FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ホワイトデーですね

バレンタインチョコを頂いた方は、お返しをする日です。

このご時世、ヨソサマでは高級品のお返しをするのかもしれませんが、ボクは身の丈にあった手づくりクッキーでお返しです。

 

最近は、義理チョコがすたれ、「自分にご褒美チョコ」が勢力を拡大しているので、ホワイトデーも「自分にご褒美・・・」が勢いを増してくるのかもしれません。

ここにも「自分ファースト」がのさばって、寂しい。

 

職場で義理チョコを頂く機会はなってしまいましたが、家族を含めたお遊びチョコは健在。

お遊びと分かっていても、チョコを貰うのは嬉しい。

お返しのクッキーを焼くことにしました。

 

年に一度の手づくりクッキーです。

お返しの数は少ないので、クックパッドで簡単にできるレシピを探しました。

Oh! ありました! 

薄力粉の代わりにホットケーキミックス、バターの代わりにオリーブオイルを使うレシピです。

バターを常温に戻し、砂糖を混ぜ、卵を混ぜ、白くなるまで撹拌するという面倒な作業が必要ありません。

これは簡単そうだ!

さっそく試してみることにしました。s-1136-1.jpg 

これは楽ちん、楽ちん!

 

うまくいった、うまくいったとほくそ笑んでいました。

ところが、味が物足りない。

豆福の味覚センサーもNGのサイン。

姿、色合いはマアマアなのですが、バターの風味がないのです。

小さなスコーンのようなものが出来上がってしまったというわけです。

これでは、ヨソサマに差し上げるわけにいかない。 

この手抜きクッキーは、3日間、わが家の朝食となりました。

 

心機一転。

お返しは飯田みゆきさんのオーソドックスなレシピでつくるしかないな!

s-1136-2_20190314210733cfc.jpg 


バターを常温に戻し、砂糖を混ぜ、卵を加えて、白くなるまで撹拌。

それにベーキングパウダー入の薄力粉をさっくりと加え、クッキーのタネをつくったのです。

あとは170℃のオーブンで焼き具合を確かめながら、12~15分焼きます。


s-1136-3.jpg 

いい具合に焼けました。

ところで、味は?

 

パリッ、サクッ、甘みも程よい。

バター風味がリッチで、いいね!

うまくいった。うまくいった。自画自賛です。

豆福の味覚センサーもOKのサイン。 合格です。

 

合格ついでにオランジェットもつくりました。

s-1136-4.jpg 

先日、義妹が持ってきてくれた土佐文旦。

この土佐文旦は実だけでなく、皮も柔らかくて美味しそうだったのです。

豆福がてんさい糖で煮詰めてカットしました。

オレンジピールならぬ文旦ピールです。

そのままでも美味しいのですが、チョコをコーティングすると、なおおいしい。

コーティング役は大福です。

ほろ苦い大人の味、出来上がりました。

 

ほろ苦いのは、春の味。

もうすぐ、ふきのとうが芽吹くはず。

ふきのとうの天ぷら、ふきのとう味噌、これらもほろ苦いのですが、春の味。

待ち遠しい味です。

 


PageTop