FC2ブログ
 

ローズミンタラ

冬囲い、もうじき完了


バラを強く剪定し、葉を落とし、丸坊主にしました。

落ち葉は拾い集め、ごみに捨てました。

病気と害虫を越冬させないためです。

s-1012-1.jpg 

バラを囲うのが早いか、雪が降るのが早いか、毎年、競争です。

バラが「もう、切ってもいいよ」といい始めてから、雪が降るまでの間が短いのです。

先月末から、ほとんど毎日、冬囲いの虜(とりこ)でした。

 

本日、冬囲いは98%、完了。

残り2%は見落とし分? 

ラティスがあると立体的で庭のような景色でしたが、ゼ~んぶ外すと、のっぺらぼう。

何とも頼りない景色。

 

カクテル(ラティス付)

s-1012-2.jpg 

剪定し、葉を落としました。

 


カクテル(ラティスを外したところ)

s-1012-3.jpg 

 カクテルを扇型にして結束しました。



カクテル(冬囲い)

s-1012-4.jpg 

 カクテルなどは脚立で保護しました。


日本で耐寒性を表すハーディネスゾーンナンバーは15段階あって、数字が小さいほど寒さに強いのです。

当地区は寒冷地で「Z5」(-28.8-23.3)なのですが、バラの品種ごとの「Z(ゾーン)ナンバー」を知る手立てが少ない。

「Zナンバー」を知らずにバラを入手して、手痛い目にあいました。

 

「ジュリア」のシックな色に惚れた豆福。

s-1012-5.jpg 

「Z7]だというのを知らずにいました。

寒さに強いのと同じように、脚立で囲って冬越しをしたのです。

春になると枯れ込みが激しく、凍死したかと思いました。

幸いなことに根元が生きていたので、再生したのですが・・・

 

今年の春、

横浜の「日本フラワー&ガーデンショウ」で目を惹いた「ヘンリーフォンダ」

( ※ 4月2日の日本フラワー&ガーデンショウとリンクさせてあります)

s-1012-6.jpg 

濃い黄色に惚れて買ってしまってから調べてみると、なんと、これも「Z7」

「いわみざわ公園バラ園」の小冊子に「Zナンバー」が載っていることを教えてくれたのはのぞえさんでした。 ありがとうございます。

 

冬越しは、両方とも掘り上げて寝かせることにしました。

こうすると、株全体が雪の下になるので、越冬の安全性が高くなるのです。

 

この冬は、寒さに弱い株と屋根から落下する雪の下になる株は寝かせて。

ほかの薔薇は、今までどおり脚立や支柱で冬眠させることにしました。

s-1012-7.jpg 

冬囲いを終えると、薄暗くなってしまいましたが、

黄色の楕円の中が寝かせた黄色のバラのゾーンです。

来春が楽しみ。

冬囲いの進捗率は、98%になったことだし、

そろそろ、いつものとおり、「冬が恋」と洒落てもいい時期ですかねぇ?

 

 

 

PageTop