FC2ブログ
 

ローズミンタラ

大暖冬

今朝のNHKテレビのお話です。

おはサタ(おはようサタデーの略か?)で、聞き慣れない言葉が飛び出してきました。

「大暖冬」だというのです。

「暖冬」はよく聞くけれど・・・「大暖冬」とは! 

今日も暖冬・少雪・快晴だったので、雪かきもなくて「ありがたいな~」と思っていたのですが、「大」が付くと、水不足だけではなく、「増える」ものがあって困ることがあるのだそうです。

 

【ネズミが増える】

いくら子年だからと言っても、これは困る。

繁殖力旺盛なネズミのことです、暖かければ、どんどん増え、悪さをするに違いありません。

数年前、冬囲い中の薔薇が野ネズミに食われ、半身不随になったことがあります。

s-20200201-1.jpg

例年は、イチイの木が雪ですっぽりと覆われるのですが、今年は「頭隠して・・・」状態です。

薔薇姫がネズミの被害に合わないようにと願うばかりです。

 

【ダニも増える】

屋内のダニで、アレルギーの原因となるのはヒョウヒダニだとのことです。

屋外に生息する大型のマダニは感染症を媒介することがあります。

北海道でも山菜採りに行った人がマダニで感染症を起こしたと言います。

こんなのが増えたら、ろくなことがありません。

倅や、山菜採り、渓流釣り、キャンプ生活には、ご用心、ご用心ですぞ!

 

【花粉症も増える】

暖冬だと開花が前倒しになります。

ということは、花粉症の季節も前倒しになるということですよね。

今は、新型肺炎の予防でマスクが飛ぶように売れているようですが、次は花粉症予防のマスクとゴーグルが売れるのかもしれません。

s-20200201-2.jpg

こんなゴーグル・マスクばかりだったら・・・ちょっと怖いかも。

 

【PS】

今朝の聞きかじりを思い出しながらこのブログを書いていたのですが、その日のことを思い出すのも「ゆるくない」。

※この「ゆるくない」は、方言です。

北海道方言が気になった方は、リンクしているブログ「萌樹工房あれこれ」の「方言玉手箱」をご覧ください。 楽しい方言満載です。

http://moegikoubou.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

 

 

PageTop