FC2ブログ
 

ローズミンタラ

幸せのピン君

「幸せ」続きのタイトルで恐縮ですが、好きな薔薇に囲まれていると、時間(とき)を忘れます。

ここは、時間(とき)を忘れる庭でもあるのです。

 

いろいろな方にお越しいただきました。

写真の撮り忘れもあるのですが、少しご紹介させていただきます。

【 I さん】

s-1155-1.jpg

年配の御婦人の付き添いは、お孫さんでしょうか?

通路が狭くて恐縮です。

薔薇の写真を撮っていただきました。

お孫さんから「写真の撮り方がうまくなったね」と言われて、ご満悦のご様子。

薔薇も「綺麗だね」と声をかけられて幸せそう。

見に来てくれる人がいるおかげで薔薇姫も豆大福も幸せになりました。

ありがとうございます。

 

【萌樹工房さん】

s-1155-2萌樹さん

現存天守12城巡りをして、無事帰萌した萌樹工房ご夫妻も寄っていただきました。

自分の車で2週間程度走ってきたとのこと、一体何キロ走ってきたのでしょうね。

タフな方です。

薔薇は、ちょうど見頃でした。この時期にご覧いただくことができて幸せです。

 

【カメラ女子

s-1155-3カメラ女子

この方もタフな方です。

仕事の他に、パソコンサークル、陶芸、登山、スノボー、写真、etc

日曜日もりんごの森で実すぐりをした後で、豆福の寄せ植え教室で寄せ植えを6鉢もつくりました。

午後は、また別用が待っている模様。

白いカンバスは不安で、画面にびっしりと描き込まないと気がすまない。

本人は、「隙間恐怖症」と言っていますが、ウチでは「活きのいいマグロ女子」と呼んでいます。

そのココロは、マグロは泳いでいなければ生きていれないからなのです。

 

【ピン(ク)さん】

s-1155-4.jpg

仕事帰りにピンさんご夫妻が立ち寄ってくれました。

意図したわけではないのですが、ピンクの薔薇とピンさんご夫妻のコラボです。

せっかくですから、今回はピンクの薔薇をご紹介させていただきます。

ブログのタイトルも、幸せなピンさんご夫妻にちなんで「幸せのピンクン」としました。

ダジャレ好きの大福ゆえ、ピンさん、お許しあれ!

 

【バイランド

 s-1155-5バイランド


【エル

 s-1155-6エル

(左側の大きくて色の薄いのがエル、いい香りがします)


【ロイヤルボニカ

s-1155-7ロイヤルボニカ

 

【ピエール・カルダン

s-1155-8ピエール・カルダン

「肉食女子」と呼んでいます。

花というよりは霜降りの牛肉のような色合いで旨そうです。

 

【スプリングパル

s-1155-9スプリングパル

こちらは、一転して、遊びまわる子ども達のような薔薇。

名前からして弾む感じです。

 

【原種薔薇

s-1155-10原種バラ

 

【ダイアンサス

s-1155-11ダイアンサス(なでしこ)

これは、薔薇ではなくて、撫子(なでしこ)なのですが、ピンクが鮮やかなので載せちゃいました。

とても丈夫な花です。

イチイの樹の下に僅かにあったのが、繁茂してしまいました。

薔薇もこれほど丈夫だと手がかからなくて楽できるのですが・・・無理か!



 

 

PageTop