FC2ブログ
 

ローズミンタラ

寒いときは

大寒の翌日からめちゃくちゃ寒い日が続いています。

雪も容赦なく降る。

 

こんなに寒くては、暖房だけでは足りません。

身体の中から温めて、さっさと寝るに限ります。


s-1042- (1) 


おでんには、熱燗が定番

豆福が10号の土鍋におでんをつくりました。

これで、3人前

だしは、昆布と鰹節。

 

s-1042- (2) 

大根、わらび、タケノコ(根曲がり竹の赤ん坊です)

おでん用のはんぺん、里芋、

お袋さん(小あげの中にゴボウ、干しシイタケ、鶏肉が詰まっています)

これがおいしい。

だしが滲み込むだけではありません。

ゴボウ・椎茸・鶏肉そのものからも旨味が出るので、2倍おいしくなります。

 

お酒は、大信州

倅が買って来たのをご相伴。

これを定番の熱燗にするのは勿体ない。今回は、冷やでいただきました。

 

s-1042- (3) 

これは、蕗、ゆで卵、こんにゃく、昆布、かまぼこ、竹輪。

小あげの中には、お餅が入っています。

これもおいしい。

いくつでも腹に入っていきそうなのです。


もう一個ないかなー?

満腹の筈なのに、土鍋の中を捜します。


ん~、人数分だけでした。

さすが、居酒屋 “豆福“。

ボクが何を食べ過ぎるのか、承知しているようです。

 

 


PageTop

寒いのに雪が降る

「寒いね~」

「よく降るね~」

最近の雪かきでの挨拶風景です。

「雪かき」のことをこちらでは「雪を投げる」(投雪)といいます。

「雪かき」のときは「雪投げに行ってくるわ」と言いながら出て行くのです。

 

s-1041-1.jpg 

「北海道は寒くて雪が降るのは当たり前」とお思いかもしれませんが、体感的には、雪が降るときは、さほど寒くなく、降らない日の方が放射冷却でキンキンに冷えて寒いと感じていました。

ところが、ここ数日は雪が降るのにキンキンに寒い。

しかも降る雪は、乾燥したようなサラッサラの雪

除雪で外に出ると、靴底がキユッ、キユッと鳴る。

寒い時 特有の雪音です。

 

融ける暇もなく降り続くので、雪は小山のようになってしまいました。

「継続は力なり」といいますが、「こんなところで力を発揮しなくてもいい!」

 

ついに排雪車出動 第2陣です。

[広告] VPS

先日、「耐雪、克雪、利雪、親雪」を載せましたが、もう一つ載せるのを忘れていました。

雪との闘い。 「闘雪」です。


 

ブルドーザーとロータリーを見ていると「闘雪」という造語が身近に感じられます。

[広告] VPS


除排雪は住民や自治体に過酷な財政負担を強います。

このお金を別の事業に投資できたなら雪国はもっと豊かになれる・・・と思うのですが、雪が降る限りは叶わぬ夢。 悔しいね。




 

 

PageTop

大寒

ヨーロッパを襲った第一級の寒波がこれから来るらしい。

ところが、「大寒」(20日)当日は、掛け声とは裏腹に窓からの日差しだけで過ごせたのです。

日差しがある間は、暖房のスイッチを切っていました。

s-1040-1.jpg 

青空がまぶしい。

冬の最中(さなか)なのに、暖かい。

温かくなり過ぎでした。

 

21日は、一転して吹雪模様。

22日には南岸低気圧が発生して日本全国が荒れ模様とか。

なにごとも「過ぎる」と、ろくなことになりません。

くわばら、くわばら。

 

こちらでは、「耐雪、克雪、利雪、親雪」という言葉が使われます。

「耐雪、克雪」は、春まで積雪に耐え、降り積もる雪と格闘し、投げ飛ばし克服するというイメージです。

s-1040-2.jpg 

今でも雪に対する主たる対応は、「耐雪・克雪」

ご近所さんが、団地内の雪を片付けています。

[広告] VPS

暮に市道が排雪されて、広くなったのですが、降雪が続いて、また狭くなってきました。

この分では、もう一度、排雪しなければならない。

 

「利雪、親雪」は、木の切り出しやスキーにスノボー。

そして、冬のイベントのイメージです。

最近は、雪を保管して夏の冷房に使うことが試行されてていますが、規模の大きさと効率が課題。

規模の大きさと効率では、これにはかないません。

山に降った雪が融けて、地下水となり、川となり、田畑を潤し、のどを潤す。

自然は、大規模で効率的だったのですね。

 

そういえば、こんな歌がありました。

♪ 雪が解けて 川となって

  山を下り 谷を走る

  野をよこぎり 畑をうるおし

  ・・・・・

「おお牧場はみどり」の一節です。

 

 

 

ps

「大寒(だいかん)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の第24」なのだそうです。

s-1040-4.jpg 

すると、大寒で二十四節気は、一巡したことになります。

次の二十四節気のスタートは、「立春」(2月4日)

もうすぐ春だと思って、大寒の季節を乗り切らなくちゃ。

 

 

 

PageTop

ニューイヤー コンサート

ニューイヤー コンサートといえば「ウィーン・フィル」

オーストリア・ウィーンで元旦に奏でられるお正月の風物詩。

チケットをとるのに10年以上かかるとも言われるプレミアムな演奏会です!

ニューイヤーコンサート2018

https://www.youtube.com/watch?v=eDZT4tm62g0

 (視聴時間:16分48秒)

 

遅ればせながら、こちらはローカル版のニューイヤーコンサート。

今年で6回目になります。


s-1039-1.jpg 


「ウィーン・フィル」を現地で視聴することは夢のまた夢ですが、「ゆう」のニューイヤーコンサートならチケットをとるのに10年もかかりません。

 

今回は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの弦楽四重奏(?)

札響会員13名による演奏。

プログラムで演奏者の写真と名前を見て全員が女性だと思っていたのですが、チェロの奏者、一人が男性でした。


s-1039-2.jpg 


男性の中に女性が一人のときは、「紅一点」と言われるのですが、さて、このように女性の中に男性が一人のときは、何と表現したらいいのか・・・・・?

 

思いついたのが、「玄一点」

「玄」は「黒」という意味なのです。

そして、今回は弦楽四重奏の「弦」に語呂合わせをして「玄一点」ということに。

 

妙な思いつきですが、演奏に浸りながら想像の世界にさまようと、こんなことになります。

コンサートを聴いているので、思いついても、その場では言いません。

格式高いところで最低限のマナーは、守ってきたつもりです(苦笑)

 

第一部は、ちょっと格調高く。

第二部は、懐かしの映画音楽に載せた演奏。

別室では、ワインバーがオープン。

開演前、休憩、終演後には賑やかに出入りしていました。

あっ、休憩時間には演奏者もバーにいました。

お正月の特権ですね。

 

アンコールは、「マイフェアレディ」より、“踊り明かそう”

YouTubeに映画のサントラ盤がありました。

弦楽の味わいとは違うのですが、懐かしのメロディです。

マイフェアレディ

https://www.youtube.com/watch?v=T9ieW9v4k_s

 (視聴時間:3分58秒)

 

 

 

PageTop

中心街に”牧場”

連休に所用があって札幌へ走っているときのことです。

「そういえば、ランチするところに “桜ダイニング”とかいうお店があったよね。」

「発寒(はっさむ)の?」

「そう!」

去年から、ちょっと気になっていたお店でした。

札幌の中心街でランチのつもりが、急遽、発寒(はっさむ)に変更になりました。

ナビとスマホで探したけれど、正確な場所は???

以前に見た新聞広告の記憶によるとJR発寒駅そばのイオンの近くだったような気がする。

とりあえず、イオンを目指しますか?

 

やっとこさ、イオンに到着。

さて、“桜なんとか” はいずこ?

地図ソフトで周辺を拡大して探すと、イオンの隣にあるではありませんか。

正規の名前は、「牧場(まきば)ダイニング桜」

どうりで、検索してもすぐに出てこなかったはずです。

 

ところが、近くまで来ているのに、入り口が分からない。

地図上では、どの道からでも入れそうなのに、積雪あって入口が分からない。

s-1038-1牧場ダイニング桜 

結局ぐる~っと回り道をして、矢印の入り口を見つけました。

 

 

駅に近くて、ショッピングモールに隣接、学校や公園や住宅地にも隣接

発寒(はっさむ)の中心街なのに、この風景。


s-1038-2.jpg 

街の中にサイロと牛舎!

ちょっと信じられない風景です。

街の開発に取り残されたような牧場(まきば)

 

レストラン & カフェ としてリニューアルされたのです。

s-1038-3.jpg 



ランチは、日替わり弁当「桜の昼膳」と食後のコーヒーをお願いしました。

s-1038-4.jpg 

 

 

桜の昼膳

s-1038-5桜の昼膳 

お弁当は、サラダ、イカの塩辛、牛蒡とコンニャクの煮物、ヒジキの煮物、卯の花、蕗のみそ漬け、焼サケ、一口茄子の辛子漬け、天ぷら、刺身、

 

 

どちらかといえば、高齢者向きのローカロリー食だね。

このダイニング桜の向かいに高齢者介護施設がありました。

もしかしたら、施設の総菜もここでつくっているのかな?

 

札幌の中心街で食事の筈が、ちょっと遠くまで来てしまいました。

これから用事を足すので、今日の帰りは、真っ暗かな~?

 

 

 

 

PageTop

正月太り

暮からお正月にかけては、おいしいイベントが続きました。

クリスマス、お餅つき、年越し、お年始・・・

おいしい食べ物、飲み物の誘惑には、めっぽう弱い。

しかも、運動は苦手とあっては、おのずと結果は知れたもの。

 

お餅つき、年越し、お年始は、おんちゃんちのお世話になりました。

お餅つきは昨年のブログに載せたので、カット。

年越しのそばは市販品でしたが、うどんは小学校5年生と3年生の姪っ子の子たちが手打ちしてくれたのです。

小学生とは思えないような出来栄えにビックリ。とても旨い。

 

元旦の夕方は、「砂川彗星」のお神酒で一献

s-2036-1.jpg 

アテは、左上から「旨煮」(これは義妹からの差し入れ)

鮭の飯寿司は、市販品

あとは、ぜ~んぶ豆福の手づくりでした。

叩き牛蒡と酢レンコン、黒豆、ポテトサラダのサーモン巻き、味付きブロッコリー、スナップエンドウ、かにかま、ふくさ焼き、かまぼこ、ローストビーフの味噌漬け、海老。

お正月は、多種な食材が賑やかに踊ります。

旨煮をちょいとつまんで、お神酒をクイッ! 

叩き牛蒡をかみしめて、も一度クイッ!

鮭の飯寿司で、も一つクイッ!

・・・・・

あれよあれよという間に、お神酒とごちそうは腹の中へ。

ほど経ずして、夢の世界で二次会と相成ったハズなのですが、よく思い出せない。

「初夢」は、持越しとなりました。

 

 

二日は、おんちゃんちへ「お年始」

ここでもごちそう。

s-2036-お年始 

 お嫁さんと、姪っ子の手づくりです。

イクラたっぷりの ちらし寿司。

今季はサケが不漁で、いくらが高騰しているというのに・・・奮発したね。

伊達巻き、かまぼこ。

栗きんとんは、甘栗が丸ごと入った逸品。

一口サイズの昆布巻き。煮海老、サケの焼漬け、ウインナー、枝豆。

手の込んだ品々が揃いました。

箱根駅伝を見ながら、「お酒」ではなく、「お茶け」で乾杯。

煮しめとお刺身の写真は、お酒も飲んでいないのに手振れでボツ。

 

という次第で、暮からお正月にかけては、相当、カロリーオーバー。

雪が降らないので、運動代わりの雪かきもない。

わがままを言うと、「毎朝5㎝程度の雪を降らせてください」

その程度だと運動にちょうどいいのです。

 

そういえば、

ジャリンバ初詣で、「食べても太らない身体」をお願するのを忘れていました。

今からお願いしても後の祭りですかね~?

 

 

 

 

PageTop

ジャリンバ初詣

今年の三が日は、比較的穏やかでした。

雪かきも1回こっきり。

毎年、こんなお正月だったら、いいのにね。

 

今日は、ジャリンバ初詣

「ジャリンバ様」は、カムイミンタラ(大雪山連峰)に住んでおられるのですが。

石狩川を下って、初詣にお越しになったのです。

 

もともと砂川には、石狩川の良質な砂利の恵みがありました。

砂利を採取する所は、ジャリ場と呼ばれていたので、ジャリンバ様とはふか~いご縁があるのです。

 

s-1036-1.jpg 

初詣でボクたちは、つつがない日常をお願いしました。

 

♪ そなたの願いをかなえるジャリ。

  ジャリ ジャリ ジャリンバ~!

今年も、ご利益がありそうです。

 

 


ジャリンバ様のご神体は二神体。

s-1036-2.jpg 

 

赤ジャリと青ジャリ。

座布団で赤青の違いが分かります。

二神が相補って願いをかなえる神様なのです。

 

ジャリンバ様は太っ腹で、お賽銭を絵本にして

 図書館と地域交流センターゆうに寄贈するので、子どもたちに人気です。

 

初詣の願いごとは、かなうし、

お賽銭は、子どもたちの絵本になるし、

初詣の主宰者もニコニコで、三者えびす顔!

 

今年は、ジャリンバ様にもう一つお願いをしました。

このブログをご覧いただいている方のために

動画撮影をお願いしたのです。

すかさずOK!

やっぱり、ジャリンバ様は太っ腹です。

 

これから先は、デジタル・ジャリンバ初詣。

願いごとを想起して、14秒、心静かにご覧ください。

 

[広告] VPS

 

♪ そなたの願いをかなえるジャリ。

  ジャリ ジャリ ジャリンバ~!

 


ps.

今年の「ジャリンバカード」です。

画像を名刺大に印刷して、裏面に願い事を書くのです。

 

s-1036-4.jpg 


ささやかなお願いは、かなえてくれるはずです。

 

♪ そなたの願いをかなえるジャリ。

  ジャリ ジャリ ジャリンバ~!

 

 


PageTop

迎春


あけましておめでとうございます


元旦から一週間のお天気は「雪だるまマーク」の予報。

初日を拝顔するのは諦めていました。

ところが、出たんですねー。

雲が切れて、青空、そして朝日。

ピンネシリ連山もクッキリと遠望できて

なんとはなしに、いいことがありそうな元旦でした。

 

s-1035-1.jpg 

 

年賀状には「迎春」という熟語が飛び交います。

かつては、冬のさなか「春」と言うにはほど遠いのに・・・と思っていました。

ところが、今年の「迎春」では、「♪はーるよこい」という童謡が浮かんできたのです。

「迎春」とは、ことば通りに「春」を「お迎えする」ことば。

「春」を恋いうることばではありませんか。

それで、「はーるよこい」と言う童謡が浮かんできたのです。


s-1035-2.jpg 


今頃、春を恋いうる熟語だと気づくなんて、あまりの遅さに苦笑するしかないのですが、今年、初のことばの収穫でした。

 

♪春よ来い 早く来い

あるきはじめた みいちゃんが

赤い鼻緒の じょじょはいて

おんもへ出たいと 待っている

 

s-1035-3.jpg 


春よ来い

http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/haruyokoi.htm


 今年もどうぞよろしくお願いいたします。





PageTop