FC2ブログ
 

ローズミンタラ

夏が来た!

昨日(728日)の話です。

【いきなりの猛暑】

季節は、いきなり夏になりました。

午前中に薔薇の手入れをしたのですが、炎天下では汗が目に滲みて痛い!

早々に退散です。

s-1163-1風除室39℃

日中の外気温32℃。 風除室内は39℃。 異常な温度です。

これはたまらん、ついにエアコンのスイッチON。

酷暑は年間数日しかないのですが、その数日が我慢できなくなりました。

加齢のせいか我慢の許容度合が低下して、古希の年に設置してしまったのです。

怠け者のエアコンですが、働くと気持ちいい風が吹き抜けます。

何よりも、暑がりの接待部長(猫のアーチ)が気持ちよさそうです。

s-1163-2.jpg

こちらも釣られて、眠りこけそうになるのですが、エアコンの力を借りて豆福ガーデンをご紹介しようと思います。

 

【アップルブロッサム】

この時期は、豆福ガーデンの鉢花が見頃を迎えます。

夏はバラの花数が少なくなるので、鉢花の存在は嬉しいことです。

s-1163-3.jpg

《アップルブロッサム(八重咲きのインパチェンス)》

これは別名「カリフォルニアローズ」とも呼ばれ、ミニバラに似た花形をしています。

でも、薔薇と違って、日向は好みません。

半日陰がお気に入りのデリケートな花です。

この鉢に5株植えています。

 

【焼物の大鉢】

コルジリネレッドスターを中心にした寄植えです。

s-1163-4.jpg

瀬戸物の鉢なので、用土を入れると重くて動かせません。

置き場所は、イチイの木のそばが定位置です。

 

【プラの大鉢】

こちらは花が大きくなって、庭と一体化した鉢です。

s-1163-5.jpg

緑のプラ鉢ですが、鉢が目立たなくなりました。

 

植えた当初は、こんなふうでした。

s-1163-5-2.jpg

景色に溶け込む位置を探すのがポイントなんですね。


【白のペチュニア】

新入りの大椅子に乗ったペチュニアです。

s-1163-6.jpg

5株植えたところ、鉢からあふれるほどになってきました。

椅子に乗せて花の位置が高くなると、手入れしやすくて病気にもかかりにくくなりました。

風通しが良くなるからでしょうかね。

 

【ウエルカムボード付近】

ウエルカムボードと一体化した籠です。

s-1163-7.jpg

赤い台座は五郎さんの作品。

小さなバスケットはダールブルクデージーとベゴニア

 

【三日月型の釣り鉢】

ダールブルクデージーといえば、寄植えしたオレガノケントビューティが色づいてきました。

s-1163-8 (2)

この三日月型の釣り鉢は、萌樹工房さんの作品。

ガーデニングは、花だけでなく工作物も大きな役割を果たします。

木工音痴の大福ですが、木工作家が身近にいてくれることは幸せなことです。

 

【ふくろうカート】

木工作家といえば、もう一人

s-1163-9.jpg

ふくろうカートの作者もいたのでした。

白ふくろうの周りにクレマチスが咲いて、いい雰囲気になってきました。

目指すは「白ふくろうの杜」ですかね?


【リング】

リング状の寄植えです。


s-1163-10_20190729230408260.jpg

ワイヤーのリングに水苔で寄植えしたのです。

鉢と違って保水力が弱いので、ペットボトルで給水しています。

 

【ハンギングバスケット】

ハンギングバスケットも豆福の作品です。

s-1163-11.jpg

67号程度のスリット鉢に1516種類の株が入っているのですが、そうは見えません。

そんなに入ると、蒸れてしまいそうなのですが、風通しがいいからでしょうか、元気です。

s-1163-12.jpg

 

【球根ベゴニア】

懸崖の球根ベゴニアです。

s-1163-13.jpg

種類も多くて、咲くと華やか。

薔薇にも引けを取らない華麗さです。

惜しむらくは、寒さに弱い。

豆福はベゴニアの根塊を床下で越冬させています。

 

豆福ガーデンは、まだ、いくつかあるのですが、今回はこのへんで。

 

 

PageTop

えびすツアー2019夏

パソコンサークルえびすの日帰りツアーが企画されました。

豆大福2人の日帰りは、札幌プラスα程度の距離しか走らないのですが、「えびす」は弾丸ツアー。 

s-1162-1えびすツアー

今回は、豆福、大福を含めて10名が参加。

ミッチイ先生と五郎さんが運転してくれます。

ありがとうございます。

ワゴン車2台に分乗して、Let’s go

 

【道の駅たきかわ】

えびすのメンバーが写真展を開催しているので、時間を調整して見に行きました。

フォト空知クラブの写真展です。

s-1162-0.jpg

6人の会員が展示しているのですが、Hさんの写真は凍った湖の写真。

気泡が閉じ込められた氷原を全体像で撮ったり、気泡氷そのものを撮ったりした作品。

ときどきピントを外した物言いをするお茶目なおばさまですが、一旦カメラを持つとピントがブレることはありません。年齢が若くなりアクティブになります。

カメラ女子、畏るべし。

 

【ローズガーデンちっぷべつ】

久しぶりに秩父別のローズガーデンに来ました。

今の時季は、一番花から二番花に代替わりする過渡期。

日照り続きだったせいか、土壌がカラカラ。

s-1162-2.jpg

秩父別のバラ園特有の育成スタイルが見れました。

ここはとても寒いので、冬は大きな株は根鉢ごと越冬室に移動しているようなのです。

このバラ株は、植替えをするので根鉢が露出していたのかもしれません。

更に、雨水を有効利用するために株元をすり鉢状にしています。

極寒冷地で薔薇を育成する智恵と工夫です。

 

《晴世(はるよ)》

1162-3晴世(はるよ)_convert_20190724204621

Mr.ローズの異名を取る・故鈴木省三氏が金婚式に晴世夫人に捧げたバラです。

豆福が知っていました。

育種家の大家はロマンチストでもあったんですね。

そういえば、豆大福の金婚式もウン年後に近づいてきました。

ボクは何を捧げることができるでしょうか? ウ~ム!

 

気になる薔薇がありました。

1162-4ムーンダスト_convert_20190724204855

ムーンダストという名前です。

土壌がカラカラなのに元気いっぱい。

丈夫なバラです。

 

【蛇の目寿司】

留萌(るもい)で、行列のできるお寿司屋さんでした。

開店前に到着して待っていると、次々とお客が並び始め、開店時には二十数名のお客。

s-1162-5_convert_20190724205519_20190724212253ce9.jpg

のれんが出ました。

さあ、豪華なランチです。


s-1162-6うにまつり

今日は「うにまつり」でもあったのです。

「ミニうに丼」が800円。

これを食べるには、「蛇の目にぎり(11貫)」1500円の予定を「並にぎり(7貫)」600円に変更せねば・・・財布とお腹(おなか)の負担が大きい。

 

品物を比較すると、

s-1162-7.jpg

ミニうに丼は、名前に違(たが)わず、本当にミニ!! 

これはウニ1個分かな~? ちょいと予想外。

左が上物の蛇の目にぎり、右が並。

あれ? 並には海苔巻きと稲荷も入って11貫あるではありませんか!

ミニいくら丼+寿司11貫は、食べきれませんでした。

留萌には木工クラフトの萌樹工房があるのですが、今回は団体行動なので、寄ることができません。

お許しあれ!

 

【國稀酒造&さくらんぼ街道】

お腹を満たしたあとは、夕食の食材探しに臼谷(うすや)漁港までひとっ走り。

茹でたてのタコ、活きのいいホタテ、珍味を買い求めました。

これは、どう見てもお酒のアテですね。

 

それでは、次は増毛(ましけ)を散策することにしましょう。

ここには日本酒の酒蔵《国稀(くにまれ)酒造》があるのです。

s-1162-8_convert_20190724205614_20190724212255c63.jpg

試飲もできる人気のお店。

観光客でいっぱいでした。

ここは地下水も有名。

ポリタンクで持ち帰るヒトも多い。

“名水あるところに銘酒あり”ということでしょうかね。

s-1162-9.jpg

増毛のさくらんぼ街道でも試食できるお店が並んでいました。

今年は天候のせいか早生も晩手もあまり差がなく熟し始めたのだそうです。

ハネ品(熟れすぎて出荷商品にならない品など)が試食品やお買得品として出て来ます。

贈り物でない限り、自家用はこれで十分。

 

【北竜 ひまわりの里】

順調にドライブしてきたので時間に余裕が出ました。

「それでは、ドライブコースを追加して、ひまわりの里に行きます」

すき間恐怖症と自認するみっちい先生は予定の時間内をフル活用します。

s-1162-10.jpg

イベントは開催されていたのですが、ひまわりの開花時期としてはちょっと早かったのかもしれません。

背の高い株は3分咲き。背の低い株が開花を迎えていました。

 

(ドラゴン)

s-1162-11_convert_20190724205941.jpg

北竜の地名にちなんだドラゴン船。

さて、これはどんな使いみちがあるのでしょう?

 

【三谷果樹園 ブルーベリー狩り】

砂川に帰ります。

りんごの森、りんごのオーナー制度で名を馳せている三谷果樹園では、この時期ブルーベリー狩りをしています。

みんなでブルーベリー摘みをしました。

s-1162-12_convert_20190724210112.jpg

入園料は500円ですが、りんごの木のオーナーは300円、食べ放題。

えびすはりんごの木のオーナーになっているので、全員が300円でOK

太っ腹な園主さんです。

 

ブルーベリーの樹が増えました。

従来からあった樹は背が高くなったので、誰がどこにいるのか分かりません。

「時間までに戻ってよ~」 先生の声です。

s-1162-13_convert_20190724210219.jpg

声が返ります。 「は~い」

 

りんごの森とブルーベリーの茂みの境目に白樺があります。

その幹が顔に見えるのです。

s-1162-14_convert_20190724205731.jpg

最近、北吉野ではミニトマト泥棒が出たり、熊が出たりという報道がなされています。

物騒なことです。

幸いなことにリンゴの森では被害がないもよう。

この樹は、りんごの森の守り神なのかもしれません。

 

【ローズミンタラ】

最後の目的地は、岩瀬牧場orローズミンタラ。

「岩瀬に行きますか?」

「いや、もういいわ」

「それじゃあ、ローズミンタラに行きます」

豆大福が同乗していたので、えびすの皆さん気を使ってローズミンタラを選んでくれたのかもしれません。

お気遣いいただき、恐縮です。

s-1162-15.jpg

薔薇は一番花~二番花への過渡期なので、花数は少なかったのですが、豆福の鉢物などが見頃となっていたので救われました。

豆福ガーデンは後日アップする予定です。

 

接客部長(猫のアーチ)が自慢のシッポを立てて出てきました。

s-1162-16 (2)

(このスナップは、まつりさんの作品を拝借しました)

今日は一人で留守番をしていたので、来客は大歓迎なのですが、お客が8人の多数ともなると、ちょっとビビって腰が引けたようです。

今回は、部長のスリスリは見られませんでしたが、精一杯大歓迎。

 

薔薇姫はえびすの愉快な仲間たちに逢うことができて、大喜び。

これから薔薇姫も夏休みとなり小ぶりで軽やかになりますが、運が良ければ、秋には「しっとりと大人の色で咲く」はずです。

機会があれば、また、お越しください。

「えびすツアー2019夏」、小さな庭ローズミンタラをご覧いただき、ありがとうございました!



 

PageTop

イスがやってきた

幸せの「白ふくろう」が庭に棲みついたばかりなのですが、今度は椅子がやってきました。

「これ、庭で使えそうだけど、いるか?」

いつもながら、ぶっきらぼうなTさんです。

このヒトがあの芸術的な「白ふくろう」の彫刻主とは思えない(失礼!)

 

いただくことにしました。

s-1161-1.jpg

長らく室内で使われていたようなのです。

外で使うために、防腐塗装をしました。

ラティスと同じ色です

 

大きめの椅子なので大きな鉢を乗せると見栄えすると思うのですが・・・。

この花鉢を乗せたいのです。

s-1161-2.jpg

重い花鉢を乗せるには、台座と脚が華奢(アッ、これも“失礼!”)

耐えられるかな~? 

どうしたらいいかな~?

・・・・・・・

豆福がアイデアを出しました。

「コンクリートブロックを椅子の下に置いて補強してみたら?」

 

なるほど! 

試してみました。

s-1161-3.jpg

イスを後ろから撮ってみました。

ブロック2個で、高さがピッタリ。

補強はできたのですが、無骨なブロックが丸見えです。

趣がないな~!

・・・・・・・


そうだ、目隠しをしよう。

修景薔薇の「はるか」にその役が割り当てられました。

ピンクの小薔薇です。

s-1161-4.jpg 

Oh!

表から見るとブロックは隠れて、もっともらしくなったではありませんか

椅子は、ローズミンタラの一員として活躍してくれそうです。


欲張って、ガーデニンググッズを貰ってしまったのですが、問題となるのは、冬越しです。

イスも白ふくろうもかさ張って、折りたたむことができません。

どうやって、格納すればよろしいか?

雪が降る前に解決しなければなりませんね。





 

PageTop

ラベンダー講座

砂川市からのお誘いで、「砂川でプチ体験」のモニターを引き受けました。

講師は、豆福です。

ローズミンタラでは『ラベンダーバンドルズと匂い袋づくり』のワークショップ。

“オープンガーデンでラベンダー遊び” という謳い文句です。


s-1160-1砂川でプチトリップ体験


ラベンダーバンドルズをつくるには、生のラベンダーが必要です。

今の時季だけ限定の贅沢なお遊びなのです。

 

まずは、ラベンダーを採取するところから

s-1160-2.jpg

茎が長めのラベンダーを11本採取します。

奇数本であることが肝心なのです。

 

参加者が4人と少数であったのとお天気が良かったので、ワークショップは庭先ですることにしました。

s-1160-3.jpg

眩しすぎるので、うん十年ぶりにビーチパラソルも活躍。

日差しは強いのですが、湿気が少ないので日陰に入ると涼がとれるのです。

 

連絡役の市役所の職員がカメラで記録しています。

s-1160-4.jpg

ラベンダーバンドルズは、奇数本束ねたラベンダーの茎にリボンを交互に通しスティック状にします。

リボンをラベンダーの茎を一周すると、後は根気の勝負です。

どなたも初めての体験だったのですが、作業は順調に進みました。

 

スティックが出来上がりました。

s-1160-5.jpg

左の茎の青いのが今年の作品。

右の日焼けた2本は去年の作品です。

一年経っても軽く振るとラベンダーの匂いが蘇ります。

 

ラベンダーバンドルズと匂い袋は1時間ちょっとで出来上がりました。

苦労しましたが、これで1年以上、香りを楽しめるはずです。

 

ワークショップで目が疲れたので、薔薇の庭でリラックスしていただきました。

s-1160-6薔薇の庭

顔が写ることはNGだったので、加工させていただきました。

ご了承ください。

 

細かい作業だったので、疲れたと思うのですが、「とても素敵な時間を過ごさせていただきました」とのお言葉を頂戴しました。

バンドルズも匂い袋も完成し、つくり方も身につきました。

満足気なご様子に豆大福も嬉しくなりました。

 

お手元に生のラベンダーを用意できる方のために今回のレシピを載せておきます。

よろしければ、ご利用ください。

s-1160-7ラベンダーバンドルズのつくり方

 


PageTop

基準日撮影


定点観測とまではいきませんが、毎年71日にローズミンタラの写真を撮るようにしています。

この日の前後に春バラが見頃を迎えるからです。

【7月1日】

s-1159 -1

6月下旬から7月上旬が見頃です」とアナウンスしていたのですが、今年は6月中旬から咲き始め、下旬には既に賑やかになってしまいました。

例年と比べると10日くらい早いような気がします。

 

s-1159 -2


【職場の知人】

かつて同じ職場で働いていたNsさんが来てくれました。

s-1159-3.jpg

ガーデニングをしたくて早期退職してしまったといいます。

「思いっきりがいいなァ~」

とてもかないません。

近くに行った折、彼女の庭を眺めるのですが、見ごたえある庭になりました。


【親子三代】 

前回お伝えした年配の御婦人とお孫さんが、今度はお母さんを連れてきてくれました。

親子三代そろって来てくれたことになります。

s-1159-4.jpg

バラ園は「いわみざわ公園バラ園」や「ローズガーデン秩父別」が大きくて有名で見事なのですが、「広すぎる」のが玉に瑕なのだそうです。

ボクも足には自信がないので、その感覚はよくわかります。

小さな薔薇の庭が喜んでもらえて・・・ちょっと照れくさい。

 

【歓迎部長】

えびすのメンバーがお子さんを連れて訪問してくれました。

s-1159-5.jpg

歓迎部長(猫のアーチ)がスリスリ。

最近、お客さんを歓迎する芸を覚えました。

部長に就任したばかりなので、大きな声は苦手なようです。

気まぐれ部長ですが、運が良ければ、会うことができるかもしれません。

 

 

PageTop

ツクリテ・フェスタ そして 木管五重奏


【五郎さんち】

629日(土)の午前中は、「あかびら ツクリテ フェスタ」に出かけました。

会場は「NASAより宇宙に近い、植松電機(?)」と豪語する赤平市の植松電機の工場敷地。

ものづくり作家が自分の作品を持ち寄って販売するイベント。

s-1158-1.jpg


出店数は90を超え、飲食ブースが8箇所もあるのですから大きなイベントに育ちました。

 

s-1158-2五郎さんち


先日報告した「活きのいいマグロ女子」の陶芸作品と五郎さんの木工作品がコラボで出店。

「五郎さんち」というブースです。

今回は、陶芸作家としての顔。

このフェスタ以降は、「山ガール」に変身する模様。

スイッチの切替が早い! (どこに切替スイッチがついているのか?知りたいものです)

 

s-1158-3.jpg

先日、寄せ植えした植木鉢も寄せ植えの花付きで出品されていました。

もしかして、これはローズミンタラも参加したことになるのでしょうか?

 

【木管五重奏】

午後は、奈井江町のコンチェルトホールで木管五重奏の演奏会。

アミューズ・クインテットコンサートに出かけました。

s-1158-4.jpg


木管五重奏というからには木製の楽器だろうと思っていましたが、なんと、楽器の大部分が金属製ではありませんか!!

音楽音痴のボクは、

「金管楽器と木管楽器は何が違うんじゃ?」と思いながら聞いていました。

s-1158-5.jpg

楽器紹介コーナーで、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットがソロで演奏したのですが、クラリネットの分割には驚きました。

5分割され、段々と短くなり、それに応じて変化していくのです。

確かに携帯には便利なのですが、短くして演奏することってあるのでしょうか?


s-1158-6.jpg

帰ってきてから調べて分かったことですが、楽器の素材ではなく、

音を出す仕組みによって「金管楽器」と「木管楽器」が区別されているのでした。

「金管楽器」とは、唇の振動によって音を出す楽器(トランペット、トロンボーン・・・)

「木管楽器」とは、唇を振動させずに音を出す楽器。

これには尺八やリコーダーのように穴に息を吹き込むことによって音を出すものと

今回の演奏会で使われたクラリネット、オーボエ・・・のようにリード(薄片)を口にくわえて音を出すものがある。 ということでした。

 

生の音楽を聞いて、解説を聞いて、楽しいひと時。

となり町だけれど、評判がいい音楽ホールが身近にあることは嬉しいことです。

新しい町長さんは音楽に造詣が深いと伺っていますので、コンチェルトホールの活動に期待が膨らみます。



 

 

PageTop