FC2ブログ
 

ローズミンタラ

縄張り荒らし

連休初日の27日(土)に道立旭川美術館のミュシャ展に行ってきました。

s-1143-1.jpg 

(これは、珍しく、撮影OKです)

右がデザイナーとしてのミュシャの地位を不動のものにした作品(ポスター)

大女優サラ・ベルナール主演の演劇ポスター「ジスモンダ」です。

評判を呼び、ポスターが貼られる都度、盗まれたという逸話があります。

 

会期は629日まであるのですが、初日に展覧会を監修したひろしま美術館の古谷可由(ふるたによしゆき)学芸部長の講演会があったのです。

これを聞きたくて9時前には美術館に到着。

930分開場、10時講演開始なのですが、定員が70名で先着順ということだったので早めに家を出ました。

 

着くと5~6名しかいなかったので、慌てることもなかったのですが、開演時には満席。

講演によると、ミュシャの生涯は3期に分けられ、前期は自然主義的な画家として、盛期はアールヌーボーのデザイナーとして、後期は自然主義的な画家として活躍していたのだそうです。

s-1143-2.jpg 

優美な曲線で女性を表すデザイナーとしてのミュシャの作品は知っていましたが、自然主義的な画家としての顔はよく知りません。

20点に及ぶスラブ叙事詩の大作も、聞いたことがあるけれど・・・という程度。

ミュシャは生涯、デザイナーではなく画家として活躍したかったのだろうというお話でしたが、よく知られているのはアールヌーボーの先駆者、デザイナーとしての顔です。

 

彼の作品は、商業ポスターとしてのイメージが強いのですが、あの絵を背から光を通すステンドグラスにしたらもっと素敵になるのではないかと思うのですが、欲張りでしょうかね。

 

作品には等身大のポスターがあるというので、展示作品は大きいのであろうと思いこんで会場に入りましたが、とても小さい作品もあって、肩透かしを食いました。

リトグラフ(版画の一種)なので、版画の手法は違いますが葛飾北斎の浮世絵の大きさと似ている気がします。

カレンダーなども展示されていたのですが、ア~ルヌ~ボ~調の女性画がメインで、日付に相当する部分は、虫眼鏡を持たなければ読めません。

コレは実用品ではなく、完璧に装飾品としての役割ですね。

 

面白いタイトルの作品を見つけてきました。

バレー・パントマイムのポスターです。

s-1143-3.jpg 

タイトルは「ヒアシンス姫」というものです。

北海道では、今、ヒアシンスが花盛りなのです。

時節柄、ぴったりではありませんか。

 

ついでに、わが家のヒアシンス姫もご紹介します。

ミュシャも羨む自然主義の画像です。

s-1143-4ヒアシンス 

この姫は芳香を放ちます。

色に誘われ、香りに誘われる花です。

数多く咲くと、庭一面に香りが漂い、とてもリッチな気分にひたることができます。

 

展覧会は堪能しました。

旭川には豆福の友人がいます。

そこに入ったのですから仁義を切らねば(ご挨拶をしなければ)なりません(笑)。

ところが、地元で別用があったので、早々に帰ってきたのです

縄張り荒らし(?)をしてしまいました。

ご挨拶は、後日、あらためてさせていただきますゆえ、ご容赦あれ!

 

帰ってくると、旭川からメッセージカードが届いているではありませんか!

もしかして、縄張り荒らしに気づいていた?

 

s-1143-5.jpg 

何ということでしょう。

展示会グッズのチョコを頬張りながら、頭をポリポリ。

 

 

 

 

PageTop

花盛り


順調に春景色になってきました。

庭の作業も気持ちよく、はかどります。

ところが、ところがです。

明日は、オホーツク方面で雪が降るとの予報。

「今頃、雪!?」とも思うのですが、過去には5月に降ったこともあるので、油断は禁物。

 

こちら空知地方では雪ではなく、雨かな?

雨になっては、野の花の見頃を逃してしまうかもしれない。

今日のうちにとなり町のいこいの森に行ってみることにしました。

s-1142-1.jpg 


この森には浦臼神社があります

ピンさんがfbに浦臼神社のエゾエンゴサクやカタクリを載せてくれていたのです。


s-1142-2.jpg 

(ピンさんから拝借した写真です)

エゾリスは、早朝にエサを探しに来て、午後はお昼寝?

ボクのように午後にのんびりと出かける者は、会うことができません。

エゾリスとのご対面はピンさんやキクリンのfb頼みなのです。

 

s-1142-3.jpg 

(こちらもピンさんから拝借した写真です)

この人達も早朝組

エゾリスとカタクリ、エゾエンゴサクのツーショット狙い。

午後になるとバズーカ砲は、一台もありませんでした。

 

エゾリスにもバズーカ砲にも会えませんでしたが、エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)は花盛り。

s-1142-4.jpg 

ブルーが映える花です。

水色や薄紫だけでなく、白や花弁の先がピンクのものもあると言われているのですが、まだ見たことがありません。

探索はピンさんにお願いしておこうと思います。

 

カタクリ(片栗)も花盛り。

s-1142-5.jpg 

「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)です。

かつてはこの鱗茎から片栗粉を精製していましたが、生産量がごくわずかであったため、名前だけが残っています。

 

エゾエンゴサク、カタクリのほかも花盛り。

s-1142-6.jpg 

黄色い花は福寿草。

フキノトウも花盛り。

コレは邪魔者のはずなのですが・・・はびこっている。

ここも除草する人手が足りないのかな。

 

帰り道、いこいの森から見えるピンネシリは爽やかでした。

s-1142-7.jpg 

山は、まだ、雪に覆われているけれど、もうすぐその衣を脱ぐはず。

その頃にはローズミンタラも花盛りになっているかな?

 

 

 

PageTop

楽しいけれど疲れる季節

いよいよ庭で遊ぶことができるようになりました。

待ちに待っていた季節です。

雪が融けたので、冬囲いを外し、ラティスを立て、バラの剪定を始めたのです。


ラティスを立てると箱庭のようになりました。

平面のままだと「花畑」というイメージなのですが、立体的になると「庭」らしくなってきます。

あたり前のことなのですが、二次元と三次元の差は大きいですね。

s-1141-1.jpg 

豆福が冬越しさせたビオラの吊り鉢を取り付けたのですが、咲く花の数が少ない。

大急ぎでおんちゃんちでパンジーの苗を求めてきました。

あっ、「おくやま農園」の花・野菜苗のセールは26日(金)から始まるもようです。

 

暖かい日差しに恵まれて、外の仕事は気持ちがいい。

既製のローズガーデンプレートも取り付け、段々と庭の骨格ができてきました。

s-1141-2.jpg 

木立性の薔薇は、凍害になったところを剪定。

春の剪定は樹形を整える役割もあるので、強めに剪定します。

つるバラは支柱に巻き付け、ラティスに広げ、陽の光を全身に浴びさせます。

薔薇は太陽が大好きなんです。

 

薔薇の芽が動き始めました。

季節は待ったなしに進むので、冬囲いを外す作業、ラティスを立てる作業は、急がなければなりません。

s-1141-3.jpg 

老木のカクテルは、「もう駄目だ、もう寿命だ」と言いながら、まだ、頑張っています。

育成し始めてから40数年経ちます。

さすがに弱って太枝は伸ばせなくなったのですが、毎年、根本から新しい枝が出て花が咲くのです。

何度、諦めようとしたことか。

何度、更新しようとしたことか。

でも、諦めきれません。

未練たらたらですが、今年も老木に咲いてもらうつもりです。

 

お天気続きで、庭に出ている時間が、つい、長くなります。

春は、庭の作業が目白押しなのです。

消毒をして、水や肥料が染み込みやすくするのに土を軽く耕して、雑草をとって、剪定をして、鉢花の植え替えをして・・・etc。

 

陽射しの中の作業は楽しいけれど、疲れも出ます。

食事を終え、テレビを見ていたはずが、いつの間にか居眠り三昧。

悔しいけれど、歳とともに体力が低下している。

楽しいけれど、疲れる季節の到来です。

もっと、合理的な作業方法はないものでしょうかね?

 

 

 

PageTop

楽しい季節

温かさに誘われて庭に出ました。

陽射しが眩しい。

半年ぶりの庭は、まだ、雪があるのですが、融けたところから作業を始めねば・・・

s-1140-1.jpg 

まずは南面擁壁のラティスの取り付けから。

むき出しのコンクリートは見た目が悪いので、ラティスのカバーを付けるのです。

コレをつけると、「さあ、庭にするぞ」と気合が入ったように感じるから不思議です。

 

ところで、雪囲いに使った脚立の「下駄」はどうなったんでしょうかね。

s-1140-2.jpg 

まだ、雪の下で見えないのもあるのですが、脚立の状態を見ると、期待できそうです。

いつもは、雪の重みで脚が土の中にめり込み、変形し、壊れててしまう脚立が多く見られたのですが、今年は埋まり具合が浅そうなのです。

 

この冬は、雪が少なかったこともあるのですが、下駄の力も大きい。

カンジキの効果があったと言えるのではないでしょうか。

s-1140-3.jpg 

なかなかと、いい調子です。

めり込み方が少ない。

脚立が埋まると、脚立が壊れるだけではなく、囲われた薔薇も潰されてしまうのです。

傷ついた薔薇は復帰するまで時間がかかります。

今年は、もしかすると、手負いの薔薇は少ないかもしれません。

取らぬ狸の・・・で、期待が膨らみます。

 

気持ちがよさそうに散歩する人が増えました。

庭にいると、声をかけられます。

「もうすぐですね」

「たのしい時季になりますね!」

散歩がてらに花を愛でてくれている様子が伝わって来て、嬉しい。

s-1140-4.jpg 

そうだ! そうなんです。

もうすぐ、「たのしい花の季節」が来るのです。

自分の思い過ごしかもしれないけれど、薔薇の開花を楽しみにしているヒト達がいる。

今年も、薔薇姫たちに活躍してもらわねばなりません。

ボク達は、楽しみながら、精一杯、お手伝いをしようと思います。







 

 

 

PageTop