FC2ブログ
 

ローズミンタラ

えびすツアー2019夏

パソコンサークルえびすの日帰りツアーが企画されました。

豆大福2人の日帰りは、札幌プラスα程度の距離しか走らないのですが、「えびす」は弾丸ツアー。 

s-1162-1えびすツアー

今回は、豆福、大福を含めて10名が参加。

ミッチイ先生と五郎さんが運転してくれます。

ありがとうございます。

ワゴン車2台に分乗して、Let’s go

 

【道の駅たきかわ】

えびすのメンバーが写真展を開催しているので、時間を調整して見に行きました。

フォト空知クラブの写真展です。

s-1162-0.jpg

6人の会員が展示しているのですが、Hさんの写真は凍った湖の写真。

気泡が閉じ込められた氷原を全体像で撮ったり、気泡氷そのものを撮ったりした作品。

ときどきピントを外した物言いをするお茶目なおばさまですが、一旦カメラを持つとピントがブレることはありません。年齢が若くなりアクティブになります。

カメラ女子、畏るべし。

 

【ローズガーデンちっぷべつ】

久しぶりに秩父別のローズガーデンに来ました。

今の時季は、一番花から二番花に代替わりする過渡期。

日照り続きだったせいか、土壌がカラカラ。

s-1162-2.jpg

秩父別のバラ園特有の育成スタイルが見れました。

ここはとても寒いので、冬は大きな株は根鉢ごと越冬室に移動しているようなのです。

このバラ株は、植替えをするので根鉢が露出していたのかもしれません。

更に、雨水を有効利用するために株元をすり鉢状にしています。

極寒冷地で薔薇を育成する智恵と工夫です。

 

《晴世(はるよ)》

1162-3晴世(はるよ)_convert_20190724204621

Mr.ローズの異名を取る・故鈴木省三氏が金婚式に晴世夫人に捧げたバラです。

豆福が知っていました。

育種家の大家はロマンチストでもあったんですね。

そういえば、豆大福の金婚式もウン年後に近づいてきました。

ボクは何を捧げることができるでしょうか? ウ~ム!

 

気になる薔薇がありました。

1162-4ムーンダスト_convert_20190724204855

ムーンダストという名前です。

土壌がカラカラなのに元気いっぱい。

丈夫なバラです。

 

【蛇の目寿司】

留萌(るもい)で、行列のできるお寿司屋さんでした。

開店前に到着して待っていると、次々とお客が並び始め、開店時には二十数名のお客。

s-1162-5_convert_20190724205519_20190724212253ce9.jpg

のれんが出ました。

さあ、豪華なランチです。


s-1162-6うにまつり

今日は「うにまつり」でもあったのです。

「ミニうに丼」が800円。

これを食べるには、「蛇の目にぎり(11貫)」1500円の予定を「並にぎり(7貫)」600円に変更せねば・・・財布とお腹(おなか)の負担が大きい。

 

品物を比較すると、

s-1162-7.jpg

ミニうに丼は、名前に違(たが)わず、本当にミニ!! 

これはウニ1個分かな~? ちょいと予想外。

左が上物の蛇の目にぎり、右が並。

あれ? 並には海苔巻きと稲荷も入って11貫あるではありませんか!

ミニいくら丼+寿司11貫は、食べきれませんでした。

留萌には木工クラフトの萌樹工房があるのですが、今回は団体行動なので、寄ることができません。

お許しあれ!

 

【國稀酒造&さくらんぼ街道】

お腹を満たしたあとは、夕食の食材探しに臼谷(うすや)漁港までひとっ走り。

茹でたてのタコ、活きのいいホタテ、珍味を買い求めました。

これは、どう見てもお酒のアテですね。

 

それでは、次は増毛(ましけ)を散策することにしましょう。

ここには日本酒の酒蔵《国稀(くにまれ)酒造》があるのです。

s-1162-8_convert_20190724205614_20190724212255c63.jpg

試飲もできる人気のお店。

観光客でいっぱいでした。

ここは地下水も有名。

ポリタンクで持ち帰るヒトも多い。

“名水あるところに銘酒あり”ということでしょうかね。

s-1162-9.jpg

増毛のさくらんぼ街道でも試食できるお店が並んでいました。

今年は天候のせいか早生も晩手もあまり差がなく熟し始めたのだそうです。

ハネ品(熟れすぎて出荷商品にならない品など)が試食品やお買得品として出て来ます。

贈り物でない限り、自家用はこれで十分。

 

【北竜 ひまわりの里】

順調にドライブしてきたので時間に余裕が出ました。

「それでは、ドライブコースを追加して、ひまわりの里に行きます」

すき間恐怖症と自認するみっちい先生は予定の時間内をフル活用します。

s-1162-10.jpg

イベントは開催されていたのですが、ひまわりの開花時期としてはちょっと早かったのかもしれません。

背の高い株は3分咲き。背の低い株が開花を迎えていました。

 

(ドラゴン)

s-1162-11_convert_20190724205941.jpg

北竜の地名にちなんだドラゴン船。

さて、これはどんな使いみちがあるのでしょう?

 

【三谷果樹園 ブルーベリー狩り】

砂川に帰ります。

りんごの森、りんごのオーナー制度で名を馳せている三谷果樹園では、この時期ブルーベリー狩りをしています。

みんなでブルーベリー摘みをしました。

s-1162-12_convert_20190724210112.jpg

入園料は500円ですが、りんごの木のオーナーは300円、食べ放題。

えびすはりんごの木のオーナーになっているので、全員が300円でOK

太っ腹な園主さんです。

 

ブルーベリーの樹が増えました。

従来からあった樹は背が高くなったので、誰がどこにいるのか分かりません。

「時間までに戻ってよ~」 先生の声です。

s-1162-13_convert_20190724210219.jpg

声が返ります。 「は~い」

 

りんごの森とブルーベリーの茂みの境目に白樺があります。

その幹が顔に見えるのです。

s-1162-14_convert_20190724205731.jpg

最近、北吉野ではミニトマト泥棒が出たり、熊が出たりという報道がなされています。

物騒なことです。

幸いなことにリンゴの森では被害がないもよう。

この樹は、りんごの森の守り神なのかもしれません。

 

【ローズミンタラ】

最後の目的地は、岩瀬牧場orローズミンタラ。

「岩瀬に行きますか?」

「いや、もういいわ」

「それじゃあ、ローズミンタラに行きます」

豆大福が同乗していたので、えびすの皆さん気を使ってローズミンタラを選んでくれたのかもしれません。

お気遣いいただき、恐縮です。

s-1162-15.jpg

薔薇は一番花~二番花への過渡期なので、花数は少なかったのですが、豆福の鉢物などが見頃となっていたので救われました。

豆福ガーデンは後日アップする予定です。

 

接客部長(猫のアーチ)が自慢のシッポを立てて出てきました。

s-1162-16 (2)

(このスナップは、まつりさんの作品を拝借しました)

今日は一人で留守番をしていたので、来客は大歓迎なのですが、お客が8人の多数ともなると、ちょっとビビって腰が引けたようです。

今回は、部長のスリスリは見られませんでしたが、精一杯大歓迎。

 

薔薇姫はえびすの愉快な仲間たちに逢うことができて、大喜び。

これから薔薇姫も夏休みとなり小ぶりで軽やかになりますが、運が良ければ、秋には「しっとりと大人の色で咲く」はずです。

機会があれば、また、お越しください。

「えびすツアー2019夏」、小さな庭ローズミンタラをご覧いただき、ありがとうございました!



 

PageTop