FC2ブログ
 

ローズミンタラ

豆福の大鉢


昨日といい、今日といい、なんという寒さなのでしょう!

リラ冷えは、過ぎたはずなのに、季節が逆回転。



寒気が襲ってくるときは、身体の弱い部分がきしみ始めるので、分かります。

「 ああ、寒くなってくるんだな! 」

これが、よく当たるのです。 

苦手な寒気到来に関しては、防衛本能が働いて?

かなり正確に察知します。


今頃になって、低温、霜注意報!

知床横断道路は午後7から凍結のため通行止め!

どうなっているんじゃろか?




寒いのですが、花はそれなりに咲き始めました。

ピンクの牡丹は、散り始めたのですが、

s-677-1.jpg

ハイヌーン ( 黄色の牡丹 ) が咲き始めました。

今年は、ちょっと小振り。

枝が混みすぎているのかな?

秋には選定&間引きをした方がいいかもしれません。

s-677-2.jpg






白のクレマチスと赤い西洋オダマキが混在。

s-677-3.jpg

赤いオダマキは、隣の裏庭の種を採取してばら撒いたところ、

生えるは、生えるは、咲くは、咲くは、丈夫でした。

発芽しすぎて、今では、持て余し気味。



クレマチスの白雪姫も咲き始めました。

s-677-4白雪姫

この白は、シベまで白い。

つる性にもかかわらず、ラティスに絡まずに、こんもりとした形になります。

上って欲しいのですが、花の個性なのでしょうね。

上りません。

クレマチスの姿は、こちらの思いと一致することはまれです。

花の個性に合わせて、どこに、どう植栽するかが問われるのでしょうが、

苗のうちは、大きくなった時の姿が分かりません。

どこに、植えたらいいのか、素人ガーデナーには難題です。



豆福が寄せ植えの大鉢をつくりました。

寄せ植え教室では、植えてすぐ、見栄えするように

ポット苗をびっしり入れるのですが、

自宅のは、根張や花期を考慮して苗の間に余裕をもたせます。

s-677-5大鉢4

見頃になるまでには少し時間がかかりますが、水やりの都度、成長を見る楽しみがあります。

奥のミルク缶は、今年のチャームポイント。

s-677-6大鉢2



寄せ植えまでの園路には、チャイブが可愛い花をつけました。

s-677-7チャイブ

バラの共生植物として植えていたのですが、増えすぎ。

今年、少し間引きしました。

それでも、花が咲くと存在感があります。  ハーブは強い!







PageTop