FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ほねやすめ

「温泉に行こうか?」

「いいね、どこにしようか?」

5日に冬囲いを終えたので、ちょっとのんびりしたのです。

思いついたのが6日の午後でした。

ローズミンタラと名乗っているからには、

カムイ・ミンタラ(大雪山連峰)の主峰、旭岳の麓(ふもと)の温泉に行こう。

そう思い立って、ネットでホテル・ディアバレーを検索すると 翌日の7日に空き室がありました。

夜の10時に予約をポチッ。

自動でOK !のメールが返信されて来ます。

何とも慌ただしい旅行ですが、思いついたが吉日と言うではありませんか。

 

翌日(7日)の午後1時に出発。

出発のときは雨だったのですが、深川あたりから霙(みぞれ)になり、旭川郊外では路外が白くなり始めました。

温泉道路を登る頃は道路も積雪となり、この冬、初めての雪道。

ちょっと緊張しました。


s-1194-1.jpg

(ディアバレー)

ディアバレー(「鹿の谷」という意味です)は26室ですが、駐車場に車がありません。

気になって聞いてみると、今夜のお客はボクタチを含めて3!!

山登り客やスキー客で賑わうホテルなのですが、この日は閑散でした。

3人でも、接客は満足できるものでした。

お願いした宿泊プランは、★シェフおまかせコース料理+7種のワインビュッフェ付エノテカセレクトというもの。


コース料理の手始めは、これ。

s-1194-2.jpg

(コース料理)

コンシェルジュさんが運んでくれます。

これだけでも十分なボリュームで美味しかったのですが、これに、肉、魚、ワインが加わります。


s-1194-3.jpg

(ワインセレクト)

ワインは7種類、飲み放題。

ぜ~んぶ飲んでしまってもいいのです!

でも、そんなに飲めません(約5リットルあります)。

定番の飲み方で、頂いてきました。

食前に食欲を高めるスパークリングワイン(1種類)、魚には白ワインを(3種類)、肉には赤ワイン(3種類)をワングラスずついただいたのです。


このワングラスの量が問題。

50ccずつだと7種類で、ハーフボトル。

100ccずつだと7種類で、フルボトル飲んだことになるのですが・・・

どれぐらい飲んだのかは、コンシェルジュのみが知るところ。

 

s-1194-4.jpg

(館内)

山の中に3人しか泊まっていないのだから、当たり前なのですが、とても落ち着いた佇まいで、静か。

フトコロに余裕があれば、連泊したいホテルです。

 

もう一つ期待したのが温泉。

s-1194-5ディアバレーの温泉

(この画像は、ホテルのHPから拝借しました)

源泉かけ流し、午後3時から翌朝10時まで入り放題。

ところが、男湯がぬるかった。

外国人の宿泊が多いので、ぬるめに設定していたのでしょうか?

豆福に聞くと、女湯は、熱かったと言うのです。

かと言って、女湯に入るわけに行かず・・・残念!

と言いながらも、男湯に3回も入ってきたのですから、文句は言えないかな。

 

朝食も、ボリューム満点。

s-1194-6.jpg

和食+フレンチトースト

美味しくいただきました。

 

ここの雪は、春になっても白いままなのだそうです。

排気ガスや、塵がないからでしょうか。

s-1194-7.jpg

「この窓の外には、うさぎなどの動物が来るんですよ」

とコンシェルジュのYさん。

楽しいお話を、ありがとうございました。

 

帰り際、2階から駐車場をパチリ。

s-1194-8.jpg

すっかり雪景色です。

除雪が済み、従業員や配達の車が次々と上がってきます。

今日は、大勢の方が泊まるのです。

賑やかな夕餉になることでしょう。

 

記念に車の窓ガラスに今日の日付を記しました。

11.08です。

s-1194-9.jpg

気温は、マイナス6℃。

窓ガラスが凍っていて、スクレーパー(氷掻き)が大活躍。

 

平地と旭岳の雪の量を比較するため、冬囲いの終わった庭をパチリ。

s-1194-10.jpg

こちらでは初雪でしたが、

旭岳では、もう4回も降ったのだそうです。

「今日から根雪かな」と言っていましたから、その違いは大きい。

来年も、元気に冬囲いを終えることができたら、また、お世話になりたいホテルでした。

そのときは、ぜひ、熱いお湯をお願いします(笑)。

 

 

PageTop