FC2ブログ
 

ローズミンタラ

雲の上は、いつも晴れです


今頃咲くバラは、夏のなごりなのか、秋のハシリなのか

よく分かりません。

今頃咲くなんて、「 おかしゅうございます 」 というところ。

その心は、「 お 夏 秋 ございます 」 と 相成るのでございます。

s-732-1クイーンエリザベス
( クイーンエリザベス )

s-732-2ガーデンパーティ
( ガーデンパーティ )


花の写真家からは、

「 花を撮っているのか、水滴を撮っているのか、分からん! 」 と

お叱りを蒙りそうですが ・ ・ ・ 雨の合間ゆえ、ご容赦ください。



長雨になると、雨水が染み込み、

花びらが透けたように傷むのですが、

降り始めは、撥水加工のビロードの上を。

玉となって転がるかのようです。

バラが元気な証拠です。

s-732-3ニコロ・パガニーニ
( ニコロ・パガニーニ )

こんな時似合う歌は、 ♪ 雨に歌えば でしょうね。

気持ちは、ステップを踏んで、ダンスをしているのです。

s-732-4レッドクイーン
( レッドクイーン )



ウチに初めて入ってきたブルー系のバラ。

ブルーライトという名です。

ブルーバラは “ 幻のバラ ” とも言われ、

幾多の育種家がいまだに挑戦をしているものです。

このブルーライトも挑戦DNAの作に違いありません。

s-732-5ブルーライト
( ブルーライト )


サントリーが、遺伝子組み換えでブルーバラをつくりましたが、

苗が市販されていないところを見ると、

育てるのに技術を要するのかもしれません。



ブルーバラの系統は、まだ、紫っぽい色が多い。

空のような “ スカイブルー ” のバラは、憧れです。


話は飛びますが、地上が雨でも雲の上は晴れ。


高度1万メートルをフライトすると、雲の上は青空。

“ ライジングサン、雲の上はいつも晴れです ”

という言葉を思い出します。

あの青い空の色。 

いつの日か、あの青空のようなバラを育ててみたいものです。









PageTop