FC2ブログ
 

ローズミンタラ

楽しいけれど疲れる季節

いよいよ庭で遊ぶことができるようになりました。

待ちに待っていた季節です。

雪が融けたので、冬囲いを外し、ラティスを立て、バラの剪定を始めたのです。


ラティスを立てると箱庭のようになりました。

平面のままだと「花畑」というイメージなのですが、立体的になると「庭」らしくなってきます。

あたり前のことなのですが、二次元と三次元の差は大きいですね。

s-1141-1.jpg 

豆福が冬越しさせたビオラの吊り鉢を取り付けたのですが、咲く花の数が少ない。

大急ぎでおんちゃんちでパンジーの苗を求めてきました。

あっ、「おくやま農園」の花・野菜苗のセールは26日(金)から始まるもようです。

 

暖かい日差しに恵まれて、外の仕事は気持ちがいい。

既製のローズガーデンプレートも取り付け、段々と庭の骨格ができてきました。

s-1141-2.jpg 

木立性の薔薇は、凍害になったところを剪定。

春の剪定は樹形を整える役割もあるので、強めに剪定します。

つるバラは支柱に巻き付け、ラティスに広げ、陽の光を全身に浴びさせます。

薔薇は太陽が大好きなんです。

 

薔薇の芽が動き始めました。

季節は待ったなしに進むので、冬囲いを外す作業、ラティスを立てる作業は、急がなければなりません。

s-1141-3.jpg 

老木のカクテルは、「もう駄目だ、もう寿命だ」と言いながら、まだ、頑張っています。

育成し始めてから40数年経ちます。

さすがに弱って太枝は伸ばせなくなったのですが、毎年、根本から新しい枝が出て花が咲くのです。

何度、諦めようとしたことか。

何度、更新しようとしたことか。

でも、諦めきれません。

未練たらたらですが、今年も老木に咲いてもらうつもりです。

 

お天気続きで、庭に出ている時間が、つい、長くなります。

春は、庭の作業が目白押しなのです。

消毒をして、水や肥料が染み込みやすくするのに土を軽く耕して、雑草をとって、剪定をして、鉢花の植え替えをして・・・etc。

 

陽射しの中の作業は楽しいけれど、疲れも出ます。

食事を終え、テレビを見ていたはずが、いつの間にか居眠り三昧。

悔しいけれど、歳とともに体力が低下している。

楽しいけれど、疲れる季節の到来です。

もっと、合理的な作業方法はないものでしょうかね?

 

 

 

PageTop