌からはデルナ」とのお達しとなり、遠出は自粛。

とりあえず手持ちの材料と地元の花材でつくりました。

 

【パンジーの花冠】

s-20200524-1.jpg 

「おくやま農園」のパンジー苗です。

豆福作品の花冠(はなかんむり)は、つくりたてのホヤホヤ。

水やりに難儀するので、後日、ペットボトルの給水器を取り付ける予定。

 

【ネモフィラ】

s-20200524-2.jpg

「片桐農園」の苗です。

国営ひたち海浜公園のネモフィラの映像を見ると圧倒されます。

気温30度になるとだめになり、6月中には植え替えなければならないのだそうです。

さて、その後は何を植えようかな?

 

【ふくろうカート】

s-20200524-3.jpg

商店街の産業遺産だったのですが、再び活躍することになりました。

ローズミンタラの南西を守護します。

にぎやかな商店街を離れ、閑静な住宅地の一角に住まうことになりました。

https://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-1153.html

 

【糸葉芍薬】

s-20200524-4.jpg

十数年前は2~3芽だったのですが、こんなに増えました。

歳月というのは凄い仕事をするものです。

赤い八重の芍薬ですが、葉に特徴があります。

もしかして、この芍薬は「葉を愛でるもの」なのではないかと思い始めています。

 

【ブルーベリー】

s-20200524-5.jpg

花は、釣鐘状です。

ツツジ科の植物で、ドウダンツツジに似た花をつけるだけあって秋の紅葉も見事です。

7月には小さいけれど甘い実をつけるので、楽しみ。

大きさはプロにはかなわないので、ブルーベリー狩りは、『三谷果樹園』です。

 

【ハスカップ】

s-20200524-6.jpg

筒状の花です。

挿し木が大きくなって、自家用のジャムを作れるほどの株になりました。

身が柔らかく酸味が強いので生食には向きませんが、加工すると逸品になります。

「よいとまけ」(三星)、ハスカップジュエリー(もりもと)、ドラキュラの葡萄(ホリ)」などのお菓子、飲料などに利用されています。

実が熟するのが楽しみ。

 

バラが咲くのは、もう少し先。

果実がなるのも、もう少し先。

いつ咲くんだろう? いつ熟すんだろう? 

咲いた花を愛でるのは楽しい。実をほおばると美味しい。

まだかまだかと想像しながら、待ち焦がれている今も、こころ踊ります。


 

 

PageTop

QOL(生活の質)

がん患者は、新型コロナウイルスで重症化するリスクが高いのだそうです。

抗がん剤を飲む身にとっては、ありがたくないお話です。

 

4月のブログでは、次のようにお知らせしていました。

『 薬(抗がん剤)を替えることになりました。

 今度は手足症候群の副作用が出ないUFTとユーゼルを組み合わせての飲用です。

 4週間飲んで1週間休み。

 これを4サイクル繰り返します』と。

 

ところが、3週間飲み続けたところ体調不良となり、早めに休薬することになりました。

休薬一週間後には、出ないはずだった手足症候群が右足に出て、休薬は更に3週間延長。

5月18日には、「服薬を再開することは困難」との判断で、薬は中止になりました。

今後は、様子を見ながら・・・です。

抗がん剤ではQOL(クオリティ・オブ・ライフ Quality of Life 生活の質)が保てないということなのでしょう。

 

※ QOLとは、『肉体的、精神的、社会的、経済的、すべてを含めた生活の質を意味します。

病気による症状や治療の副作用などによって、治療前と同じようには生活できなくなることがありま す。・・・このような変化の中で自分らしく納得のいく生活の質の維持を目指すという考え方』(国立がん研究センター)

 

ボクの身体は抗がん剤と相性が悪い、良く言えば、抗がん剤が効きすぎる?ということが分かりました。

その薬を飲まなくなったのですから、体調はもとに戻るはずです。

新型コロナウイルスで重症化することも心配ない?

がんもコロナも自分の免疫力で何とかせい! ということになります。

難しいことですが、無い知恵を絞って工夫するしかありませんね。

工夫の対象は食事、運動、神頼みですかね?

そして、自分の心に対しては、二階堂和美さんの ♪ ケ・セラ・セラです。

s-20200519-1.jpg


s-20200519-2ケ・セラ・セラ歌詞



PageTop

春は大わらわ

雪どけは早かったのに、今頃になって風が冷たい。

温かい日は、てんてこ舞い。

庭で遊ぶのがおもしろくて、疲れを忘れてしまいます。

夕食を終えるとすぐに睡魔が出てきて、風呂からあがるとベッドに直行。

まことに健康的な生活?

裏を返せば、それだけ体力が落ちている証(あかし)! 悔しいなあ。

 

welcome

今年のローズミンタラは三密を避けて、(ひそ)やかに?開園準備をします。

とは言っても、知る人しか知らない小さな庭なので三密になりようがありませんけどね。

バラが咲いたら、ご覧ください。

s-20200517-1.jpg

猫顔の焼物は数年前に「国際バラとガーデニングショウ」で求めたものです。

ブッチを思い出します。

今は、歓迎部長(ア~チ)がすり寄って「welcome!」です。

 

【名札の書き替え】

薔薇の名前を書いた石の塗装を塗り替えることにしました。

s-20200517-2.jpg

塗装が劣化しました。

石を洗って、今年は裏側を塗装して名前を書きます。

こうしておくと、初めて薔薇をご覧になる方でも、薔薇の名前を知ることができるのです。

 

【豆福ガーデン開始】

s-20200517-3.jpg

豆福が鉢花を作り始めました。

用土は、赤玉土60%、腐葉土40%、マグアンプK少々が基本です。

植えたばかりですが、ちょっとご紹介します。

 

【ローズガーデン】

s-20200517-4.jpg

冬はバードテーブルに、夏は「ローズガーデン」の看板台になります。

 

【釣り鉢】

s-20200517-5.jpg

園芸店で買い求めた花ですが、名前の札を失くしまいました。

こんなふうにブログに載せようとするときは、✖(ペケ)ですね。

 

【バスケット】

s-20200517-6.jpg

ネモフィラ、ブルーディジー、ロベリア、ビオラが入っています。

薔薇には青い色がないので、バラ以外で青色を補完するようにしているのです。

 

【額縁】

成長する絵画です。

s-20200517-7.jpg

ネモフィラ、ロベリア、アゲラタム、ブルーサルビア、アリッサムが入っています。

これもブルーがメインです。

バラが咲き始める頃には、額縁花もきれいになっているといいな。

春バラは6月末から咲き始めるハズです。

これからが、楽しみな季節なのです。

 

 

 

PageTop

シバ刈り

「桃太郎」の出だしは、

「むかしむかし、おじいさんとおばあさんがおりました。

おじいさんは山に柴刈りに おばあさんは川に洗濯に・・・」で始まります。

この「柴刈り」は、「野や山で行う柴木の伐採や枝集めなどのこと」なのですが、

 

笑門庭のおじいさんのシバ刈は、

シバはシバでもケンタッキーブルーグラスという芝草を刈ります。

薔薇を手入れするための通路に敷いている芝です。

寒地型の西洋芝で、とても丈夫。

s-20200508-1.jpg

(意図して造ったのではないのですが、芝の通路がJYの形になりました)


通路の中央は踏まれるので伸びないのですが、両端はのび放題。

鼻の下を伸ばして、じわじわと薔薇姫に近寄っていきます。

ストッパーを埋めこんであるのですが、あまり効き目がありません。

s-20200508-2.jpg

(山菜掘りの小刀と小さな鎌を使います)


ストッパーがダメなら、人手で成敗するしかありません。

オーバーフローした芝を刈り取ります。

刈り取るというよりは、根っこごと掘り取る作業というところでしょうか。

s-20200508-3 (2)

ひっくり返すと、その根っこは釘針のように鋭い棘々(トゲトゲ)です。

チューリップの球根が串刺しになっていたことがあります。

この鬼のような根っこと格闘しているときは「大江山の鬼退治」をしている気分です。

ナヨナヨとしている芝草だからと言っても根っこは侮れません。

 

縁を刈り取り、通路の中央は鋤(すき)で孔(あな)を開け、空気が通るようにします。

次に、目土を撒きます。

s-20200508-4.jpg

(目土を敷き均したところ)

豆福が孔をあけ、目土を撒いたところで、折よく雨が降ってきました。

今年は、きれいな芝になることでしょう。

 

PS

今、盛りなのは、原種のチューリップです。

s-20200508-5.jpg

ミニ種なので「おやゆび姫」が生まれる隙間もありません。

生まれるとしたら、きっと、「こゆび姫」ですね。

 

 

 

PageTop