FC2ブログ
 

ローズミンタラ

お江戸でお花見(2)

翌日、東京都美術館の近くまでホテルの車が送ってくれました。

健常な人は歩くに苦にならない傾斜と距離ですが、ボクの足ではちょいと困難。

タクシーを頼むには、運転手さんに気の毒な距離。

まいったな~、と思っていただけに助かりました。

 

「奇想の系譜展」は、江戸絵画ミラクルワールドと銘打っています。

美術史家・辻惟雄氏の著書『奇想の系譜』に載っている作家を基調に、白隠慧鶴、鈴木其一をプラスした8人の鬼才の絵画展。

伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、岩佐又兵衛、狩野山雪、白隠慧鶴、鈴木其一、歌川国芳の作品群とご対面してきました。

s-1139-1奇想の系譜展ポスター 


お目当ては伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)の作品。

極彩色に描かれた鶏が躍動するさまは、力強く、鳳凰、孔雀などからはエネルギーがほとばしります。

 

そして、彼は「千載具眼の徒を竢つ」と言い残しているのですが、これは「見る目のある人を千年待つ」という意味でしょうか。

「樹花鳥獣図屏風」はまるでパソコンの画面を拡大したドット画を見るかのようなのです。

赤のドットと青のドットを並べ、遠くから見ると紫を表現しているという具合です。

江戸時代にまるでコンピュータを知っていたかのような技法。

彼が「千年待つ」と言ったのは、千年後の世界からやってきたから言えたのかもしれません!?


「奇想の系譜展」 

https://kisou2019.jp/works.html

「奇想の系譜展」を開いて、左側の見出し「作家と作品」をクリックすると、8人の作品をご覧になれます。

 

若冲の作品といえば、極彩色で奔放で緻密なイメージなのですが、墨絵もあります。

s-1139-2.jpg 

右の図が『蝦蟇河豚相撲図』(がまふぐすもうず)

ガマがフグと相撲をとっている図です。

なんとコミカルなことよ。

まるで鳥獣戯画の世界です。

楽しくなり、つい、絵葉書を購入してしまいました。

 

8人もの作品を見るともなると、作品と人との関連がグチャグチャになりそうなので、音声ガイドを借りました。

解説付きならば、作品と人の記憶に残るのではないかという思惑からです。

 

ぜ~んぶ見終えるのに約2時間30分。

午後に豆福の友人と会う約束もしていたので、館内でランチを取ることにしました。


s-1139-3奇想の系譜コラボメニュー 


「奇想の系譜展」とのコラボ企画ランチです。

伊藤若冲の作品をイメージした鶏とカラフル野菜のランチです。

 

同じものを2人で頼んでは、芸がない(?)

もうひとり分は、数量限定のカキフライ定食にしました。

数量限定の割には、すんなり出てきました。

限定とは、何食分だったのでしょうかね?

s-1139-4.jpg 

半分ほど食べたところで、プレートを交換。

すると、違う味を楽しむことができるではありませんか。

一食で二種類の味を楽しむ、欲張りランチの完成です。

 

友人との待ち合わせ場所は東京文化会館。

「せっかくだから花見でもしようと思って・・・」

彼女は携帯用の椅子を3脚、背負ってきてくれたのでした。

遠いところを荷物を背負って・・・ありがとうございました!

s-1139-5.jpg 


「さくら通り」には大勢の花見客が陣取っていました。

桜木のそばの一角に座らせてもらったのですが、好天に恵まれ、日差しが暖かい。

桜の開花に触発されて、話にも花が咲きました。


場所を移動してコーヒーでもいただきましょうか?

東京文化会館のカフェテリアで豆福たちがコーヒーと共に持ってきたのは・・・

s-1139-6.jpg 

なんと、桜餅!

ミスマッチの組み合わせかと思いきや、なんと、これが意外にイケる。

ご不信の御仁は、一度お試しあれ。

 

楽しい時間の過ぎるのは早い。

帰る時間になってしまいました。

 

温かい気分で帰ってくると、千歳につくなり白い雪が歓迎(?)してくれるではありませんか。

こちらの桜は、4月末か5月の初旬?

早く、桜の季節が来てほしいな!

  

ps

羽田の売店で売っていました。

s-1139-7.jpg 

賞味期限は5月16日。

その頃は新元号ですから、「平成レトロまんじゅう」と改名されるかも。


「平成」の名前の由来は「内平外成(内平かに外成る)」、「地平天成(地平かに天成る)」の故事からで、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味であったはずなのですが、千年後に振り返って見られたとき、どう評価されるんでしょうね。

 

 

PageTop

お江戸でお花見

おともでマイルを利用して「奇想の系譜展」を観に行ってきました。

江戸絵画ミラクルワールドと銘打った江戸時代の8人の鬼才の作品群です。

上野公園の東京都美術館で4月7日まで開催されています。


3月25日~26日の日程で出発。 

歩くのが苦手なので上野公園に隣接する「水月ホテル鴎外荘」に予約しました。

森鴎外が若かりし頃、居住していたところです。

本館・新館・東館、ホテル3棟の中庭に森鴎外の旧居を配し、東京都で第1号認定の温泉もあるのです。

地図で見ると、JR上野公園口から上野公園を挟んで対面にあります。

東京都美術館も近そうです。

「あっ、ここなら公園内を見物しながら行くと丁度いいのではないか」

うまくすると、桜も見物できるかもしれない。

行く前から気持ちが昂ぶりました。


【六義園】

フライトした25日は月曜日なので美術館系は休館日。

美術館は翌日に行くことにして、当日は羽田から駒込へ直行。

ここには「六義園(りくぎえん)」という枝垂れ桜で有名な大名庭園があるのです。

s-1138-1.jpg 

天気予報で東京の桜の見頃は28日(木)と聞いていたのですが、行ってみると

本日が「見頃!」

「エーッ! ??? 枝垂れ桜が満開???」

 

【ところ変われば・・・】

ボクの常識では、ソメイヨシノが先で枝垂れがあとに咲くのです。

桜の名所の五稜郭公園のソメイヨシノが咲くのは、4月下旬〜5月上旬。

北斗市法亀寺の枝垂れ桜は、5月上旬〜中旬に咲くではありませんか。


動物の分布が変化する津軽海峡線(ブラキストン線)を境として、植物の梅と桜の咲く時期も本州と逆転することは承知していましが、枝垂れ桜が染井吉野桜よりも先に咲くとは驚きでした。

地元の人によると、「枝垂れ→大山桜→染井吉野」の順に咲くというのです。

ん~、ところ変われば、花の咲く時期・順番までも変わるんですね。

今回の旅行での収穫の一つです。

 

もう一つの収穫は、桜の染井吉野(ソメイヨシノ)の発祥の里が駒込であると知ったことでした。

s-1138- (2) 

 

【上野公園からホテルへ】

上野に戻って、公園経由でホテルまで歩き始めると、地図の平面上では直行できるように見えるのですが、実際は高低差があって真っ直ぐには行けないのでした。

回り道をしなければならなかったのです。

仕方がありません。桜を愛でながらゆっくり行くことにしますか。

s-1138-3.jpg 


清水観音堂で桜を見物。

人が賑わうさくら通りでは花見客が既に場所取りをしていました。

平日の午後でこの賑わい。

ウイークエンドなら、どんなことになっているのでしょう!?

程なく、ホテルにチェックイン。 

ウォーキングポールの助けを借りながら歩いたのですが、足が疲れました。

s-1138-5.jpg 

※ 正面の白い建物が水月ホテル鴎外荘の東館、右側の塀とフェンスが上野公園の敷地なのです。

これだけ落差があっては、上野公園を突っ切って来てもホテルに入ることができません。


ボクはこのホテル自慢の重炭酸ソーダ温泉へ直行して足の疲れを取ることにしました。

豆福は美術館の下見です。

下見の結果によると、ボクの足では美術館まで歩行困難との判定。

翌日はタクシーをお願いせねばなりませんかね・・・。

 

時間が早かったので、温泉は一人で貸切。

ちょっと黒味を帯びたお湯。

あまりにも熱くて浴槽に入るのをためらっていたところ、ホテルマンが「湯もみ」をはじめました。

草津温泉ならずとも湯の温度を下げるのは「湯もみ」なんですね。

 

出発したときは雪が積もっていたのですが、ここでは桜を見ることができました。

歩き疲れたけれど、温泉に入って多少は回復したはず。

懐石料理 沙羅の木で食事も終えた。

あとは、明日の美術館に備えて、早寝、早寝。

26日のできごとは、次回に報告することにしましょう。




PageTop

気が早すぎましたかね

2月下旬に「3月のような陽気です」と載せたのですが、3月の後半に入ると4月のような陽気になってしまいました。

季節が一月づつ前倒ししてきたのでしょうか?

s-1137-1.jpg 

雪を被っていたイチイが顔を出し、薔薇の雪囲いも頭をもたげ始めました。

そんな陽気が続くと、もう、じっとしていられません。

雪どけが早まって、薔薇の芽吹きが早まるのではないか?

雪ぶとんが早く溶けると薔薇がカゼをひくのではないか?

落ち着きません。

 

とりあえず、車庫の中でラティスの塗装をすることにしました。

s-1137-2.jpg 

もう10年以上も使っているラティスです。

タッカー(ホッチキスのような器具)と塗装で、かろうじて形を保っているようなもんです。

近くで見るとヨレヨレでも「夜目、遠目、傘の内」というではありませんか。

ちょいと離れれば立派なもんです(苦笑)。

 

亭主の好きな赤烏帽子

s-1137-3.jpg 

ついに、豆福も引っ張り出されてしまいました。

格子状なので塗るのは大したことなかろうとお思いかもしれませんが、裏表もれなく塗装するのは面倒な作業なのです。

塗装は、ボクよりもうまい。

そういえば、萌樹工房でも塗師はお多福さんが大活躍している模様。

塗師は女性が向いているのかな。

大小合わせて20数枚、通算3日間で塗り終えました。

 

s-1137-4.jpg 

塗り終わっても、雪が積もっているので、庭に建てることができません。

乾いた板は再び車庫に格納することにしました。

やっぱり、ちょいと気が早すぎたようですねー。



PageTop

ホワイトデーですね

バレンタインチョコを頂いた方は、お返しをする日です。

このご時世、ヨソサマでは高級品のお返しをするのかもしれませんが、ボクは身の丈にあった手づくりクッキーでお返しです。

 

最近は、義理チョコがすたれ、「自分にご褒美チョコ」が勢力を拡大しているので、ホワイトデーも「自分にご褒美・・・」が勢いを増してくるのかもしれません。

ここにも「自分ファースト」がのさばって、寂しい。

 

職場で義理チョコを頂く機会はなってしまいましたが、家族を含めたお遊びチョコは健在。

お遊びと分かっていても、チョコを貰うのは嬉しい。

お返しのクッキーを焼くことにしました。

 

年に一度の手づくりクッキーです。

お返しの数は少ないので、クックパッドで簡単にできるレシピを探しました。

Oh! ありました! 

薄力粉の代わりにホットケーキミックス、バターの代わりにオリーブオイルを使うレシピです。

バターを常温に戻し、砂糖を混ぜ、卵を混ぜ、白くなるまで撹拌するという面倒な作業が必要ありません。

これは簡単そうだ!

さっそく試してみることにしました。s-1136-1.jpg 

これは楽ちん、楽ちん!

 

うまくいった、うまくいったとほくそ笑んでいました。

ところが、味が物足りない。

豆福の味覚センサーもNGのサイン。

姿、色合いはマアマアなのですが、バターの風味がないのです。

小さなスコーンのようなものが出来上がってしまったというわけです。

これでは、ヨソサマに差し上げるわけにいかない。 

この手抜きクッキーは、3日間、わが家の朝食となりました。

 

心機一転。

お返しは飯田みゆきさんのオーソドックスなレシピでつくるしかないな!

s-1136-2_20190314210733cfc.jpg 


バターを常温に戻し、砂糖を混ぜ、卵を加えて、白くなるまで撹拌。

それにベーキングパウダー入の薄力粉をさっくりと加え、クッキーのタネをつくったのです。

あとは170℃のオーブンで焼き具合を確かめながら、12~15分焼きます。


s-1136-3.jpg 

いい具合に焼けました。

ところで、味は?

 

パリッ、サクッ、甘みも程よい。

バター風味がリッチで、いいね!

うまくいった。うまくいった。自画自賛です。

豆福の味覚センサーもOKのサイン。 合格です。

 

合格ついでにオランジェットもつくりました。

s-1136-4.jpg 

先日、義妹が持ってきてくれた土佐文旦。

この土佐文旦は実だけでなく、皮も柔らかくて美味しそうだったのです。

豆福がてんさい糖で煮詰めてカットしました。

オレンジピールならぬ文旦ピールです。

そのままでも美味しいのですが、チョコをコーティングすると、なおおいしい。

コーティング役は大福です。

ほろ苦い大人の味、出来上がりました。

 

ほろ苦いのは、春の味。

もうすぐ、ふきのとうが芽吹くはず。

ふきのとうの天ぷら、ふきのとう味噌、これらもほろ苦いのですが、春の味。

待ち遠しい味です。

 


PageTop

陽気に誘われて

ちょっとドライブしませんか?

陽気に誘われて、小一時間ほど離れた街まで買い物に行くことにしました。

雪が降って風が吹くと見通しが悪くて遠出はしたくないのですが、最近の陽気で道路はまるで夏道。

しかも降雪確率はゼロ。

2月の晦日、久しぶりのドライブ日和でした。

 

 

目的地の途中にあるファームレストラン「善生」

岩見沢市の栗丘にあって、夕日が綺麗だというのですが、残念なことに、まだ、見たことがありません。

s-1135-1.jpg 

それはともかく、お昼も過ぎたので、とりあえずランチ。

ここは、お米の生産農家でもあるので、ご飯が美味しい。

 

ところが、駐車場に「手打ちうどん」ののぼりが立っていました。

うどん?

麺好きの大福は、これに飛びつきました。

s-1135-2.jpg 

一日10食限定!

しかも、水、木限定!

今日は木曜日、まだ、残っているかな?

 

注文してみると、OK。

女将さんがうどんを打って、娘さんがだしを作っているとのこと。

しばし待っていると、親子合作のうどんが出てきました。

s-1135-3.jpg 

う~ん、程よいコシがあっておいしい。 いい出汁です。

うどんだけでなく、おにぎり、ゆり根と小エビのかき揚げ。

椎茸とかぼちゃの天ぷら。そして、サラダも。

どれもおいしい、そしてリーズナブル。

 

さ~て、腹も満たしたし、次のところへ出発しますか。

s-1135-4.jpg 

黒板を見ると開店7周年でした。おめでとうございます。

 

少し走ると、今日の目的地に到着。

米麹の製造販売元、長沼町の「池下本店」です。

s-1135-5.jpg 

砂川のスーパーでも「月印甘こうじ」を扱っていたのですが、最近、見当たらなくなってしまいました。

どこの会社の麹を使っても同じなのかもしれませんが、使い慣れた麹で塩麹をつくりたくて、ここまで来たのです。

 

麹を買うためにドライブをしたのか、ランチをしたくてドライブをしたのか、陽気に誘われてドライブをしたのか。

よく分からなくなってしまいました。

 

まだ、日も高いので、日帰り温泉に浸かってから帰ることにしました。

ん~! いよいよ何が目的だったのか、分からなくなってしまいましたね~。

 



PageTop