FC2ブログ
 

ローズミンタラ

欲張りプラン

27日(木)は、薔薇の手入れを休みました。

豆福と札幌の花フェスタを見に行ったのです。

会場は大通公園の4丁目から7丁目まで。

札幌行は稀なので、この際、北海道近代美術館で「東山魁夷」展も見て、札幌芸術の森で「砂澤ビッキ」彫刻展も見てこようという欲張りプラン。

歩くのに自信のない身としては少しの覚悟(?)が必要でした。

 

【花フェスタ】

s-1157-1.jpg

花フェスタでは、高校生のガーデニングコンテスト、ハンギングバスケットコーナー、蘭パピリオン、ガーデニング雑貨、花材などが取り扱われているのです。

例年より出店ブースが少ない。

平日のせいもあって、人出も少ない印象でした。

今回の花フェスタでの収穫は・・・

s-1157-2.jpg

ハンギングバスケットの裏に取り付ける部材です。

ここに写っているレンガタイルのような背景は、発泡スチロールなのです。

軽くて加工しやすく水に強い。

な~るほど、こんな背景にするとハンギングが引き立つんだ!

参考になりました。

 

もう一つはこの石碑の文字

s-1157-3.jpg

大通公園の6丁目に建っているのですが、糸偏の「紀念碑」と彫られているではありませんか。

一般的には言偏の「記念碑」ですよね。

なぜ糸偏なのかな~? 

後で調べることとして、ご存知の方は、ご一報をお願いします。

 

【東山魁夷展

s-1157-4.jpg

次は、近美の「東山魁夷展」です。

「唐招提寺( とうしょうだいじ)御影堂(みえいどう) 障壁画(しょうへきが)」 は非公開で、年に3日だけ公開されるのだそうです。

それが北海道で見ることができる。 嬉しいことです。

撮影はNGなので、実物は行ってご覧いただくしかないのですが、ネットに一部公開されていますので、アドレスを貼り付けておきますので、ご覧ください。

http://higashiyamakaii.hokkaido.jp/


s-1157-5.jpg

大きな障壁画は、白黒の水墨画と緑青の彩色画。

光源は表にあるのに、裏から光が投影されてているかのように見える障壁画でした。

まるで光がそこにあるかのように感じるから不思議です。

水墨画は、薫風にたなびく湖水柳や幽谷深山の雲の流れが描かれて、季節は温かいはずなのですが、ボクの目には吹雪に映りました。

冬の寒さとモノトーンの世界に痛めつけられて、目が曇ってしまったのかもしれません。

 

緑青の彩色画は、海の波濤と深山の針葉樹林、滝の飛沫や雲海が印象的。

この青の濃淡だけで森羅万象を現す勢いには圧倒されました。

 

ここで午後3時。

札幌芸術の森美術館までは車で3040分かかるので、帰宅時間を考えると、躊躇しましたが、ビッキ展の終了は6月末。

帰宅が遅くなるのを覚悟で行くことにしました。


【砂澤ビッキ展】

s-1157-6.jpg

彫刻は絵画と違うので、撮影可を期待したのですが、これもNG

やむを得ません。

これもアドレスを貼り付けておきますので、ご覧ください。

https://artpark.or.jp/tenrankai-event/bikkykaze/

 

s-1157-7.jpg

東山魁夷展の印象は「光と風(薫風)」でしたが、ビッキのテーマも「風を彫った・・・」でした。

今回は似たテーマの作品に巡り逢いました。

 

繊細で緻密な作品と粗削りで雄大な作品群が展示されていました。

躁状態のときには雄大な作品に取り掛かり、鬱状態のときには繊細な作品に向かう。

作品の背景にあるもの感じさせられた芸術の森です。

 

今回は時間の都合上、見ることはできなかったのですが、野外に展示されている「四つの風」という大型木彫があります。

「四つの風」は高さ5.4メートル、直径90センチのアカエゾマツ4本の柱でできた作品。4本の柱のうち3本が腐食のための倒壊し、残るは一本のみ。

以前から朽ち果てることは想定されていましたが、ビッキの遺志を尊重し、修復せず展示。

倒れた柱も撤去せず、今後もこのままで展示を続けるという。

四本目が倒れないうちに、見に行こうと思います。

 

 

ps.

「北海道美術ネット別館」からの引用です。

「ビッキは生前次のように語っていたそうです。

人が手を加えない、自然のままの樹木を素材とする。

したがってそれは生き物である。

生きているものが衰退し、崩壊していくのは至極当然である。

それを更に再構築していく。

自然はここに立つ作品に風雪という名の鑿(のみ)を加えていくはずである。」 

 

 

PageTop

情熱の赤

今回は、赤いバラのコーナーです。

赤いバラは、歌劇カルメンを思い出させます。

ダイジェスト版でしか見たことはないのですが、赤い衣装で踊るカルメンの姿が赤い薔薇とダブるのです。

 

【ベルサイユのばら】

s-1156-1ベルサイユのばら

遅咲きの薔薇のはずが、他のバラと一緒に咲いてしまいました。

クシャクシャ頭で、寝ぼけ眼(まなこ)のベルばらです。

 

【レッドクイーン】

s-1156-2レッドクイーン

赤いバラの女王でしょうか。

強健でスタイリッシュ。

 

【ニコロ・パガニーニ】

s-1156-3ニコロ・パガニーニ

 

【ラ・セビリアーナ】

s-1156-4ラ・セビリアーナ

ウチではピンク・ラ・セビリアーナの枝変わりを挿木して固定したのですが、モノの本によると「ラ・セビリアーナ(朱色)」の枝変わりが「ピンク・ラ・セビリアーナ(緋色)」だというのです。

ということは、ウチの場合は先祖返りと言うことだったのか?

まあ、「逆もまた真なり」ということなのでしょう。

 

 

【オクラホマ?】

s-1156-5オクラホマ

義母の庭のつるバラを挿木したものです。

正確な名前は分からないのですが、きっとオクラホマだろうと思っています。

 

【時間(とき)を忘れる庭】

s-1156-6時を忘れる庭

ローズミンタラのバラの種類は50種類程度

薔薇やクレマチスのカタログを見ていると、「欲しい!」という誘惑に駆られます。

オープンガーデンを始めてしまったので、もっとお見せしたいという欲も出ます。

でも、バラの種類は三万種類もあるのだとか。とうてい全種類を育てることはできません。

豆大福二人で管理するにはこの程度が限度。 

花柄を拾って、整枝して、草を抜いて、消毒して、etc。

庭を這いずり廻っているのですが、今の所、さほど苦になりません。


普段はあまり歩かれることがないご婦人が若い人と一緒に見えられたときのことです。

狭い通路で一言。

「好きなものを見ていると、随分と歩いたわ」

そうなんです。

這いずり回っていても、好きな薔薇に囲まれて時間(とき)を忘れてしまうのです。

その象徴として針のない時計の文字盤を飾っています。

ここは、「時間(とき)を忘れる庭」なのです。

 

 

 

PageTop

幸せのピン君

「幸せ」続きのタイトルで恐縮ですが、好きな薔薇に囲まれていると、時間(とき)を忘れます。

ここは、時間(とき)を忘れる庭でもあるのです。

 

いろいろな方にお越しいただきました。

写真の撮り忘れもあるのですが、少しご紹介させていただきます。

【 I さん】

s-1155-1.jpg

年配の御婦人の付き添いは、お孫さんでしょうか?

通路が狭くて恐縮です。

薔薇の写真を撮っていただきました。

お孫さんから「写真の撮り方がうまくなったね」と言われて、ご満悦のご様子。

薔薇も「綺麗だね」と声をかけられて幸せそう。

見に来てくれる人がいるおかげで薔薇姫も豆大福も幸せになりました。

ありがとうございます。

 

【萌樹工房さん】

s-1155-2萌樹さん

現存天守12城巡りをして、無事帰萌した萌樹工房ご夫妻も寄っていただきました。

自分の車で2週間程度走ってきたとのこと、一体何キロ走ってきたのでしょうね。

タフな方です。

薔薇は、ちょうど見頃でした。この時期にご覧いただくことができて幸せです。

 

【カメラ女子

s-1155-3カメラ女子

この方もタフな方です。

仕事の他に、パソコンサークル、陶芸、登山、スノボー、写真、etc

日曜日もりんごの森で実すぐりをした後で、豆福の寄せ植え教室で寄せ植えを6鉢もつくりました。

午後は、また別用が待っている模様。

白いカンバスは不安で、画面にびっしりと描き込まないと気がすまない。

本人は、「隙間恐怖症」と言っていますが、ウチでは「活きのいいマグロ女子」と呼んでいます。

そのココロは、マグロは泳いでいなければ生きていれないからなのです。

 

【ピン(ク)さん】

s-1155-4.jpg

仕事帰りにピンさんご夫妻が立ち寄ってくれました。

意図したわけではないのですが、ピンクの薔薇とピンさんご夫妻のコラボです。

せっかくですから、今回はピンクの薔薇をご紹介させていただきます。

ブログのタイトルも、幸せなピンさんご夫妻にちなんで「幸せのピンクン」としました。

ダジャレ好きの大福ゆえ、ピンさん、お許しあれ!

 

【バイランド

 s-1155-5バイランド


【エル

 s-1155-6エル

(左側の大きくて色の薄いのがエル、いい香りがします)


【ロイヤルボニカ

s-1155-7ロイヤルボニカ

 

【ピエール・カルダン

s-1155-8ピエール・カルダン

「肉食女子」と呼んでいます。

花というよりは霜降りの牛肉のような色合いで旨そうです。

 

【スプリングパル

s-1155-9スプリングパル

こちらは、一転して、遊びまわる子ども達のような薔薇。

名前からして弾む感じです。

 

【原種薔薇

s-1155-10原種バラ

 

【ダイアンサス

s-1155-11ダイアンサス(なでしこ)

これは、薔薇ではなくて、撫子(なでしこ)なのですが、ピンクが鮮やかなので載せちゃいました。

とても丈夫な花です。

イチイの樹の下に僅かにあったのが、繁茂してしまいました。

薔薇もこれほど丈夫だと手がかからなくて楽できるのですが・・・無理か!



 

 

PageTop

幸せの黄色いバラ

今日は「夏至」、二十四節気の10番目。

一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い日。

ああ、それなのに、それなのに、「雨」なのです。

薄暗くて、昼の時間が長いということを実感することができません。

 

【花盛り】

この季節、雨が降らない日はほとんど外で遊び呆けていました。

今日の雨を恨めしく思い、窓から顔を出すと

s-1154-1.jpg

ウワ~ッ! 花盛り!

よくもまあ こんなに いっぺんに 咲いたものです。

冬囲いに下駄を履かせたので、枝折れが少なかったからでしょうか?

それとも5月の気温が高かったからでしょうか?

こんなに花盛りになったのは初めてです。

よそ様の庭はどうなっているのでしょう? 気になります。

 

【ピエール・ド・ロンサール】

s-1154-2 (2)

つるバラのピエール・ド・ロンサールも咲き始めました。

うちのピエールは、まだ、新入生なのですが、育て方次第でかなり大きくなる薔薇らしい。

どのように育てるか? 新たな課題が出ました。

 

【黄バラのゾーン】

幸福の黄色いハンカチという映画がありました。

高倉健主演で、夕張の街を背景に、幸福の黄色いハンカチがたなびくラストシーンが印象的でした。

ローズミンタラでは、寡黙な、幸せの黄色いバラです。

 

ハーディネスゾーン(耐寒性)もよく考えずに、一目惚れで買ってしまった薔薇もあるのですが、よく咲いてくれます。

お好みの黄色いバラは、どれでしょうか。 画像をご覧ください。

 

【ヘンリー・フォンダ】

s-1154-3ヘンリー・フォンダ

 

【ランドラ】

s-1154-4ランドラ

 

【フリージア】

s-1154-5フリージア

 

【ゴールデンメダイヨン】

s-1154-6ゴールデンメダイヨン

一口に黄色と言っても、レモンイエロー、卵色、蜂蜜色などイロイロ。

何度もご覧頂いたハニーブーケと蕾のロートレックは割愛して、黄色の薔薇姫の饗宴でした。

ご覧頂いただいた皆様に幸せが届きますように!



 

 

PageTop

産業遺産

【産業遺産とは】 

Wikipediaによると「産業遺産(さんぎょういさん)」とは、ある時代においてその地域に根付いていた産業の姿を伝える遺物、遺構、遺跡である。」とありました。

 

【ふくろうカード】

砂川市のポイントカード事業協同組合では、地元のお店で買い物をするとポイントが貯まる「ふくろうカード」を発行していました。

s-1153-1ふくろうカード

ところが、人口減少、購買力減退・・・etcで赤字続きとなり、先般、廃止となってしまったのです。

田舎の人口減少は、これに限らず辛いものがあります。

 

先日、所用で観光協会の事務局に行ったときのことです。

かわいいふくろうカードの木製看板がポツンと残されていました。

仕事がなくなって、寂しげです。

持ち主に聞くと、「もう使わない」とのことだったので、もらってきちゃいました。


s-1153-2.jpg

長年頑張ってきたのですが、風雨に痛めつけられ、満身創痍。

でも、彫りの看板の部分は立派。

これは、砂川ポイントカード事業協同組合の産業遺産のようなものです。

さて、これをどう使おうか?

 

「ふくろうカード」のネーミングそのままじゃあ あまりダイレクトすぎてローズミンタラでそのまま使うわけに行かないなあ。

かと言って、せっかくの芸術的な木彫りのイメージを壊したくないし・・・

悩んだ末に、ダジャレ魂が頭をもたげ、「ふくろうカート」にすることにしました。

「カード(札)」を「カート(荷車)」にするのは濁点を削るだけ。

s-1153-3.jpg

(濁点をノミで削ってみました。うまく行ったけれど、目立つね)


「カート」と呼ぶからには車輪が必要なのですが、手持ちがありません。

当面、車輪なしです。

 

朽ちたボックスを補強して、防腐塗装をしました。

プランターを入れる箱はサイズが小さ目だったので、豆福が見合う鉢花を作りました。

特製プランターBOX出来上がりです。

【幸せを招く白ふくろう】

s-1153-4.jpg

ローズミンタラの南西の角に設置すると、Oh! ナイス!

「白ふくろう」が目立ちすぎますが、ニコニコ顔で「おいで、おいで」をしているようではありませんか。

これは「幸せを招く白ふくろう」とネーミングすることにしました。

 

ps

【白ふくろうから一言

というわけで、砂川ポイントカード事業協同組合に参加されていた皆さん! ボクは、健在です。

ローズミンタラで再び活躍することになりました。

まだ、まだ、がんばりますよ~!

そして、このブログを御覧の皆さん! ボクに会いに来てくださいね。

きっと、ニコニコ顔になりますよ~。

 

 

PageTop

オープンガーデン

薔薇の開花に急かされてオープンガーデンを始めることにしました。

s-1152-1.jpg

バラがどんどん咲いてくるのです。

大急ぎで「オープンガーデン」の看板を出しました。

 

道路側の吊り鉢も取り替えました。

s-1152-2_201906192032103e9.jpg

パンジーは暑さに弱いので、交換用に豆福がバックヤードで用意していた鉢です。

散歩の婦人が「植え替えたのですか?」

「いいえ、鉢ごと取り替えたのですよ」

「あら、まあ!」 驚かれたようです。

 

出入り口には五郎さん作成の赤い案内板

s-1152-3.jpg

 

庭内は、花盛りになりました。

ちょっとご案内しましょう。

s-1152-4衣通姫

手前の白が衣通姫(そどおりひめ)。

続いて、ほろ酔い三人娘(チンチン、リオサンバ、ガーデンパーティ)です。

 

センターはピンクのローズエリア

s-1152-5ピンク

カリネラ、 クイーンエリザベス、 ピンク・ラ・セビリアーナ、 芳純、 エル、 桜貝など。

芳純がいい香りを漂わせています。

 

北西の角にはダブルノックアウト

s-1152-6Wノックアウト

イチイの北側のスペースは薔薇にとっては、デッドスペース。

快適な条件とは言えないので、強健な薔薇に頑張ってもらっています。

病気をノックアウト、虫もノックアウト、それでダブルノックアウトと名付けたのか?

 

赤バラ(黒バラ)

ラバグルート(溶岩の炎)

s-1152-7.jpg

赤バラのエリアは、ヒトの背丈を超えるほどノッポになるレッドクイーンやベル薔薇がいるのですが、今、賑やかなのはフロリバンダローズのラバグルートです。

ちょっと小ぶりですが、見やすい位置で、力強い色合いで咲きます。

 

ビブレバカンス(バカンス(休暇)万歳!)

s-1152-8ビブレバカンス

南仏の海岸でバカンスを楽しんでいるイメージでしょうか。

気持ちがゆったりします。

 

既にご報告しているハニーブーケですが、花盛りとなったのでもう一度ご覧いただきましょう。

s-1152-9.jpg

花持ちがよく、花が大きく膨らんできます。

毎朝、見に行くのが楽しい薔薇です。

 

「もう咲いているんでしょ?」

お客さんの方が薔薇の咲く時期をよくご存知のようです。

s-1152-10.jpg

カラダラボから帰ってくると、既にお客さんがいました。

花盛りのときに見ていただけるのは、庭主としても嬉しい。

今がちょうど見頃を迎えました。

散歩がてらに、どうぞ!



 

PageTop

バラリンピック

オリンピック、パラリンピックに倣って、薔薇の開花に順位をつけようと考えました。

名づけて「バラリンピック」です。

参加選手は、ローズミンタラのバラ姫

開花のトップランナーは、先日お知らせしたジュリア。

金メダル

s-1151-1ジュリア


【銀メダル】 

次いで「ほろ酔い三人娘」が順番に来る筈なんだけれど・・・。

チンチン(乾杯)して、リオサンバで踊り、ガーデンパーティで宴につくという物語です。

ところが、こちらの思いどおりなんぞ行きません。


銀メダルは「ガーデンパーティ」。

 s-1151-2ガーデンパーティ

(ガーデンパーティ)

乾杯もしないうちに宴会を始めてしまったようなものです。


【銅メダル】

銅メダルは、チンチン(乾杯)か? リオサンバか?

両者一斉に開花し始めたので、同着ということで、両者、銅メダルです。

(チンチン&リオサンバ)

s-1151-3チンチン&リオサンバ

 (右側の小ぶりな朱色がチンチン、左側のカラフルな大輪がリオサンバ)

ほろ酔い三人娘が揃って咲くと、賑やかになります。


【プレ・オープンガーデン】 

今年の5月は気温が高かったせいか成長が早く、開花も早い。

例年6月下旬から7月上旬に一番花の開花を迎えるのですが、今年は6月の中旬に開花を始めてしまいました。

(看板が間に合わないので、画像でプレ・オープンガーデン)

s-1151-4.jpg

622日からオープンガーデンの看板を出そうと考えていたのですが、咲くのが早い。

もうそろそろ看板を出してもいいのかもしれません。

 

開花順位のメダルはないのですが、ほかのバラ姫も開花し始めました。

【カクテル】

s-1151-5カクテル

今年は、冬囲いの脚立に下駄を履かせたので、薔薇の株や脚立に傷がつくことが少なかったのですが、雪が少なかったので、寒さで薔薇の枝が枯れてしまったものがありました。

カクテルも扇状に枝を広げることはできなくなりました。

老木なのですが、けなげにも株元からシュートを伸ばし、花をつけるのです。

気持ちがへこたれたときなどは、老木から叱咤激励されているように感じます。

(カクテルの愛のムチは棘があるので、痛くて効き目があるのかも!?) 


【ハニーブーケ】

蜂蜜色の花束

s-1151-6-1.jpg

色といい、形といい、惚れ惚れします。

これで蜂蜜の香りがすると、申し分ないのですが・・・。

欲張りすぎでしょうかね。

 

【クイーンエリザベス】

s-1151-7 クイーンエリザベス

イギリスはEU離脱で揺れていますが、ここのクイーンエリザベスはゆるぎません。

丸弁で、いつも穏やな姿を見せてくれます。

 

【レッドクイーン】

s-1151-8 レッドクイーン

この女王もクイーンエリザベスに似て、背が高い。

今回は目の高さで咲いたのですが、もう少し伸びると、開花の様子が見れなくなります。

もう少し環境に合わせて咲いてくれると嬉しいのですが。

 

【カリネラ】

s-1151-9 カリネラ

クイーンエリザベスに似た色ですが、こちらは剣弁高芯咲きの薔薇。

花弁が反り返ったモダンローズ(現代バラ)です。

もっとも、最近はオールドローズが脚光を浴び、フリルの華やかな薔薇が作出されたりしてているので、モダンローズの定義が変わってしまうかもしれませんね。

 

薔薇はこれから見頃を迎えます。

お近くにお越しの節は、薔薇姫に声をおかけください。

きっと笑顔で応えることでしょう。


PageTop

トップランナーはジュリア

【金メダル】

68日(土)

今年の薔薇の開花一番乗りは、ジュリアでした。

ブロンズ色の薔薇なので、銅色にちなんで銅メダル。

てっきり三番手で咲くのではないかと思っていたのですが、あに図らんやトップランナーでした。

s-1150-1.jpg

いつもシックな色合いで咲くのですが、今回はそれに加えて、密(ひそ)やかに咲きました。

 

バラの花は株から一段と背を伸ばして咲くのが普通。

ところが、今回のジュリアは株間で咲いたのです。

地面から出たシュートが株の上に出ないうちに蕾をつけ、株間でひっそりと咲いてしまったのです。

 

株から背を伸ばして咲こうとしている蕾の方に目が行って、株の中で咲こうとしている蕾を見落としてしまったのです。

「次に咲くときは、隠れないで、もっと上で咲いてよね」

他にも株の中に蕾は無いか? 思わず見回してしまいました。

ん~、他のバラは大丈夫のようです。

 

【牡丹・芍薬まつり】

先月から小樽市の「にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)」で「牡丹・芍薬まつり」が開催されています。

650株の牡丹と芍薬の花が庭園一面を彩っているのだそうです。

s-1150-2牡丹・芍薬まつり

ひとっ走り、行けそうな距離なのですが、野暮用が重なってなかなか行けません。

今年はバックヤードの牡丹と芍薬で我慢することにしましょう!

s-1150-3牡丹・芍薬

 

【豆福ガーデン】

今年も着々と鉢花が増えてきました。

あまり増えすぎると、水やりと秋の花じまいのときに忙しい目に合うので、縮小したいのですが、えびすのメンバーから「月末に“寄せ植え教室”を開催して!」な~ンて頼まれると、見本用の鉢が増えてしまうようです。

s-1150-4.jpg

(今年の新作:パンジーのリング寄せ植え)

乾燥しやすいのでペットボトル給水を計画中。


小花のバスケット

s-1150-5.jpg

 

暖かくなって、薔薇のつぼみが日毎に膨らんで、ガクが反り返り、色づいてきました。

毎朝、大きくなるのが分かるようになってきました。

咲き始めると、きっと弾けるように、一斉に咲き誇るに違いありません。

その姿を見ることができるのは、もうすぐ!

期待が膨らみます。

 

 

PageTop

ていしゅ元気で・・・

【春雨か?】

久しぶりの雨でした。

こんな日の庭は、窓から眺めるだけで、手入れはできません。

s-1149-1.jpg

5月からお天気が続き、風がめちゃくちゃ強い日もあったのですが、オープンガーデンに向けた準備は着々と進行中。

 

薔薇は放っておくと伸び放題になってしまうので、剪定をします。

お天気がいい日は、芽欠きをしたり、交差する枝を切ったり、薔薇と薔薇の間を這いずり廻っていました。

薔薇にとってはちょん切られて痛い思いをするので、迷惑な話です。

 

迷惑だけれど、病害虫の消毒をしてくれ、ときどき栄養もくれるので「庭主(ていしゅ)」は、いたほうがいい。

薔薇は、そう思っているハズです。

いたほうがいいけれど、いつもいるのは、ありがた迷惑。

今日は、恵みの雨。 

庭主(ていしゅ)は眺めるだけで、薔薇に手出しをすることができません。

こんな日は、きっと、薔薇たちは「庭主(ていしゅ)元気で留守がいい」と伸び伸びしている違いありません。


【今年の一番乗りは誰?】

先月、富山と新潟を巡ったときに、薔薇が咲いていました。

こちらと同じで雪深いところのはずなのに、薔薇が咲く時期は一月も違う。

きっと、黒潮(暖流)のせいなのでしょう。

海水温の威力は凄い!


こちらの薔薇姫は今月末から来月初めにかけて咲き始めます。

一番先に咲くのは誰?

可能性の高い三候補の今を御覧いただきましょう。


(ジュリア)

s-1149-2.jpg


(チンチン「乾杯」)

s-1149-3.jpg


(ガーデンパーティ)

s-1149-4.jpg 

まだ、つぼみなので、どれも変わりなく見えますが、咲くとハッキリします。

今年は、いつ咲いてくれるかな~?

待ち遠しい日が続きます。

 

 

PageTop